【実質無料アリ】退職代行サービス全30社を比較した結果...
退職の失敗談やトラブル

【テンプレあり】退職の「本当」の理由ベスト15!円満退職に必要不可欠な2つのポイントとは?

退職を決意したら、会社の上司に退職する旨を話すことになりますが、その時に一番聞かれるのが「退職する理由」

  • 上司がうざい
  • 残業が多すぎる
  • もっと自分の時間が欲しい

などなど、たくさんの理由があると思いますが、ほとんどネガティブな理由じゃないでしょうか。

実は、本当の理由をそのまま直接伝えると、余計なトラブルを生んでしまう原因になるんです。
いくら退職するからといっても、余計なトラブルに巻き込まれたくないですよね。

というわけで、この記事では退職した人に聞いた「本当の退職理由」をランキング形式で発表し、円満退職するためにはどんな理由が適切なのかを紹介していきます。

誰でも使える退職理由のテンプレートも用意しているので「どうせなら、円満退職したい」と考えている方は是非最後まで読んでください。

退職の理由ランキングベスト15!みんなが会社を辞めた本音とは

実際に退職した方に「あなたが退職した’本当’の理由はなんですか」というテーマでインタビューを行い、数が多かった順にランキングを作成しました。

みんなはどのような理由で退職したのか気になりますよね。

是非、自分の状況と重ねながら見ていってください。

第1位 上司や経営者の仕事のやり方がムカつく

  • 部下の成果を自分のものにして、自分のミスを部下に押し付ける
  • ミーティング中に関係のない話を延々と繰り返し、残業が増える
  • 俺がルールだ!と自分のやりたいことを押し通す

上司や経営者といえば、自分より立場が上なので何かと厄介。

こんな上司だったら、辞めたくなるのもわかりますよね。

第2位 労働時間や休日など職場環境が不満

  • 月200時間を超える残業で、体を壊し入院した
  • 残業ほとんどなしと聞いていたのに、蓋を開けたら毎日のように終電帰り
  • 電話やFAXがメインで、業務中に電話がなりやまず仕事に集中できない
  • 休日でも関係なく上司からの電話が鳴り、出ないとネチネチ言われる

昨今、色んな所で話題になっていますが、多すぎる残業や休日出勤など、職場環境への不満を退職理由にしている方も非常に多いようです。

こんな会社だったら、すぐにでも退職したいですよね。

第3位 同僚や先輩後輩など、人間関係の問題

  • 女性社員が多い職場で、毎日おしゃべり三昧。仕事に全く集中できない
  • 先輩は仕事ができてとても尊敬していたのだが、毎晩のように終電ギリギリまで飲まされて全然休めなかった
  • 休日に何をしていたかを発表するという謎のグループに入れられてしまい、話さないと無視される、仕事を増やされるなどの嫌がらせを受けた

人間関係に関しては、運の要素が強く、ハズレを引いてしまったらなかなか関係を構築するのは難しいですよね。
自分と合わない人ばかりの環境で仕事するのはとても辛いことだったでしょう。

最近はパワハラやセクハラ問題も多く、人間関係を理由に退職する方もかなり多いですね。

第4位 給料が低すぎる

  • 手取り20万のうち、残業代が9万円と残業ありきの給与形態になっていた
  • 昇給して喜んでいたが、よくみたら1,000円も増えていなかった
  • 同じ仕事をしているのに、男女の差が激しく5〜10万円も差が開いていた

給料が低いのは死活問題ですから、退職理由にする方も多いですよね。

それにしても、手取りの5割近くが残業代というのはかなりヤバイ会社だと想像できます…..

第5位 仕事がつまらない

  • 単純作業ばかりで、張り合いがない
  • 自分の知識を活かせると思っていたのに実際はただの事務作業だった
  • 資料作りなど雑務ばかりやらされて、やりたいことができなかった

やりがいを求めて会社に入った人からすれば、仕事がつまらないというのは地獄のような日々だったことでしょう。

自分の成長をもとめて退職するのはとても素敵ですね。

第6位 ワンマン社長で社員を大切にしていなかった

  • 社員の意見がいくら良くても絶対に採用しない
  • 家族経営の会社で、身内だけで全てが完結してしていた

自分の意見が全く通らないのは楽しくありません。

いくら社長が有能だったとしても、自分で仕事をしている実感がないと「いる意味ないな」と思ってしまいますよね。

第7位 社風に馴染めなかった

  • サービス残業が当たり前、定時で帰ろうものなら目の敵にされた
  • 有給休暇をとろうとすると1から10まで何をするために有給休暇を使うのか説明させられた

昔からの慣習や、暗黙の了解などを押し付けられるのは苦痛ですよね。

社風などは、実際に入社してからじゃないとわからないのが辛いところ。

第8位 会社の方針や経営状況が変わった

  • 入社当時は勢いに乗っていて会社の雰囲気も良かったが、業績が悪化した途端ギスギスした空気になり、耐えられなかった
  • 経営が傾いて、ボーナスカット、将来に不安を感じた

どんなに業績の良い会社に入っても、その後はどうなるか分かりませんからね。

今までを下回る条件になってしまったら、退職の大きな理由になるでしょう。

第9位 キャリアアップしたい

  • 仕事をしていくうちに自分の能力をさらに高める仕事をしたいと思った。
  • 他のジャンルに挑戦して、自分がどこまで通じるか試したくなった。

自分の能力を高めるために退職するというのは、とても素敵な理由ですね。

会社としては惜しい人材だったでしょうが、きっと応援してくれているでしょう。

第10位 昇進や評価への不満

  • 昇進の基準が勤続年数のみで、いくら成果を出しても昇進できないことがとても不満だった
  • 上司が部下の仕事を把握しておらず、結果をだしても正当な評価を受けることができなかった

自分の成果が認められないことほど辛いことはありません。
正しく評価され、それに見合った昇進をしたいと思うのは当然のことでしょう。

第11位 能力や資格を活かせなかった

  • やりたい仕事があって資格をとったのに、その仕事は一切させてもらえなかった
  • 帰国子女で英語を活かせる職場に就職したが、実際はほとんど英語を必要としない仕事ばかりだった

一生懸命勉強したり、身につけたスキルを仕事に活かしたいと多くの人が考えるでしょう。
ここで働けば自分の得意なことを仕事にできると思っていたのに、現実は全く違ったという悲しい話です。

第12位 体を壊して仕事どころではなかった

  • とにかく気合!体調不良なんて気のせい!働けば治る!という会社で、無理やり頑張っていたら遂に体を壊してしまった
  • 休むのは仕事ができないやつだけ!と言われ、多少の体調不良なら出勤していたが、突然倒れ、入院することになり、自分が無理をしていたんだと気づいた。

体調を壊してしまったら元も子もないですよね。
このままその会社で働き続けたら、命の保証がないので退職して正解。

第13位 結婚や家庭の事情

  • 遠くに住んでいる彼と結婚することになり、やむを得ず仕事を辞めることにした
  • 自営業をしている父親が倒れ、家業を継ぐことを決心した

自分だけの理由ではなく、やむを得ない理由があっての退職理由ですね。

第14位 自分の成長を感じられない

  • いつまでたっても雑務ばかりで前に進んでいる気がしない
  • 昨日よりも今日、今日よりも明日!という会社を想像していたが、実際は現状維持の仕事ばかりだった。

自らの成長を感じられる仕事がしたい!という強い理由からの退職。
きっと、次の職場では大いに活躍することでしょう。

第15位 やりたい仕事じゃなかった

  • 説明会で聞いていた内容と全く違う業務で、やりたくないことばかりやらされていたので退職した。
  • 営業をしたくて入社したのに、事務作業ばかりで現場に出せてくれない

自分がやりたい仕事をできないと仕事が楽しくないですよね。
楽しめる仕事でないと、やりがいを感じるのは難しいでしょう。

円満退職したい!上司や会社ともめずに退職するために必要不可欠な2つのポイント

「退職した本当の理由ランキング」を見ると、上司や会社への不満や人間関係などネガティブな理由が多いですよね。

実際、退職したいと思うのは、嫌なことがあったり、不満があることがほとんどなので、仕方のないことですが「円満退職」したいなら、不満を直接伝えるのは絶対にNG!

「待遇を改善するから、辞めないでくれ!」と引き止められてしまう可能性もありますし、いらぬトラブルの原因になってしまうこともあります。

では、円満退職するためにはどのような理由がいいのでしょうか。
大切な2つのポイントを見ていきましょう。

ポイント①「ポジティブな退職理由にする」

ネガティブな理由を直接ぶつけるのは、トラブルの原因。

仮にあなたが上司だとして、退職したい理由が「あなたがうざいから退職したいです!」と言われたら、嫌な気分になりますよね。
たとえ上司が本当にうざくて、使えなかったとしてもそこはグッと抑えましょう。

実際に退職の理由を聞かれたときには、ポジティブな理由を答えるようにしてください。

例えば、「○○をしたいので退職します」「もっと上を目指したいので退職します」のように、自分のレベルを高めるために退職するという理由であれば、誰も嫌な気分になりませんし、それどころか、応援してくれることもあるでしょう。

「嫌いなやつに応援されたくもない!」という気持ちもわかりますが、何かの縁で現職の会社とつながった時に有利に話を進められたら美味しいので、そこはご愛嬌といきましょう!

「ポジティブな理由じゃないと駄目ってことは嘘をつけってこと?」

と、思われる方もいるかもしれませんが、これは嘘ではありません。

建前です!

ポイント②「やむを得ない退職理由にする」

やむを得ない退職理由であれば、無理に引き止められることもありませんし、特に揉めることもなく退職することができるでしょう。

例えば

  • 両親が高齢になったので家業を継ぐことにした
  • 母親の介護に専念することにした
  • 配偶者の転勤に同行することになった
  • 結婚をすることになった

などが、やむを得ない退職理由に当てはまります。
上記のような例であれば「そうなんだ、それは仕方ないね」となる可能性が非常に高く、トラブルが起きることはないでしょう。

ただし、先に紹介したポジティブな理由と違い、無理に話を作ることが難しいので、使い方には注意が必要です。

なんて伝えれば良い?円満退職するためのつ2つのテンプレート!

円満退職するためには、ポジティブな理由や、やむを得ない理由が必須。
とはいえ、そんな退職理由思いつかない!と思っている方も多いでしょう。

というわけで、2つのテンプレートを作成しました。

このテンプレートを使えば、どんなにネガティブな退職理由でも必ずポジティブな退職理由に変えることができます!

余計な揉め事を避けたい、波風立てず退職したい方は是非テンプレートを使ってみてください。

退職理由のテンプレート①「やりたい仕事がある!」

とてもシンプルで、無難な理由ですが、自分が今後どんなキャリアプランを思い描いているかや、新しい環境でチャレンジしたい、という熱意を伝えることができるので、使いやすいテンプレートです。

「やりたい仕事があるので退職する」というのは裏を返せば「この会社にはやりたいことがない」ということになるので、以下のような理由で会社を退職したい方は是非使ってみてください。

  • 現在の仕事がつまらない
  • ワンマン社長で自分の意見が一切無視される
  • 給料が低い
  • 自分の能力やスキルを活かせていない
  • 自分の成長を感じられない
  • 入社してみたら自分がやりたい仕事ではなかったetc

やりたい仕事があるので退職するというのは、ある意味なんにでも応用が効くので、本当の退職理由がなんであろうと、万遍なく使えるのがポイント。

それではテンプレートをどうぞ。

お忙しいところお時間を割いていただきありがとうございます。

突然ではありますが、○月末で退職させていただきたいと考えております。

至らない点も多く、数々の指導をしていただき、大変感謝しております。

ですが、私自身、○○業界に非常に興味があり、以前から挑戦したいと考えておりました。
今日まで、非常に悩んでおりましたが、是非挑戦したい!という思いを捨てきれず、この度退職を決断いたしました。

誠に身勝手ではございますが、ご了承いただけますよう、よろしくおねがいいたします。

退職の理由テンプレートを使う際の注意点

退職の時期を明確にしておくことがポイント。
それだけ本気が伝わりますし「ああ、こいつは引き止められない」なと思わせることができるでしょう。

当然のことながら、転職を考えている業界についての知識や、特にどんなことがやりたいのかについては頭に描いておいてください。
相手によっては、いろいろと聞いてくることもあるので、受け答えが出来るようにしておきましょう。

退職理由のテンプレート②「キャリアアップしたい!」

色々な意味を持たせて、それを総称してキャリアアップという言葉で一括りにできるので、とても便利な言葉なんです。
テンプレート化するにはもってこいのキーワード笑

自分の能力を高めるために退職したいという理由を上手く伝えることができれば、ポジティブな退職理由になるので上手に活用しましょう。

以下のような理由で退職したいと思っている方は是非活用してください。

  • 上司や経営者の仕事のやり方に不満がある
  • 労働時間や休日などの職場環境が悪い
  • 人間関係が上手くいっていない
  • 給料が低い
  • 昇進や評価に不満がある
  • 社風に馴染めない
  • 会社の方針や経営状況が変わり待遇が悪くなった
  • 自分の成長が感じられない

言い方次第で、どうにでもなるので、キャリアアップのために退職したいという理由は、とても汎用性が高いです。

それではテンプレートをどうぞ。

お忙しい中お呼び立てして、申し訳ございません。

お時間を割いていただきありがとうございます。

突然ですが、○月末で退職させていただきたいと考えております。

これまでのご指導含め、大変お世話になりました。

ですが、将来について改めて考えたところ、さらに業務の幅を広げ、新たな環境で自分の能力を高めたいと思うようになりました。

誠に身勝手ではございますすが、ご了承いただけますようよろしくおねがいいたします。

退職の理由テンプレートを使う際の注意点

キャリアアップしたいという退職理由を使う際に注意する点は、現職では駄目な明確な理由を明確にしておくこと。

これをやらないと「他部署への異動」や「昇給」などを餌に、引き止められてしまう可能性があるんですね。

理由を明確にしておけば、仮に引き止められても説明すればいいですし、冷静に「それでも退職の意思は変わりません」と一言伝えればOK。

退職を告げるタイミングは重要!余計な揉め事を避ける3つの注意点

上記のようなテンプレートを使い、当たり障りない退職理由だったとしても、退職を伝えるタイミングを間違えてしまうと円満退職とは程遠い形になることもあるので要注意!

最悪の場合、退職させない!なんてことになる可能性もあるので、退職を伝えるタイミングには十分を気をつけましょう。

ということで、余計な揉め事を避けるために注意する3つのポイントについて紹介していきます。
これさえ守れば、きっとあなたも円満退職できるでしょう。

①退職の旨を伝える時は退職時期の1〜3ヶ月前に「直属の上司」に話をする

退職の意思表示のタイミングは、会社によってことなるので就業規則で確認する必要がありますが、一般的に1〜3ヶ月前とされています。

まずは、口頭で直属の上司にアポを取り、話す時間をとってもらいましょう。

この時気をつけなければいけないのが、必ず「直属の上司」にアポをとること。
とてもめんどくさいかもしれませんが、直属の上司以外に話をしてしまうと「私を飛び越えて大事な話をしていた」と、直属の上司の気分を損なう可能性があります。

そうなると、残りの期間険悪なムードになってしまう可能性もありますし、余計なトラブルを招く原因になるので、まずは必ず直属の上司に話をするようにしてください。

②繁忙期を避けて退職を告げる

繁忙期は忙しくて、カリカリしている時期です。
こんなタイミングで「退職させていただきます」と言われたら、どんなに優しい上司でも不機嫌になってしまうことは容易に想像がつきます。

また、忙しすぎてそもそも取り合ってもらえないこともあるので気をつけましょう。
円満退職を目指すなら、閑散期を狙うのが賢いやり方。

余計なトラブルを避けるためにも、繁忙期は絶対に避けてください。

③進行中のプロジェクトがある時を避けて退職を告げる

あなたを含めたプロジェクトが進行している時に退職の話をするのは避けましょう。

プロジェクトが進行しているということは、あなたがいる前提で仕事が進んでいます、もし急に退職ということになれば、引き継ぎなどでパニックになることが予想されます。

上司だけでなく、同僚からも白い目で見られてしまう可能性がありますよ。
円満退職したいなら、少し時期をずらすのが得策!

「退職理由を伝えるのが嫌だ」「上司と話したくない」そんな方にピッタリな退職代行サービス!

ここまで退職理由を上手に話して、円満退職をするための方法をお伝えしてきましたが、

  • わざわざ退職理由を考えるのが面倒、嫌だ
  • 上司と話したくない
  • いざ辞めると思うと、自分で言い出しづらい

なんてことありませんか?

ブラック君
ブラック君
退職理由をいちいち伝えないといけないのは面倒だし、何より上司と話したくないんだよな……

退職の神様
退職の神様
退職代行サービスがありますよ。

ブラック君
ブラック君
退職代行サービス?

退職の神様
退職の神様
退職代行サービスとは、名前の通り「退職」を「代行(連絡)」してくれる業者のこと。

ブラック君
ブラック君
そんなサービスがあるんだ!

退職の神様
退職の神様
あくまでも退職の意思を会社に伝えてくれるだけで、手続き関係や交渉をしてくれるわけではありません。
しかし退職を代わりに伝えてくれて、手続き関係も教えてもらえる便利なサービスです。
即日対応の業者であれば、その日から会社に行かなくて大丈夫ですよ。

ブラック君
ブラック君
使ってみたいけど、料金が高そう…。

退職の神様
退職の神様
平均3~5万ですが、お金がなくても退職代行を利用する方法もありますよ。

退職代行を利用した場合の手順4つ

退職代行の手順退職代行を利用した場合の手順をサクッと説明すると

  1. 退職代行サービスに相談(無料が多い)
  2. 申し込み・料金の支払い
  3. 打ち合わせし、退職の意思を退職代行サービスから会社に連絡
  4. 退職完了!

退職代行サービスによって手順は多少違いますが、だいたいは上記の手順で進めます。

退職代行サービスに申し込みさえすれば、あとは指示に従って手続き関係を済ませるだけ!

会社へ退職の意思も伝えてもらえるので、自分で退職する時よりラクですよね。

では、詳しい内容を順番に見ていきましょう。

おすすめの退職代行3選を見る

1.退職代行サービスにLINE、電話、メールで相談

依頼したい退職代行サービスに相談を申し込みます。

ほとんどの業者が無料で相談を受け付けていますが、有料だったり時間や回数制限を設けている業者もあるので申し込み前に確認しましょう。

申し込み方法はLINE、電話、メールで受け付けている業者が多いです。

LINEやメールの方が文字としての履歴が残るので、後で内容を見返したいときにもおすすめ。

この時点では申し込んだ業者に依頼すると決まっていなくても大丈夫です。

気になる点などを相談し、退職代行サービスを依頼するか検討しましょう。

2.正式に申し込み、料金の支払い

退職代行サービスを申し込むと決めたら、料金を支払います。

支払方法は銀行振り込み・クレジットが多いですが、銀行振り込みにしか対応していない場合もあります。

銀行振り込みだと確認が遅れる場合があるので、すぐに退職したい場合は注意しましょう。

この時に退職代行業者から正式な申し込み方法の説明もあります。

3.退職の時期など打ち合わせし、退職代行サービスから会社へ連絡

退職の時期を決めます。

  • 有給を消化してから退職したい
  • 荷物は郵送でやり取りしたい
  • 退職したことを親に知られたくない

など、要望があれば伝えておきましょう。

必ず要望が通るとは限りませんが、出来る限りの対応はしてもらえます。

日付が決まったら、退職代行サービスから会社へ退職の意思を連絡してくれます。

自分で会社と連絡を取る必要はありません。

4.退職完了!

退職が承諾されたら、退職代行サービスから連絡があります。

その後、退職代行サービスの指示に従って手続き関係を済ませれば退職完了です。

自分で手続き関係をしなければいけませんが、指示してもらえるので自分で退職するより手順が少なくて簡単ですね。

おすすめの退職代行3選

1位 辞めるんです

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
辞めるんですの特徴

  • 3万円で顧問弁護士の指導を含めた退職代行の依頼が可能
  • 有給サポートが手厚い!
  • お客様満足度で1位を獲得してる安心感

辞めるんですには有給サポートが付いており、有給サポートを利用した有給取得率は97%と、非常に高い確率で有給を取得できる実績があります。有給を取得すれば、退職代行費用を実質無料で受けられるようなものなので、費用がネックで決断できない人にとっても嬉しいですね。

また、辞めるんですはリサーチ会社による調査で、顧客満足度1位を獲得しているのも魅力の1つ。みんなが満足して利用できているということは安心してお任せできる証拠でもあります。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

2位 EXIT

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
EXITの特徴

  • 顧問弁護士の指導のもと業務を行っているので安心
  • 知名度No.1の退職代行サービス
  • ワークポートと提携で代行費用全額キャッシュバック

当サイトでは退職代行選びに迷ったら、EXITをおすすめしています。
EXITは各種メディアに出演していて最も信頼性の高い退職代行サービスです。
知名度が高いため、会社の人事担当や上司もEXITを知っている方も多く、それだけで退職の話がスムーズに進みます。

料金は他の業者と比べると高めですが、月300件の依頼に対応している実績とノウハウがあるため、退職の失敗がなく「これで辞められるなら安い」という声が多くあります。

さらに、転職エージェントのワークポートと提携しており、ワークポートを通しての転職に成功した場合、条件を満たせば退職代行費用がキャッシュバックされる太っ腹さも魅力です。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

3位 SARABA

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
SARABAの特徴

  • 24時間対応で即日の退職にも対応!
  • 行政書士が担当してくれるので安心
  • いつでも業界最安値の一律29,800円

次の仕事もまだ見つかってないし、なるべく費用をかけずにお願いしたいという方にはSARABAがおすすめです!
他の業者はキャンペーン価格で3万円になる事はありますが、SARABAではいつでも一律3万円で受け付けており、その他一切オプション料金もかかりません。

ただ料金が安いからと言ってサービスの質が良くないわけではなく、行政書士が対応してくれるので安心してお任せできます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

退職代行サービスを使って、簡単に会社を辞めよう

退職できて開放感にあふれる男性正直退職って、どんな理由でも言い出しづらいですよね。

特に人手が足りないと引き留めにあう可能性も。

そんな時、退職代行サービスなら代わりに退職の意思を伝えてくれ、簡単に退職できます。

退職代行サービスを使って会社を辞めましょう!