【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
職種別退職体験談

事務を辞めたいあなたへ退職経験者の私が解決策をまとめてみた

押し付けられる電話対応、事務職にも課される謎の営業ノルマ、電話対応に問い合わせ、調べ物などのマルチタスクを強制される環境。

事務職の業務は一見デスクワークで、楽なように思われがちですが、心身ともに負担の多い職種ですよね。

この記事にたどり着いたと言うことは、少なくとも1度は退職について考えたことのある方だと思います。

この記事では実際に退職を経験し、事務職経験者の声を徹底調査した私から、退職は手遅れになる前に決断したほうがいいと言うことをお伝えしたく、

  • つらいと感じる事務職を辞めたほうが良い理由
  • 実際に事務職を行なっている人たちの声
  • 負担の少ない退職方法

を解説させていただきました。
事務職を苦痛に感じ、退職を考えている方はご参考にしていただければと思います。

辞めたいと思いながらも事務を続けるのは一つも良いことがない

辛い環境で働き続ける女性

辞めたい、つらいと言う気持ちを抱えたまま事務職を続けてもいいことは一つもありません。

会社にも、そして何よりあなた自身にメリットがないと言うことを解説したいと思います。

辞めること・転職することは決して珍しいことではない

転職した男性

仕事を辞めることに抵抗がある、という人も多いのではないでしょうか?

「今、この仕事を投げ出すのは自分の忍耐不足ではないか…」
「同僚のみんなは頑張っているし…」
「辛いときにお世話になった上司を裏切れない…」

さまざまな想いがあると思います。

しかし、世間一般的に転職は珍しいものではなくなってきており、ある転職エージェントの調べによると20代の35%、全体で見ると実に52%もの人が転職を経験していることが判明しています。

つまり、2人に1人は転職がある計算になります。

また、以下のグラフは2004年〜2016年までの有効求人倍率を示したもので、求職者よりも求人数の方が多いことが分かります。


(引用:厚生労働省

転職は決して珍しいことではありません。すでに多くの方が転職を経験しています。

転職に対してマイナスイメージを持っている方は、「転職は誰にでもあることなんだ」と理解し、これまでに植えつけられたイメージや悪い思い込みは捨てましょう。

失業保険を申請すればお金の問題で悩むこともない

仕事をバックレてしまった男性

退職をためらう原因のひとつに「お金」の問題もあると思います。

ですが、安心してください。国の補償により一定の収入は確保できます。

あなたが正規に雇用されている立場であれば、雇用保険に加入しており、失業保険の申請によって、会社を辞めても毎月一定額の収入を確保することが可能です。

◾️保証金額と保証日数

年齢基本手当日額上限額
~29歳¥6,395
30~44歳¥7,100
45~59歳¥7,810
60~64歳¥6,808

1日あたりの支給金額=離職前の6ヶ月間の給料額の合計÷180

 

◾️自己都合で退職の場合

 雇用保険への加入年数
全年齢1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
90日120日150日

上記のように支給額や金額は年齢・勤務日数・報酬額によって変わりますが、失業保険のおかげで生活をしていくことはできるので、収入面ですぐに困ることはありません。

心身の健康を損なってからでは手遅れ。早めの行動を

過労で寝込む女性

近年メディアで過労死を伝える報道も増えています。

国を挙げて働き方に関する見直しが検討されていますが、その効果を感じている方は少ないのではないでしょうか。

引用:厚生労働省『平成30年版過労死等防止対策白書』第2章より

現在日本では身体的な問題だけでなく、精神疾患に伴う労災支給決定件数も上昇しています。どれだけ懸命に働いても、心身ともに崩壊してしまっては元も子もありません。

どちらか一方でも壊れてしまうと、転職活動にも時間がかかり、難易度は上がります。
さらに働くことへの恐怖、不安を断ち切るのにお金も時間も必要になります。

そうなる前に、早めの退職をする方が賢明と言えるでしょう。

離職率はおよそ15%。事務が退職を考える理由

退職を考える事務職女性

事務職の離職率は15%、約6〜7人にひとりが退職している計算です。

  • マルチタスク(電話対応・問い合わせ・書類整理)をこなせない
  • 人間関係や常態化したハラスメント
  • 明らかに暇なのに誰も電話に出ようとしない
  • 長時間のデスクワークによる腰痛など身体の不調

実にさまざまな理由から多くの人が事務職を辞めたいと考えています。

多くの人が事務職に対して不満を持っています。
あなたにも分かる分かると頷けることがあったのではないでしょうか。

辛いと思っているのはあなただけではないので、「自分は忍耐力がないのか」「自分は実力のないダメ人間なんだ…」など自分を責めることは辞めましょう。

実際に事務を辞めて、転職した人の声

転職に成功した女性

そんな辛い事務職から解放されて、無事に転職した人が多くいるのも事実です。

こちらは事務職の退職を見送った方のつぶやきです。

退職が遅れると、ただでさえ嫌な業務に辞めた人の分まで追加で仕事を負うことになります。

退職の話に「石の上にも三年」を持ち出す上司はよくいます

もちろん辛いことに耐えることで得られるものもあるでしょう。しかし、3年というあなたの2度と戻ってこない時間に見合うものなのでしょうか?

20代だけでなく、あなたがたとえ幾つでも時間を巻き戻すことはできません。本当に辛いことには早めに見切りをつけたほうがいいことを象徴するつぶやきです。

事務をスムーズに辞めるための3つの方法

穏便に退職できた人

ここから実際に事務職を辞めるにはどうしたらいいのか、現実的な方法を解説していきます。

方法1. 辞める権利は法律で約束されているので毅然とした態度を貫く

毅然とした態度で退職を申し出る人

退職はすべての労働者に認められた権利です。

「当事者が雇用期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れから2週間を経過することによって終了する。」
引用:民法627条より

「当事者が雇用の期間を定めた場合にあっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失において生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償を負う。」
引用:民法628条より

雇用期間の指定がない場合(一般的な正社員)は民法627条、雇用期間の指定がある場合(契約社員や期間工)にも民法628条により、退職の権利は保証されています。

まるで悪いことをしたかように萎縮する必要はありません。毅然とした態度で退職を申し出ることが出来るのです。

そうは言っても上司は引き止めや威圧をしてくるでしょう。
勇気が必要ですし、一度では解決せず、ずるずると長期化する可能性も大いに考えられます。

臆することなく、たとえ争いが長期化しても自分で退職を申し出ることができる方に関してはこの方法が良いでしょう。

法律上は2週間で退職できるって本当?意外と知らない真の退職ルール

方法2.力をつけ別のポジションを確保する

勤勉仕事をする人の道具

実力で勝負する方法です。

事務が嫌なのであれば、会社に認められる実績を証明して、「自分は事務に置いておくには勿体無い人材である」と言うことを証明すれば、別の部署ややりたいポジションを任せてもらえるかもしれません。

しかし、明確に「いつ」昇進できるのか分からない、指標が分かりづらいといった問題が隠れています。

さらに、ポジションが変わったところで

  • 事務の人たちから印象
  • 社内の人間関係
  • ポジション(出世)争い

など別の問題が生じてきます。

「今の会社がいやなのではない、営業の仕事が嫌なんだ!」という場合にはこの方法が良いでしょう。

方法3. 辞めづらいのであれば「退職代行サービス」を利用する

退職代行サービスについてしらべる人

「自分ではとても退職を言い出せない」

「ポジションが欲しい訳でもない、この会社をやめたい」

そういった場合には退職代行サービスを利用するのも手段のひとつです。

  • 依頼はLINE、メール、電話から
  • 上司や先輩とは一切顔を合わす必要なし
  • 依頼してから即日退職が可能

退職代行サービスは、3〜5万円ほどの料金で、依頼者に代わり退職に関わるすべての手続きを行なってくれるサービスです。

依頼者は申し込みをしてから退職が完了するまで、一切会社と連絡を取る必要がありません。

これまで挙げてきた上司との対立や、嫌な仕事を無理やり続けることなく辞められる退職代行サービスは効率的に退職できるの手段のひとつと言えるでしょう。

有給休暇を消化すれば実質無料で転職代行を利用できる

引き止められて退職を見送ったけどつまらない男性
ブラック君
ブラック君
3万〜5万円…そんな余裕はないし、そもそも費用が掛かるのはちょっと…

退職の神様
退職の神様
退職代行サービスは有給申請の依頼も可能なので、実質無料で利用できるんですよ

退職代行サービスはあなたの退職の旨を代行するだけでなく、有給申請の依頼を伝えてもらうことも可能です。

うまく利用すれば、実質無料で退職代行サービスの利用も可能なので、以下の事務職の平均年収から算出した有給の目安を参考にしてみてください。

勤続年数付与される有給もらえる金額(目安)
6ヶ月10日¥94,000
1年6ヶ月11日¥103,400
2年6ヶ月12日¥112,800
3年6ヶ月14日¥131,600
4年6ヶ月16日¥150,400
5年6ヶ月18日¥169,200
6年6ヶ月〜20日¥188,000

経済的な負担を抑える方法の有給の利用はおすすめです。

トラブルなく事務を辞めるためにもバックレはNG!

バックレで被害を被る人
ブラック君
ブラック君
わざわざお金をかけなくても、最悪バックレすればいいんじゃないかな…

退職の神様
退職の神様
バックレは人的・経済的被害を会社に与える可能性が高く、損害賠償請求に繋がるかもしれません!絶対やめましょう!

「お金を払わなくても最悪バックレすれば…」と考えている人がいれば危険です。

想像してみてください、あなたがバックレすることでどれだけの人と時間を奪ってしまうかを。

あなたがすべきだった業務とそれを補う人の仕事量の増加、もちろんその人の中で優先度の高い仕事が後回しになるかもしれません。

https://twitter.com/mobitan4851/status/1089688374019993600

典型的なバックレ行為ですね。
この方も仰る通り、「何かあったらまずい」のでバックレは危険です。

https://twitter.com/sa_nm/status/332673588417134592

同僚の方へ金銭的と会社の業務、両方に迷惑をかけた状態でバックレした方もいるようです。個人で建て替えられる金額なので、裁判沙汰は考えづらいですが、人からの信頼は確実に失ってしまいます。

こちらは事務職の方ではありませんが、実際に裁判沙汰になってしまった方の事例です。

バックレは金額の大小に関わらず、「会社とそこで働く人の時間とお金」「自分の時間とお金」の双方メリットなしなので、絶対にやめましょう。

転職代行を使って事務を辞めるまでの基本的な流れ

退職代行サービスに申し込む人

最後に、実際に退職代行サービスを利用する際の流れについて解説します。

メール・LINE・電話で無料相談

多くの退職代行サービスはメール・LINE・電話で無料相談が可能です。

自分が退職に関して不安なことや、疑問でも専門スタッフに気軽に相談が可能です。基本的にはどこも相談無料も可能ですが、中には回数制限のある業者もあります。

どこにしようか悩む場合は、全35社を比較したこちらの記事を参考にしてみてください。

見積もり後、料金の支払い

無料相談から、内容や必要な対応を総合的に考慮して見積もりが出されるので納得したら指定の方法で入金します。

退職代行の実施

入金を確認すると即座に対応が始まる業者がほとんどです。
その際あなたは特に何かをする必要はありません。完了の報告を待ちましょう

退職完了

退職が完了するとスタッフから完了報告があります。
無事に退職完了です。

「退職代行サービス」でストレスなく退職しよう

退職代行サービスで退職に成功した男性

もし、あなたが少しでも退職を考えているのであれば、退職代行サービスの無料相談をおすすめします。

当サイトは正しい退職の知識をお届けするサイトとして、全35社の退職代行サービスから厳選した業者を選出しました。

おすすめする業者はどこも実績の数だけ「退職したい」「退職したいけど、できない環境に困っている」生の声に耳を傾けてきた専門家です。

あなたの悩みが退職するに値するのかどうか、不安なら自分で判断せずにまずは客観的な立場からアドバイスをもらうことから始めてみてはいかがでしょうか。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。