【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職の失敗談やトラブル

退職代行サービスは非弁?退職代行の安全性や弁護士との違いを徹底解説

離職票をなくして悩む男性

「退職代行は怪しいサービスではないの?」

「退職代行が退職の手続きを代わりにやると非弁行為になるんじゃないの?」

「退職代行は無権代理になるのでは?」

このように、退職代行に対して良いイメージを持っていない人も多くいるはず。

ここ最近、退職代行がテレビやニュースで話題にあがることも多くなってきたため、退職代行というお仕事を初めて知った人も中にはいるでしょう。

今まででは考えられない珍しいサービスではあるので、「怪しい」と感じるのは当然のことです。

ですが、実際に退職代行を利用してお仕事を辞めた人は累計で1万人以上もおり、利用した人の多くが「お願いしてよかった」と満足しています。

とは言え、実際に会社側にどのように伝えてるかは明確にわからない部分もあるため、非弁行為では?と疑問に思う人がいるのも事実。

そこでこの記事では、

  • 退職代行は合法なの?非弁行為にあたらない?
  • 弁護士じゃないとダメなケースは?
  • 損害賠償請求されることはある?

といった、退職代行を利用するにあたって不安な疑問を解決します。

退職代行は合法!退職代行サービスはあなたと会社の意思伝達係です

退職代行の依頼者の話を聞く
退職”代行”という言葉自体が、自分の代わりに退職の手続きをすべてやってくれると勘違いしやすく、「非弁じゃないの?」とよく言われています。

ですが、実際の退職代行サービスのお仕事は、あなたの「会社を辞めたい」という意思を会社側に伝えるだけなので、非弁(弁護士法違反)にはあたりません。

そもそも非弁ってなに?

ブラック君
ブラック君
さっきから非弁、非弁…って言ってるけど非弁ってなに?

退職の神様
退職の神様
弁護士法72条に違反した行為のことを言うのですよ。正しくは非弁ではなく非弁行為と言われています。

弁護士法72条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:厚生労働省

つまり、弁護士資格を持っていない人はお金をいただいて交渉事をしてはいけないよということです。

退職代行サービスがあなたの代わりにできること

ブラック君
ブラック君
じゃあ退職代行サービスではなにができるの?

退職の神様
退職の神様
ブラック君が思ってることを代わりに会社に伝えることができますよ。

退職代行サービスがあなたの代わりにできることは、意思の伝達連絡の仲介をするだけです。

例えば、以下のような内容を会社側に伝えてくれます。

  • 〇〇さんは、退職をしたいと考えており、会社に出勤する意思がないという事です。
  • 〇〇さんは、4月1日〜4月14日まで有給休暇を取得することを希望しています。
  • 〇〇さんは、会社と連絡を取る意思はないとのことですので、連絡はしないようにお願いします。
  • 〇〇さんの退職で必要な書類があれば郵送をお願いします。

会社によっては、自分で退職を伝えると何度も引き止められて辞められないというケースが多く、第三者に代わりに伝えてもらうだけでスムーズに退職できるのです。

弁護士法違反になる?退職代行サービスに交渉事はできません


逆に以下のようなことは、交渉が必要になるので、退職代行サービスではできません。

退職代行業者ではできないこと

  • 会社から損害賠償請求されたときの交渉
  • パワハラの慰謝料請求
  • 未払い賃金の請求
  • 有給休暇取得の交渉
  • 退職金や最終月の給与の支払い請求

あくまでも退職代行サービスの業務は、依頼者の「退職」をお手伝いするだけなので、労働問題までは力になれないのです。

退職代行サービスのホームページにも、上記のような依頼は受けられないと書かれているケースもあるので、確認してみてください。

退職の神様
退職の神様
しっかりとお受け出来ない依頼を明記してある業者は非弁行為をしていないことが分かるので、信頼できる証でもありますね。

退職代行業者の仕事内容をしっかり確認もせず、「退職代行サービスは非弁行為だから安心してお任せはできない」と言われるケースもありますが、実際は正真正銘の合法サービスなので安心して利用してください。

本人に代わって伝えるのは無権代理にならないの?

退職代行をお願いする
非弁行為の中に代理も含まれているため、本人に代わって退職を伝えてるわけだから無権代理になるのでは?という疑問もありますよね。

ですが、現時点では伝言役に徹していれば問題ないとされています。

退職の神様
退職の神様
ただ、今後、退職代行がもっと話題になって問題が起きたときにはまた変わってくるかもしれませんね。

例えば、退職代行サービスの業務内容が以下のような流れであれば、伝言役に徹していると分かるので、無権代理にはなりません。

依頼者「会社を辞めたいです。会社に伝えてください」

退職代行サービス「××様から依頼を受けてお電話しました。××様は退職したいと言っています」

会社側「えっ?そうなんですか。わかりました」

依頼者「有給も使いたいと伝えてください」

退職代行サービス「××様は退職にあたり、残っている有給を取得することを希望しています」

会社側「わかりました。」

このようにスムーズに行けば問題ないですが、依頼者の希望を伝えても会社側が、「本人でないと認めません」と断じて応じてくれない場合は、交渉が必要になります。

となると、本人や代理権のある弁護士が対応しなければならないので、退職代行業者には任せられません。

交渉が必要になっても、退職代行業者が「私が××様の代理でお電話していますので」と言ってしまったら無権代理となり、弁護士法違反となります。

退職の神様
退職の神様
基本的に退職代行サービスは、会社側が認めてくれない場合でも法律に問題のない形で勧めているため、退職ができなかったと言うような事例はないので安心してくださいね。

退職するだけなら退職代行に任せた方が安心

  • 強い引き止めにあっていてなかなか辞められない
  • 早く辞めたいのに辞めるのは何ヶ月も先だと言われた
  • 人手不足で後任が決まるまで退職を認めてもらえない
  • 入社前と話が違う。でも入社すぐだから辞めるって言いづらい
  • 仕事が合わないから今すぐ辞めたいけど引き止められてる

こういった理由で、「退職だけを望んでる」なら弁護士よりも退職代行にお任せした方が良いでしょう。

退職だけならわざわざ費用の高い弁護士に依頼しなくても、退職代行サービスに依頼すれば100%確実に退職できるまでサポートしてくれるんです。

実際に退職代行を利用している人の多くは「会社と揉めること」を避けるために退職代行にお任せしている傾向にあります。

そのため、とにかく辞められたら満足という方が多く、弁護士資格がないとできないような交渉事までは望んでいないケースがほとんどです。

あなたも、
「給料もいらないからとにかく辞めさせてくれ」
「3ヶ月も待てない!今すぐ辞めたい!」
「転職先も決まってるから何としてでも辞めなきゃ」
と考えていませんか?

退職できないことに悩んでるなら、退職さえできれば大抵解決するので、わざわざ弁護士にまで依頼する必要はないのです。

弁護士に依頼する場合と比較した退職代行のメリット

  • 弁護士に依頼するよりも費用が抑えられる
  • 「退職」に特化してて退職成功の実績が豊富
  • LINEから気軽に相談できる

弁護士に依頼するよりも費用が抑えられる

退職代行サービスの相場は3〜5万円程度。

しかし、弁護士に依頼すると退職代行と同じ業務を行うだけで10万近くかかり、さらにその他の労働問題までお願いする場合には追加で料金がかかってきます。

退職代行サービスの中には数千円〜1万円と安い金額で受けてるところもありますが、あまりに安いところは違法営業の可能性が高いので注意してください。

そもそも退職代行は、辞めたくても辞められないブラック企業のような会社を相手にしているため、退職代行業者そのものが安い人件費でブラックな営業をしていては信頼できません。

「退職」に特化してて退職成功の実績が豊富

退職代行は「退職」に特化して依頼を受けているため、退職させることに関しては弁護士よりも数多くの実績があります。

沢山の会社を対応してきて培われたノウハウがあるので、どんだけ理不尽な会社が相手でも確実に退職できるまでサポートしてくれるのです。

もちろん、あなたは会社に出勤する必要もないし、電話をする必要もないし、ただ家で待ってるだけで構いません。

LINEから気軽に相談できる

弁護士に相談するとなると、必ず依頼しなきゃいけないかなとか、相談だけでも料金がかかるかなとか身構えてしまいますよね。

ですが、退職代行サービスならメールや電話だけでなくLINEからも相談を受け付けているので、実際に依頼をすると決まっていなくても気軽に相談できます。

退職代行サービスに相談したら、自分で辞めるって伝える決心がついたというパターンもあるので、まずは一度相談だけでもしてみてください。

弁護士に依頼する場合と比較した退職代行のデメリット

  • 労働関係のトラブルまでは解決できない
  • 認知度が低くいい印象を抱かれない

労働関係のトラブルまでは解決できない

何度も言いますが、退職代行サービスでは交渉まではできません。

しかし、退職代行サービスに興味を持っているあなたは、労働関係のトラブルまで解決するというよりも、とにかく今すぐ退職したいという気持ちの方が強いでしょう。

退職だけに関しては弁護士に依頼するよりも退職代行に依頼した方が確実に費用も安いので「退職は退職代行に」「労働関係のトラブルは弁護士に」と分けて依頼するのもいいですね。

認知度が低くいい印象を抱かれない

「退職代行を利用して辞めた」と聞くと、あまり聞き馴染みがないので、怪しいイメージや甘えのイメージを抱かれてしまうこともあります。

もちろん、退職代行を使うことは甘えではありませんし、使わざるを得ないような状況がある事も事実。

ですが、世間的にはまだ認知度が低いことから理解してくれない人も多くいます。
転職先が同業者の場合や狭い地域内で転職する場合は、人づてに話が行き渡り気まづくなってしまうことも。

とは言え、退職代行を使えば当事者のあなたは直接揉める事なく退職できるので、簡単には辞められなさそうな会社なら気にせず退職代行にお任せして良いでしょう。

逆に弁護士に依頼した方がいいケースは?

  • 上司や社長からのパワハラで精神的に辛い
  • 給料の未払いが続いてて生活が厳しい
  • 時間外労働させられてるのに残業代が出ない
  • 有給休暇を取得したいのに使わせてもらえない
  • 辞めるなら最終月の給与を支払わないと言われてる
  • 労働基準法に違反した働き方をさせられていた

こういった労働問題が原因で仕事を辞めたいと考えている場合は、弁護士に依頼した方が良いです。
退職代行はあくまでも退職がゴールなので、退職と同時に起きやすい労働問題まではサポートできません。

そのため、労働の問題を解決させつつ退職したいなら退職代行ではなく弁護士に依頼するべきです。

ただ、実際に上記のような問題があっても、解決はしなくてもいいからとにかく辞められればいいと考えているなら、退職代行でも問題ありません。

弁護士に退職代行を依頼するメリット

  • 退職だけでなく労働問題も同時に解決できる
  • 損害賠償請求をされる心配がない

退職だけでなく労働問題も同時に解決できる

退職以外の労働問題を同時に解決できるのは弁護士の大きな強みです。

  • どうせ辞めるなら今までの残業代すべて請求したい
  • 上司のパワハラが原因で精神的辛い。慰謝料を請求したい
  • 辞めると伝えたら最終月の給料をあげないと脅されてて辞められない

こういった問題がネックになってなかなか退職できない人にとっては、弁護士に依頼すると心強いでしょう。

損害賠償請求をされる心配がない

弁護士に依頼すれば、損害賠償を請求されても交渉して解決できるので、安心して即日退職できます。

もちろん、退職代行に依頼した場合でも損害賠償請求をされた事例はありませんが、絶対にされないとは断言できません。

というのも、損害賠償請求することを妨げるような法律は定められていないため、労働者が即日退職したことによって損害が生じた場合は会社側が賠償金を請求したいと思えばできてしまいます。

そのため、通常の退職なら問題ないですが、損害賠償請求を恐れるような原因があなたにある場合には、弁護士に依頼した方が安心感は強いです。

弁護士に退職代行を依頼するデメリット

  • 退職代行に比べて費用が高い
  • 依頼する弁護士が必ずしも労働問題に詳しいわけではない

退職代行に比べて費用が高い

先ほどもお伝えした通り、退職を依頼するだけで10万円近くかかります。

その他の労働問題も一緒に依頼できるのは魅力ですが、退職代行の依頼に含まれてるのではなく、追加で料金を支払うのです。

そのため退職と同時に依頼をすると、せっかく最終月の給料も貰えるよう交渉してもらったのに半分しか手元に残らなかった…なってことになりかねません。

退職代行サービスでは、交渉まではできませんが、追加料金かからずにその他の問題についても伝えてもらうことは出来るので、まずは退職代行に依頼するのがおすすめです。

退職代行に依頼して退職を完了させた後、その他の問題について解決していなければ、弁護士に再依頼する方が金銭面的には安く抑えられます。

依頼する弁護士が必ずしも労働問題に詳しいわけではない

弁護士は労働問題に特化して業務を行っているわけではないので、うまく交渉できない場合もあります。

退職の神様
退職の神様
弁護士も案件によって得意不得意があるのです。あなたが依頼するときは労働問題に強い弁護士事務所を選択してくださいね。ちなみに、退職代行の依頼を受けてる弁護士事務所なら労働問題に強いですよ。

どの弁護士に依頼するかが重要になってくるので、近くの弁護士事務所に依頼しよ〜と安易な考えではなく、慎重に選んでください。

違法性のない退職代行サービスに任せれば安心


当サイトで紹介している退職代行サービスは、安心してご利用できるようにそれぞれの退職代行業者へ直接インタビューを行い、安全性を独自に調査しています。

そのため、すべて違法性のない真っ当な退職代行サービスだけを厳選して紹介しているので、心配せず安心して利用してください。
どの退職代行サービスが安全なんだろう?と迷ったら、当サイトでは辞めるんですをおすすめしています。

たくさんの退職代行サービスがある中でも、辞めるんですは顧客満足度1位を獲得していて、その名の通り対応が良いと評判です。

退職代行に依頼したいけど怪しいイメージがあって不安と感じているなら、辞めるんですを選べば間違いありません。

辞めるんですで今すぐ退職

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。