【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
職種別退職体験談

店長を辞めたいあなたへ退職経験者の私が解決策をまとめてみた

弁護士が即日対応する退職代行、どこが良いのか悩む男性

店長は実に多くの負担を抱えています。オーナーやスタッフとの人間関係、長い労働時間、安い給料など。

「今すぐにでも店長職をやめたい…けど、退職は不安だ」
あなたもこのように、悩んでいませんか?

店長職に不満を感じていても、退職の経験がないとなかなか踏ん切りがつかないですよね。将来の不安もあるはずです。

しかし、退職を経験し、店長職経験者の声を徹底調査した私が皆さんにお伝えしたいのは、手遅れになる前に、店長職を辞めることを強くおすすめするということです。

この記事では

  • 店長を辞めた方がよい理由
  • 実際に店長職を行なっている人たちの声
  • 簡単な退職方法

を分かりやすく紹介しますね。

辞めたいと思いながらも店長を続けるのは一つも良いことがない

店長職をやめたいと思っているのに、無理に続けても良いことは1つもありません。むしろ、そのまま嫌々仕事を続けていると取り返しのつかないことになります。

なぜ、無理に続けてもメリットがないのか、以下で詳しく説明します。

辞めること・転職することは決して珍しいことではない

「仕事を辞めることに抵抗がある」かたも多いかもしれませんね。普通の道を踏み外してしまっているのではないか?この先大丈夫なのか?と。

しかし、世間的には転職は決して珍しいことではありません。
ある転職エージェントの調べによると20代の35%、全体で見ると52%の人が転職を経験しております。つまり、2人に1人は転職の経験がある計算になりますね。

また、以下のグラフは、2004年〜2016年までの有効求人倍率を示したものです。このグラフを見ると、転職希望者よりも転職求人数の方が多いとこがわかります。

(引用:厚生労働省)

転職は決して珍しいことではありません。多くの方が転職を経験しています。

転職に対してマイナスイメージをもっている方は「転職はだれにでもあること」と理解してください。
今まで植えつけられた、悪い思い込みは捨ててしまいましょう。

失業保険を申請すればお金の問題で悩むこともない

仕事を辞めるとなると、心配なのが「収入」のことですよね。仕事をやめてしまったら来月からどうやって生きていくんだ、と。安心してください。

国が収入を補償してくれるので心配しなくて大丈夫ですよ。

あなたが正規に雇用されている立場なら、自動的に失業保険に加入しています。失業保険の申請をすれば、一定期間の収入を補償してくれるんです。

補償金額と、補償日数は以下のとおり。

支給額 「基本手当日額」

1日の支給額 = 離職前の6ヶ月間の給料額の合計 ÷ 180
※計算される給料にボーナスは含まれません

どんなに高給をもらっていても、1日の支給額には上限があります。

年齢
基本手当日額上限額
~29歳
6,395円
30~44歳
7,100円
45~59歳
7,810円
60~64歳
6,808円

自己都合で退職の場合

 雇用保険に 加入していた年数
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢共通
90日
120日
150日

引用元 https://tensyoku.7pot.net/01_money.html

支給額や期間は、年齢や勤務日数、これまでの報酬額によって異なります。

失業保険によって最低限の生活をおくることは可能なので、支給されている期間は収入の面での心配はありません。

心身の健康を損なってからでは手遅れ。早めの行動を

無理して働き続けることはアナタの人生を壊しかねません。うつ病などの精神病、過労死など、無理をし続けるといずれ、精神や生命に大きな害を及ぼしてしまいます。

うつ病に関しては、原因を取り除かない限りいつまで立っても回復しません。

働きすぎて病気になってしまっては笑い話にもなりませんよね、自分の人生は1度きりなので、自分の健康は大切にしてください。

また、病気になってしまっては、転職活動もできなくなってしまいます。

本当に今後の人生のことを考えているなら、手遅れになる前に今の職場を辞めるのが吉です。早めの行動を。

離職率は約25%。店長が退職を考える理由

上司に引き留められて困る女性

店長職(小売店)の離職率は25%。うち新卒からはじめて3年以内に辞めるのは38.6%にのぼります。

多くの店長経験者が語る、退職を考える理由は以下のとおりです。

  • スタッフとうまく連携が取れない
  • 任された店の売り上げに責任を感じる
  • 上司からのプレッシャーがストレス
  • キャリアや技術に伸び悩む
  • 労働時間が長い、休みが少ない
  • 労働時間のわりに稼げない などなど

あなたも、同じような理由で退職を考えていませんか?

店長職は労働時間、給料、人間関係などの不満が多くありますよね。

小売店は、どうしてもお店をバイトで回していくことが多くなります。バイトはすぐにやめていきますし、急なシフト変更、ばっくれなど、店長がカバーしなくてはいけない部分も多いです。
結果、労働時間が長くなりがちです。

上司からは売り上げに関して口をだされ、意識の低いスタッフの指導を行なわなければならないなど、人間関係での苦労もたえません。

苦労が多いにもかかわらず、給料は安い・・そうなってくると「やめたい」と思ってしまうのは当然の感情です。

 

店長職を経験したことのある人の声には、このようなものがあります。

実に多くの方が、店長職に対して不満をこぼしていますね。

「辞めたいと思うのは自分のメンタルが弱いのでは?」と考えなくて大丈夫ですよ。同じような悩みを抱えている人はたくさんいますから。

実際に店長を辞めて、転職した人の声

店長職を続けた人、辞めた人たちの声を紹介します。

店長をスムーズに辞めるための3つの方法

無理に店長職をつづける必要はないことは、十分に理解していただけたと思います。

ここからはどのようにして店長職を辞めればよいのかについて、3つほど紹介させていただきますね。

以下を参考にしてもらえば、店長職を辞める手助けになるはずです。

1. 辞める権利は法律で約束されているので毅然とした態度を貫く

やめる方法と書き出しましたが、そもそも辞める権利は法律で保障されているんですよね。

民法第627条より

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。」

なので、きちんと連絡を入れさえすれば、会社側がどう言ってこようと店長職を辞めれます。

会社によっては、「就業規則が~」などといって引き止めてくる場合もありますが、就業規則よりも法律の方が上なので、守らなくてもなんら問題ありません。

ただし、現実問題引き止められることも多いでしょうし、よほど気が強い人でないかぎり就業規則を無視して、上司の言うこともスルーして退職というのは勇気のいることですよね。

自分は上司に何をいわれても大丈夫というかたは、堂々と退職の意を告げて辞めるのがよいでしょう。

方法2. 昇進を目指す

昇進して結果的に店長職から外れるというポジティブな解決方法も忘れてはなりません。
上の役職に上がることで、結果的に今抱えている悩みを解決するのが、昇進による解決です。

ただし、いつ昇進するか分からないですし、そもそも昇進の見込みがあるのかどうかすら分からないのが現実ですよね。

将来的に上の役職につける見込みが高い方は、そのまま今の店長職を継続するのもありだと思いますが
見込みが薄いかたはあまり現実的なアプローチではありません。

3. 辞めづらいのであれば「退職代行サービス」を利用する

方法1のように、自分で退職の意思を伝えるのは抵抗がある方。方法2のように昇進によって店長職から外れる見込みが薄い方は、退職代行サービスを利用するのも1つの手です。

退職代行とは、提供会社が勤務者の代わりに、退職に必要な手続きを全て行なってくれるサービスのことをいいます。

具体的には、会社への退職の連絡から行なってくれます。そして、退職にいたるまで、勤務者は一切勤め先との連絡をとる必要がありません

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司や先輩に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる

普通に退職しようとすると、引き止めや脅しなど、トラブルが起きることも多々あるでしょう。

退職代行を利用することで、上記の点は解決されます。

もし、自分から連絡するのはいやだ。今すぐにでも退職したいと考えているかたは退職代行を利用するのも一つの手です。

有給を利用して、退職代行を無料にしよう

退職代行の費用は、平均3~5万円程度です。

「代わりに退職手続きをしてもらえるのは、とても助かる。でも、費用が掛かるのはちょっと」

もし、そう感じたのなら有給を利用しましょう。有給休暇を使えば退職代行利用料は実質ゼロ円になります。

有給は労働者の権利ですので、退職するときに申請しても法に触れることはありません

でも、さすがに自分の口から「辞めるので、明日から有給ください!」とは言えないですよね(笑)

しかも、自分で有給を申請すると、金額を誤魔化される可能性があります。

でも、心配いりません。有給の申請も退職代行に依頼できるんです有給を退職代行の費用に充てれば、実質無料で依頼できます

以下、店長職の平均年収から算出した有給の目安なので参考にしてください。

勤続年数付与される有給もらえる金額(目安)
6ヶ月10日90,000円
1年6ヶ月11日99,000円
2年6ヶ月12日108,000円
3年6ヶ月14日126,000円
4年6ヶ月16日144,000円
5年6ヶ月18日162,000円
6年6ヶ月~20日180,000円

有給の分、実質タダで退職代行サービスを利用できるのです。

トラブルなく店長職を辞めるためにもバックレはNG!

「もう辛すぎてこのままバックれてしまいたい!」と思う方もいると思います。

同じテレアポ経験者として痛いほどわかりますが、バックレることは絶対に辞めましょう。

バックれて辞めたあとに転職しても、社会保険の手続きが完了していないなど、何かしらのトラブルに繋がる可能性があります。

新しい職場で心機一転頑張ろうと思っても、何かトラブルがあると不信に思われてしまう可能性が高いです。

退職の手続きはきちんと行うことにしましょう。

バックれて辞めるくらいに精神的にもきついなと思っているのであれば、やはり退職代行サービスなどを使うことをオススメします。

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。