【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
職種別退職体験談

退職代行はバイトやパートでも利用できる?料金相場や利用方法を解説

最近話題の退職代行ですが、イメージとしては一般企業に勤める正社員が利用するものだと考えてる人が多いのではないでしょうか?

ですが、近年では「ブラックバイト」という名前ができるほどバイトの労働環境も悪化しており、辞めるのにすら苦労する人が増えているのです。

そのため、正社員だけでなくバイトやパートの退職代行利用者も増えて来ています。

バイトやパートの場合であれば、正社員と比べ退職代行費用が安く設定されている業者もあるので、有休消化をすれば自己負担を抑えながら利用できるのです。

この記事では、バイトやパートの方が退職代行を利用する場合の流れや料金相場について消化します。

退職代行とは

退職代行は、「辞めたいのに引き止められていて辞められない」「辞めたいって言いづらい」というような方に代わって、辞める意思を伝えてくれるサービスのことを言います。

退職代行とは?

パートやバイトでも退職代行で今すぐ辞められる


結論から言うと、パートタイムやアルバイトであっても退職代行を利用できます。

パートやバイトは、社内でも立場が弱いことが多く、なかなか自分から辞めると言いづらいのではないでしょうか?

さらに、辞めると伝えてもその場しのぎの良い条件を提示され強く引き留めて仕方なく続けたけど労働環境が全く変わらないと言うケースも良くあります。

そういった場合に退職代行を利用すれば、勤め先の人と顔を合わせる必要もなく、即日退職できるのです。

実は正社員だけでなくバイトの利用者も急増!


パートやバイトは正社員と違って有期雇用契約になるため、辞める際には正社員よりも苦労する場合があり、退職代行の需要が高まっていて利用者が急増しています。

近年では、不景気の影響で正社員が雇えずに人件費の安いバイトやパートで賄っているせいで労働環境が悪化しているケースも多く見られ、「今すぐ辞めたい」とバックレを考える人も多いです。

あなたも辞めようにも辞められずバックれてしまおうかな?と考えたことありませんか?

  • 要望を無視したシフトを組まれる
  • 休みなのに急に呼び出しされる
  • 正社員と同じ労働をさせられる
  • ミスをすると罰金を求められる
  • 所定の時間を過ぎても働かされる

あなたのバイト先(パート先)がこのような状況に当てはまる場合、ブラックバイトである可能性が高いので早めに辞めることをお勧めします。

しかし、そういったブラックな会社ほど辞めるときに揉める傾向にあり簡単に辞めさせてくれないのも事実です。

バイトやパートのような立場の弱い人ほど辞めづらい


とくに、大学生などの生活費のためにバイトをしている人に対しては、やめようにも辞められない事情を利用して正社員並みにこき使われてしまいます。

そのため、学業に支障が出るケースも多く、しまいには精神的にも追い詰められて病んでしまうことも…

しかし、体調に支障が出てから辞めると伝えても、繁忙期であれば強い引き留めにあい、簡単には辞めさせてくれません。

というのも、会社側は正社員よりもバイトやパートの方が人件費も安く都合よく扱いやすいので、業績がよければ正社員並みにシフトを増やし、必要がなくなれば簡単に解雇することだってできるんです。

正社員よりも安い?パートやバイトの退職代行の相場は2〜4万円


バイトやパートで退職代行を利用する場合は、正社員よりも安く依頼できる業者もあり、通常の相場より1~2万円安くなっています。

とは言え、あまりに安すぎる業者は実績が少なく安心して利用できるとは断言できないので、実績が豊富で一律料金で受け付けている業者に依頼するのがおすすめです。

当サイトがおすすめしている業者は、実際の利用者や企業へのインタビューにより厳選して選んでいるので安心して利用できます。

有給休暇を消化すれば実質無料で退職代行を利用できる

正社員であれば有給休暇が利用できることは知ってるはずですが、パートやバイトでも有給が利用できることを知らない人も多いのではないでしょうか。

知っていたとしても利用したことはない人がほとんどでしょう。

ですが、退職代行が依頼を受けると、退職の連絡だけでなく有給を取得したいという意思も同時に伝えて貰えるので、バイトやパートでも有給休暇を活用して即日辞められます。

そのため、有給を消化出来ずにそのまま消滅してしまう予定だったものが貰えるので、有給で得た給与を退職代行に利用すれば実質無料で依頼できるのです。

パートやバイトでも無断欠勤でそのままバックレるはNG!


パートやバイトの場合、正社員に比べて退職の際の事務手続きが少ないため、バックレてしまう人が非常に多いです。

ですが、パートやバイトであってもバックレるのは以下のような大きなリスクが伴います。

  • 損害賠償を請求されるリスク
  • 給料が貰えないリスク
  • 人間関係や信頼を失うリスク

バックレてしまうくらいなら退職代行に依頼して、有給消化しつつトラブルなく退職しましょう。

電話やメールだけでなく、LINEからも相談を受け付けていますので、気軽に問い合わせてみてください。

辞めるんですで今すぐ退職

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。