【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職代行のQ&A

退職代行を利用しても離職票はもらえる!スムーズにもらう為の手順と対策

退職代行利用後、失業保険の受給を考えているなら必要な離職票。

  • 退職代行を利用しても離職票はもらえる?
  • いつ頃、どうやってもらえるの?

と気になりますよね。

退職代行を利用しても、離職票は退職後10日程度で会社から自宅に郵送で届きます。

ただ、会社の不手際などで送られてこないケースもあります。

すると失業保険の受給が遅くなるので、転職までの生活費に困りますよね。

この記事では、退職代行を利用してスムーズに離職票をもらうための手順と対策を紹介します。

  • 退職後スムーズに離職票をもらいたい方
  • 失業保険を遅れずもらいたい方

は参考になりますよ。

離職票をもらうための2つの手順

退職代行で離職票をもらうための手続き通常退職して雇用保険の資格喪失手続きが終わった後、離職票は10日程度で会社から自宅に郵送で届きます。

離職票がないと失業保険の受給ができません。

退職代行を利用してスムーズに離職票をもらうためにも、手順をしっかりと確認しましょう。

退職代行業者に「離職票を郵送してほしい」と会社に伝えてもらう

退職代行業者が伝えなくても、会社は離職票を発行するケースがほとんどです。

しかし念のため、退職代行業者に「離職票を郵送してほしい」と会社に伝えてもらいましょう。

その際、以下の6つもあわせて郵送してもらいます。

雇用保険被保険者証雇用保険に加入した際に発行される証明書。
再就職した会社で提出します。
源泉徴収票確定申告の際に必要。
退職した年・退職金の源泉徴収票をもらいましょう。
年金手帳会社が保管している場合は返却してもらいましょう。
離職中の国民年金加入、再就職後の厚生年金加入に必要です。
離職票退職日・在職中の給料が書かれた証明書。
ハローワークにて失業保険を申し込む際に必要です。
厚生年金基金加入員証会社で厚生年金基金に加入していた場合の加入員書。
退職一時金の申し込みに必要です。
退職証明書退職の理由が書かれた証明書。
再就職の際、再就職先によって退職理由の証明が必要な場合があります。

失業保険受給や再就職に必要な書類です。

退職後会社から離職票を郵送してもらう時でないと、受け取る機会がありません。

もちろん会社からの貸与品は元払いで郵送しなければならないので、「退職代行を使っても荷物は置いておいてOK!やり取りの流れや準備するもの」を見て準備しておきましょう。

退職後10日ぐらいで離職票が届く

退職後10日程度で会社から離職票が郵送で届くので待ちます。

会社から荷物が届いたら、必要な物が揃っているかすぐに確認しましょう。

離職票が届かない時は、退職代行かハローワークに依頼する

退職代行を利用して離職票が届かない男性退職代行利用後、通常10日程度で離職票含む書類が届きます。

しかし会社の不手際などで送られてこないケースもあります。

離職票がないと失業保険を受給できないので、転職までの生活費に困りますよね。

会社から離職票が届かない場合、以下の手続きをしましょう。

  1. 退職代行から会社に連絡してもらう
  2. ハローワークに相談する

離職票が届かない場合、退職代行から会社に連絡してもらうことができます。

辞めた後ってやっぱり連絡しづらいですし、前の会社から電話越しに愚痴を言われるのも嫌ですよね。

ただあくまで連絡するだけで、退職代行業者は会社に離職票を強制的に発行させることはできません。

そこでハローワークから会社に離職票を発行してもらえるよう相談することがおすすめです。

ハローワークから会社に離職票の発行を促すことによって、会社が急いで対応する・会社が離職票発行の義務を怠っていることを伝えることができます。

 

離職票以外にも失業保険受給に必要な準備や物は、こちらの「退職前の準備・退職後の流れ」の記事を参考にしましょう。

法律の専門家が対応する、退職代行がおすすめ

専門家のいる退職代行ここまで退職代行を利用して離職票を受け取る方法を紹介しました。

離職票が会社から届かなくても最後にはハローワークの職権で発行してもらえますが、

  • 離職票の発行が遅れる=失業保険の受け取りが遅れる
  • 退職できたのに退職代行やハローワークに連絡しなければならない

と、時間も手間もかかりますよね。

そこでおすすめしたいのが、法律の専門家が対応する退職代行に依頼することです。

 

ブラック君
ブラック君
なんで法律の専門家が対応する退職代行に依頼するの?
退職代行から会社に離職票が欲しいと言ってもらうだけじゃダメ?

退職の神様
退職の神様
退職代行から会社に離職票が欲しいと意向を伝えることはできますが、踏み込んだ交渉は法律に違反するためできません。

弁護士または弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申し立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して監定、代理、仲裁若しくは若いその他の法律事務を取り扱い、またはこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りではない。

Wikibook弁護士法第72条より引用

 

退職代行の中には弁護士などが対応したり、監修を受けている業者があります。

法律を理解したうえで対応してもらえるので、トラブルなく安心して退職代行を利用できますよ。

法律の専門家が監修する退職代行5つ

法律の専門家が対応する退職代行サービス法律の専門家、弁護士や行政書士が監修する退職代行を紹介します。

それぞれ料金や対応する専門家が違うので、希望に合った退職代行業者を選びましょう。

有給サポートサービスのある「辞めるんです」

退職代行、辞めるんです
料金50,000円 今だけ30,000円
法律の専門顧問弁護士による監修
特徴追加料金なし、退職率100%、会社連絡不要

辞めるんです」は、顧問弁護士による監修を受けている退職代行業者。

会社連絡不要で、すべて退職代行業者が電話で対応してくれます。

有給サポートサービスもあるので、残りの有給日数によっては退職代行料金よりもお金が返ってくることもありますよ。

辞めるんですの詳細記事公式サイト

書類作成関係に強い行政書士が対応する「SARABA」

退職代行SARABA
料金29,800円
法律の専門行政書士が対応
特徴行政書士に無料で相談、100%返金保証、郵送で手続きできる

SARABA」は、行政書士が対応する退職代行業者。

他の代行業者だと行政書士に対応を依頼すると追加料金がかかる場合もありますが、SARABAだと無料で相談できます。

書類作成関係に強い行政書士が監修した退職届を無料でもらうことができるので、文章が苦手な方も安心ですよ。

SARABAの詳細記事公式サイト

転職まで無料でサポートしてもらえる「退職代行コンシェルジュ」

退職代行、退職代行コンシェルジュ
料金39,800〜49,800円 今だけ30,000円
法律の専門顧問弁護士による監修
特徴退職率100%、退職完了まで無制限対応、無料転職支援

「退職代行コンシェルジュ」は、顧問弁護士による監修を受けている退職代行業者。

希望すれば退職後の転職まで無料サポートしてもらえるので、すぐに転職したい方におすすめ。

休日や深夜でも可能な限りチャット対応しているので「辞めたい!」と思ったらすぐに対応してもらえるのが嬉しいですね。

退職代行コンシェルジュの詳細記事公式サイト

相談から実行まで司法書士が個別対応する「退職代行センター」

退職代行、退職代行センター
料金30,000円
法律の専門行政書士が対応
特徴追加料金なし、全額返金保証、退職率100%

「退職代行センター」は、行政書士による監修を受けている退職代行業者。

1件1件相談から実行まで司法書士が個別対応してくれます。

他の退職代行業者で失敗した方も相談できるのも安心ですね。

EXI退職代行センターの詳細記事公式サイト

テレビやニュースで話題!安心して依頼できる「EXIT」

退職代行 EXIT
料金正社員 50,000円
アルバイト 30,000円
法律の専門顧問弁護士による監修
特徴会社連絡不要、退職完了まで無制限対応、メディア掲載実績No.1

EXIT」はメディア掲載実績No.1、退職代行業者の中でも有名。

顧問弁護士による監修も受けています。

転職決定人数No.1の「ワークポート」と提携しており、EXIT経由で転職が決定した場合、全額キャッシュバック(条件あり)も可能。

書類作成のアドバイス、面接対策も無料でしてもらえますよ。

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。