【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職に関する常識

【体験談あり】人手不足で辞められない人が確実に退職するための対処法

「人が足りないのは分かってるだろう」
「後任が決まるまで待ってくれ」

このように、人手不足の会社では退職を伝えてもすぐに認めてくれないケースが多いですよね。

人手不足の中、辞めるのは申し訳ない気持ちもあるけど、正直「辞めたい」と思った時点で会社の問題までも考えてる余裕はないのが本音でしょう。

実は、今の日本の現状からして15〜64歳の働き盛りの人口が減っているのは明確で、人手不足の原因はそこにあると考えられています。
そのため、人手不足の会社を辞めるのにあなたが責任を感じる必要はなく、辞めたいと思ったら気にせず辞めていいんです。

とは言え、会社からは「人が足りてないのは分かってるのに無責任な」と言われ、辞めようにも辞められないのが現実ですよね。

そこでこの記事では、

  • 人手不足の会社を確実に退職する方法
  • 人手不足の会社を退職した話
  • 辞めたくても辞められない時の最終手段

こういった人手不足の会社を辞める方法について紹介します。

人手不足は会社の責任!社会人として無責任は勘違い

働き盛りの世代の人口が減っているとは言え、同業種であってもしっかり人材を確保して経営を行ってる会社もあります。

なので、人手不足を言い訳にして待遇改善をすることもなければ、その現状を放置したままにしていたのは会社の責任でしかありません。

退職者が出てはじめて、「なら待遇改善するから残ってくれ」じゃ遅いのです。

こういった人手不足の対策は、

  • 業務の効率を改善する
  • 労働環境の改善
  • 賃金の引き上げ
  • 雇用体系の見直し
  • 採用方法の見直し
  • 教育制度の整備

このような待遇の問題を改善しつつ、それぞれの会社にあった方法で解決しなければならず、あなたが辞めずに働き続けるだけでは何の対策にもなりません。

そして、待遇を改善するのは会社側にしかできない事なので、あなたが責任を感じる必要は一切ないんですよ。

会社への恩より大事なのはあなたの人生

自分の人生を考える人
でも会社には良くしてもらったし…「人手不足だから待ってくれ」と言われたら辞めづらいなぁと感じる事もあるでしょう。

ですが、会社に対する恩返しは日々の業務でしっかり果たせていますし、あなたが考えるべきことは会社の心配ではなく、今後のあなたの人生です。

「あなたを育てたのは誰だと思ってるんだ」と言われる事もあるかもしれませんが、仕事をする上で新人教育をするのは当たり前の事。

今、あなたが「会社のために自分にできることは頑張ろう」と協力しても、あなた自身に何かあったとき、会社はあなたを助けてはくれません。

なので、会社のためではなく自分のために強い意思を持って退職を決断してください。

人手不足の会社を確実に退職するための心構え


そんな一筋縄ではいかない人手不足の会社を確実にかつ穏便に辞めるための心構えを5つ紹介します。

本来は、退職の自由が認められており、円満退社にこだわらなければすぐにでも辞められますが、揉めたくないというあなたはぜひ参考にしてください。

その1.辞める強い意思を持って退職を伝える

人手不足の会社では、ほぼ100%引き止めに合います。

少しでも隙があれば、この人は引き止められるぞと思われてしまうので、何を言われても揺るぎない強い意思を持って退職を伝えてください。

「もう少し考えてくれ」と退職を考え直す時間を与えられる可能性が高いですが、絶対に話を持ち帰ってはいけません。
必ずその場で「考え直しても答えは変わりません」と答えられるくらいの覚悟を持っておきましょう。

その2.退職を伝えるときはなるべく早めに!

会社に対する申し訳なさが少しでもあるのなら、退職を決めた時点でなるべく早めに伝えてください。
早めに伝える事で会社側も前もって対策できますし、あなた自身も無駄に引き延ばされずに辞められます。

可能であれば、事前に会社の就業規則を確認して、就業規則に書いてある通りの予告期間を設けておきましょう。一般的には1ヶ月〜3ヶ月の期間を設定しているところが多いです。

法律上は2週間で退職できるって本当?意外と知らない真の退職ルール

その3.辞めたら迷惑がかかると考えない

辞めたら迷惑がかかると考えていたら、あなたは一生その会社を辞められません。

例え、「今辞めたら迷惑だ」と言われようとも、いつ辞めても同じように言われるんす。
あなたがこの会社に入社する前はあなたがいなくてもちゃんと回り続けていたんですよ。
なので、ここで居なくなったとしてもちゃんと回り続けますから安心してください。

相手に思いやりをもっているあなたは、会社側に迷惑がかかる事は考えるのに、このまま残り続けたら自分自身に迷惑がかかる事は無視しがちです。

会社よりももっと自分を大事にしてください。

その4.引き止められたら期限を決めた約束を取り付ける

期限を決める際に重要なのは、会社側からの「3月まではいてほしい」というお願いに従うのではなく、あなたから「12月末までなら待ちます。」と伝える事です。
会社に主導権を握られてしまうと、辞める時期を引き延ばされ、一向に辞められないというパターンになってしまいます。

例え退職時期が近づいても、会社側から退職に関して話してくる事はなく、あわよくばなかった事にされてしまうこともあるのです。

なので、絶対にあなた自身で期限を決め、それに従って引き継ぎの日程を組みましょう。

その5.なるべく繁忙期は避ける

本来は繁忙期への配慮は絶対にするべきというわけではないですが、人手不足の会社を確実に退職するためには、繁忙期を避けるのが鉄則です。
通常の業務でも人手不足で引き止められてしまうのに、繁忙期だとさらにしつこく引き止められてしまいます。

さらに、繁忙期に退職の話を持ちかけると、忙しくてまともに話を聞いてくれず、忙しさから嫌味を言われてしまうこともあるのです。

なので、円満退職を希望しているなら、繁忙期は避けて退職を申し出ましょう。

会社を円満に辞めるための言い方は?退職の際にそのまま使える例文集

自分より先に誰かが辞めてさらに辞めづらくなったらどうする?

他の人が先に辞めて辞めづらくなって悩む女性
人手不足の会社のほとんどは、待遇があまり良くないため、辞める人も沢山います。

そのため、あなたが辞めようと思っていたのに先に他の人が辞めるなんてこともよくある話です。

ですが、他の人が辞めたからと言ってあなたが退職を見送る必要はなく、むしろ他の人が辞められたから自分も辞められるチャンスだと捉えましょう。

【体験談】人手不足の会社で有給をフルに使って1ヶ月で退職した話

円満退職出来た女性
私が働いてたのは営業のお仕事。

周りに比べて若かったことから、働き始めからずっと期待されていて、「絶対に辞めないでね」と事あるごとに言われていました。

しかし、実際に仕事を始めてから、お客様に見合ったものを提案するよりも営業所内の売り上げを優先する会社に嫌気がさし始め、辞めたいと思うようになっていたのです。

「自分が良いと思っていないものをお客様には売れない」
綺麗事かもしれませんが、お客様のことを考えてかつ売り上げにもちゃんと貢献するような提案書を作成したのに、これじゃダメと売り上げだけを考えた提案書を渡された時に辞める決意をしました。

その後一週間ほど様子を見ましたが、やっぱりこの仕事は合わないと感じ、直属の上司に「明日、お話ししたい事があるのでお時間作って頂けませんか?」とメールを送りました。

ですが、期待されていた分、辞めるのも困難だろうとは予想していて…。

さらに、私が辞める数日前に2人ほど辞めていてかなり人手不足の状態。

絶対に辞められる理由が必要だな・・・と考え続けていました。

そこで思いついたのが、身内の事情

身内の事ならそれ以上突っ込む事はできないし良いだろうと考えたのです。

ちょうどその頃、地元に帰ろうかなと考えていた頃で、祖父母の農業の販売のお手伝いを遠く離れたところからしていたため、これを理由にしようと考えました。

ただ正直に話しても色々突っ込まれそうだったので、私が話した退職理由は以下のような形です。

「祖父母が農業をやっているんですが、祖父が体調崩してしばらくできないため、主人と一緒に地元に帰って手伝うことになりました。もう実家ともお話をしていて帰ってきて欲しいとお願いされています。兄弟は地元にいますが、私が元々お手伝いをしていて事情を把握しているので私がやる事になりました。このお仕事も楽しかったし、沢山良くしていただいて迷いましたが、退職を決断しました。」

その時、祖父が手術したあとで体調崩していたのも事実、地元に帰る話をしていたのも事実です。

ただ、農業を必ずしも手伝わないといけないかと言われればそうではなく、地元に帰る話も決定してはいませんでした。

全てが本当かと言われれば本当ではなかったけれど、嘘かと言われればそうではなく、確実に辞められる言い回しを考えたのです。

もちろん、考え直せないかと聞かれましたが、もう決まった事なのでで突き通しました。

さらに、地元へ帰る準備もあるので有給使いますと話し、2週間くらいはお休みを貰っています。

無事、予定してた1ヶ月後には退職し、最後にはお世話になった上司とマネージャーからプレゼントも貰い、円満退職に成功しました。

体験から学ぶ確実に辞める8つのポイント

  • 引き止める隙を与えない退職理由にする
  • 退職理由は事前に考えて添削する
  • 嘘でなければ多少大げさに話してもOK
  • 相談ではなく報告で話す
  • 辞める意思が変わらない事を態度で示す
  • 何を言われても考えは変わらないと即答する
  • 話は持ち帰らずその場で了承を得る
  • 有給が取りやすい理由を用意しておく

退職理由をまずメモして見て、あなたが上司だとしたら突っ込む隙はないか?引き止める隙はないか?よく考えてみましょう。

私の場合、

  • 主人はどうするの?
  • 兄弟がいるんじゃないの?
  • あなたがやる必要ある?
  • 両親は何って言ってるの?

って突っ込まれそうだったので、事前にすべて話し、対策しました。

「私が元々お手伝いをしていて事情を把握してる」と話す事で、身内の中で色んな事情があるんだなと思わせ、これ以上深入りできないようにしたのです。

また、「相談があります」だと引き止める余地があると思われるので決まった事として報告しています。

なので、「分かった」と諦めてくれるまで、何を言われても「もう決まった事で考えは変わらないです」と即答し続けました。これは必ず当日に許可を得るのがポイントです。

最後、有給についてですが、有給は絶対に使って退職したかったので、地元に帰る日を退職日付近だと伝えました。そうする事で、早く準備しないといけないという理由で有給を取りやすくなります。

実際に「準備があるので休みます」の一言で2週間フルに有給を活用できました。

そして、残りは引き継ぎや退職の手続きをし、無事、退職を伝えて1ヶ月で円満退職に成功したのです。

自力で辞められないなら退職代行にお任せするのがおすすめ

私の場合、色んな状況が重なって絶対に辞められる退職理由を思い付きましたが、退職理由は人それぞれの状況によって変わってきますよね。
中には、嘘をついて辞める方もいますが、狭い業界だと話が行き渡る事があるのであまり良い方法とは言えません。

私のような退職理由が思いつくなら自力で円満退職するのも可能ですが、

  • 自分で退職を伝えるのが怖い
  • もう会社に行きたくない
  • 何ヶ月も待たずにすぐに辞めたい

と考えているなら退職代行を使いましょう。

人手不足の会社は、どうしても自分の口から退職を伝えるのは迷惑かなと申し訳なく感じ、タイミングを逃してしまうなんてこともありますよね。

ですが、退職代行ならあなたに変わって退職の意思を伝えてくれるので、人手不足だろうが確実に辞められます。

  • 相談した当日に退職できる
  • 「人が足りないってわかってるでしょ」と嫌味を言われる心配なし
  • 同僚との関係も気にせず辞められる

さらに、有給消化についても会社にお話してくれるので、有給をうまく使えば実質無料で依頼できるのです。

【有給の申請方法】バイトも有給は取れる?意外と知らない有給の基本ルール

メールや電話だけでなく、LINEからも気軽に相談できるので、ぜひ一度相談してみて下さい。

辞めるんですで今すぐ退職

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。