【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職代行のQ&A

退職代行で即日退職する前に知っておきたい失敗例と対処法

「いつも定時で帰れない
「上司から暴言を言われて辛い
明日も出勤しなきゃと思うと苦痛……」

この記事を読んでいるあなたは、今すぐにでも退職したいと考えているのではないでしょうか。

退職代行サービスなら即日退職にも対応してくれるので、利用を考えている人も多いかと思います。

しかし、退職というのは本来は事前に会社に伝えておくべきことです。
「その日のうちに会社を辞める」というのは、世間では馴染みがありません。

そこで、この記事では

  • 即日退職はトラブルに繋がったりしない?
  • 本当に即日退職できるの?
  • 即日対応してくれる退職代行サービスは?

といった疑問に答えていきます。

即日退職の仕組み注意点について分かりやすく解説しているので、ぜひ読んでみて不安を解消してくださいね。

会社の合意があれば即日退職も可能

即日退職 合意 可能

その日のうちに退職したいというのは一見、無理がありそうですが、会社からの合意を得ることができれば問題はありません。

「民法では2週間前って定められているんじゃないの?」
「うちの会社の就業規則だと3ヶ月前って書かれてる……」

という疑問の声をよく耳にします。
しかし、あくまで退職前の引き継ぎ事務的手続きを滞りなく進めるためのルールです。

もちろん違反したら罰則を受ける可能性もありますが、会社が即日退職に納得をしているのならば、その心配はいりません。

逆に、会社があなたの退職を縛りすぎると、憲法の「職業選択の自由」「奴隷的拘束の禁止」に反する可能性があります。

法律上は2週間で退職できるって本当?意外と知らない真の退職ルール

ブラック君
ブラック君
就業規則ってなに?

退職の神様
退職の神様
会社と従業員が守るべき労働条件やルールのことです。
常に従業員が10人以上いる事業所には、作成・届出の義務があります。
就業規則には、退職や解雇に関しての記載もあるので、退職前に確認していくと良いでしょう。

バックレは厳禁!懲戒解雇にされる可能性あり

退職 バックレ 懲戒解雇

無断欠勤などのバックレ行為は、解雇処分を受ける危険があるので避けましょう。最悪の場合、懲戒解雇にされることもあります。

懲戒解雇とは、会社の秩序を乱した従業員に与えられる最も重い制裁です。
会社側も簡単に懲戒解雇の判断を下せるわけではありませんが、就業規則に違反した場合、可能性は否めません。

実際に14日以上無断欠勤した人が懲戒解雇された事例もあります。

「いっそのこと解雇されたほうが楽……」と考えている人もいるでしょう。
しかし、解雇されたことが経歴に残ると転職の時にかなり不利になってしまいます。

「会社に行きたくないけど、欠勤連絡さえ辛い……」
という風にバックレを選ぶくらいなら、退職代行サービスに依頼しましょう。

[Q&A:バックレ]

即日退職で想定される失敗と対処法

即日退職 失敗

いち早く会社をやめたいのなら、退職代行サービスに即日退職を依頼することが最もローリスクと言えます。
しかし、100%上手くいくとは限りません。

会社によっては理不尽なことを言ってきたり、嫌がらせをしてくる可能性も考えられます。

ですが、事前に心構えができていれば、トラブルに巻き込まれても焦らずに対応できますね。

ということで、即日退職の際に考えられるトラブル対処法をまとめみました。

「損害賠償請求する」と脅される

「会社に損害賠償請求すると言われた」という話をよく聞きます。

しかし、だいたいは引き止めのための脅し文句です。
ブラック企業ほど、あの手この手であなたの退職を阻止しようとしてきます。

具体的には、

  • 労働契約に違反して退職をした
  • 営業先やお客様に迷惑をかけ、会社の不利益に繋がった
  • 引き継ぎが済んでいなかったので、業務に支障がでた

というようなパターンが考えられますが、会社が一方的に訴えて通るものでもありません。

損害賠償請求する時には、本当に損失があったのかという判断を弁護士や裁判所にお願いする必要があります。

そうなると、手間も時間も費用もかかってしまうので、会社としてもメリットが少ないです。
退職代行サービスでも損害賠償請求をされた事例はありません。

ですが、退職自体は問題がなくても「器物破損をしていた」「横領をしたいた」といったトラブルで損害賠償請求が成立する可能性は大いにあります。

退職以前に、自分が不利になるようなトラブルはなかったか、今一度確認してみてください。

離職票が送られて来ない

離職票とは、失業手当を受け取るために必要な書類です。

本来は、退職後10日以内に会社から送られてくるものですが、会社が嫌がらせとして送ってこないという事例もあります。

失業保険があれば、転職までの期間の生活費や就活費を賄うことができます。
ぜひとも利用したいし、そのためには離職票がないと困りますよね。

[常識:失業保険]

「離職票が会社から送られてこない」という場合は、ハローワークに相談することがおすすめです。
そうすると、ハローワークから会社の方に離職票の発行を促してくれるので、会社は従わざるをえません。

さらに、会社が離職票を発行する義務を怠っていることをハローワークに伝えることもできます。

場合によっては、雇用保険違反として会社にペナルティを与えることができるので、会社からの嫌がらせに困ったらハローワークで相談をしてみると良いでしょう。

退職金が受け取れない

退職代行サービスを使うことによって、退職金の受け取りができなくなってしまわないか気になりますよね。

結論から言うと、退職金が支給されるかはあなたの会社の就業規則次第です。
退職代行サービスで退職すること自体は、あまり関係ありません。

実は退職金に関しては法律で定められていないので、支払うかどうかは会社の自由です。
中小企業だと、そもそも退職金制度がないとところも多数あります。

まずは、あなたの勤め先の就業規則を確認してみてくださいね。

就業規則の退職金規定には、以下のような記載があるはずです。

  • 受け取るための条件(支給事由)
  • 受け取れないケース(支給除外)
  • 支払われる日程(支給日)
  • いくら貰えるのか(退職金の算定)

これらを踏まえ、退職金を受け取る権利がある場合、会社はあなたに退職金を支払う義務が生じます。

退職代行サービスでは退職金の請求も行ってくれるので、事前に確認をしておいて利用時にお願いすることがおすすめです。

即日退職するなら法律家監修の退職代行サービスがおすすめ

法律家 退職代行サービス

会社の理不尽な脅しや嫌がらせなど、即日退職で考えられるトラブルを紹介してきました。
そのようなトラブルは法的なルールを知っていれば、回避や対応ができます。

もちろん、弁護士に退職代行を依頼するという手段もありますが、かなり費用と時間がかかってしまいます。
てっとり早く、かつ安く退職を終わらせたい人には負担が大きいかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、法律のプロが関わっている退職代行サービスを利用することです。
退職代行サービスの中には、弁護士行政書士などが関わって運営している業者が多数あります。

弁護士監修や行政書士対応の退職代行サービスは、法律を理解し、尊重したうえで営業を行っています。
なので、会社に脅されようと動じることなく、安心して退職代行を任せることができます。

ブラック君
ブラック君
弁護士がついてるなら、会社との交渉もスムーズに進みそうだね

退職の神様
退職の神様
残念ながら、退職代行サービスは会社と交渉することができません。
あくまで運営に関わっているだけなのです。

ブラック君
ブラック君
なんで退職代行サービスは交渉ができないの?

退職の神様
退職の神様
弁護士法に違反してしまうためです。

この法律では、弁護士の事業所以外の人が第三者として争いに介入し「交渉」を行うことを禁じています。

退職代行サービスとして可能なのは「請求」までなので、注意してくださいね。

即日対応している退職代行サービスまとめ

即日退職を望むあなたにおすすめしたい退職代行サービスについてまとめてみました。

  • 即日退職に対応している
  • 法律の専門家が関わっている
  • 24時間いつでも申し込み可能

これらの条件を満たす退職代行サービスのみ紹介していています。

法律に詳しく、すぐに対応してくれる業者ばかりです。
それぞれの特徴を比較して、自分に合った退職代行サービスを選んでみてくださいね。

有給消化サポートつき「辞めるんです」

辞めるんです
料金50,000円 今だけ30,000円
法律専門性顧問弁護士による監修を受けている
特徴有給消化サポートで円満退職

「辞めるんです」は、有給消化をサポートしてくれる退職代行サービスです。

有給消化サポート自体は珍しいことではありません。

しかし、公式サイトに記載がなかったり、「確実に消化できる保証はない」と有給消化に消極的な業者も多々あります。

「辞めるんです」のように、公式サイトに大々的に明記している業者は滅多にありません。

有給消化ができれば、退職代行サービスの費用以上にお金が返ってくることもあります。
退職代行サービス選びで金銭面を特に気にしている人には、特におすすめな業者です。

辞めるんですの詳細記事公式サイト

行政書士が対応「SARABA」

SARABA
料金30,000円
法律専門性行政書士が対応してくれる
特徴行政書士に無料で相談することができる

「SARABA」は退職代行サービスの中でも有名で、既に多くの人が利用しています。
名前が知られているということは、評判が良いということでもあります。

顧問弁護士が監修して退職代行サービスを運営している業者は多いのですが、「SARABA」のように行政書士が対応してくれるところは稀です。

ブラック君
ブラック君
行政書士に対応してもらうと、どんなメリットがあるの?

退職の神様
退職の神様
行政書士は書類の扱いに長けた法律の専門家です。
退職関連の書類を作成する時や、会社とトラブルが発生してしまった時に心強いですね。

通常、行政書士に相談するとなると、お金を取られてしまうこともあるのですが、「SARABA」ではオプション料金が発生しません。

無料で法律の専門家の意見を聞くことができるのはお得ですね。

SARABAの詳細記事公式サイト

転職支援つき「退職代行コンシェルジュ」

退職代行コンシェルジュ
料金39,800〜49,800円 2019年3月まで30,000円
法律専門性顧問弁護士による監修を受けている
特徴無料で転職支援をしてくれる

「退職代行コンシェルジュ」は、厚生労働大臣認可の人材紹介会社が運営している退職代行サービスです。
退職代行だけではなく、転職までしっかりサポートをしてくれます。

「厚生労働大臣認可」というのは、人材会社を運営するには必要な許可です。

取得するためには様々な審査をクリアする必要があるので、厚生労働大臣認可があるというだけで信頼できる退職代行サービスと言えるでしょう。

しかも、人材紹介会社のサポートを受けることができるので、もうブラック企業に入ってしまうことはありません

急ピッチで退職を済ませたいけど、転職先が決まってなくて不安だという人は、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

退職代行コンシェルジュの詳細記事公式サイト

スタンダードなサービス「リスタッフ」

リスタッフ
料金正社員:50,000円 1月中は40,000円
アルバイト:40,000円 1月中は30,000円
法律専門性顧問弁護士による監修を受けている
特徴サービス内容が一通り揃っている

今回紹介している業者と比べると、「リスタッフ」はこれといって特徴的なサービスを行っているわけではありません。

ですが、退職代行サービスの良さを全て網羅しています。
いわば、スタンダードな形の退職代行サービスです。

具体的には、

  • 追加料金なし
  • 全額返金保証つき
  • 無制限で相談可能

というようなサービスは「リスタッフ」でも利用することができます。

そのうえ、弁護士監修で運営しており、24時間即日対応が可能です。
即日退職を考えているのなら、退職サービス選びの際に覚えておきたい業社の1つと言えます。

リスタッフの詳細記事公式ページ

司法書士が対応「退職代行センター」

退職代行センター
料金30,000円
法律専門性司法書士が対応してくれる
特徴1件1件、司法書士が業務を行っている

司法書士が監修している退職代行サービスです。

「退職代行センター」の場合は、法律の専門家が運営に関わっているだけではありません。
利用者は、司法書士のサポートの元で退職代行を行うことができます。

司法書士というのは、簡単に説明すると法律に関する書類の作成や手続きの代理をする役職のことです。

弁護士よりもできることに制限がありますが、国家資格であるため法律に長けた人でないと務まりません。

といっても、そもそも退職代行サービスとして活動している限り、司法書士と言えど、弁護士法に反するサポートはできないので注意してくださいね。

会社との交渉はできないものの、法律の専門家が直接あなたとやりとりをして退職代行を行ってくれます。
より身近に法律に詳しい人からサポートを受けたいという人におすすめです。

EXI退職代行センターの詳細記事公式サイト

2回目以降は割引される「EXIT」

退職代行 EXIT
料金正社員:50,000円
アルバイト:30,000円
法律専門性顧問弁護士による監修を受けている
特徴ネクストサポートつき

「EXIT」は、業界で最もメディアに掲載されている退職代行サービスです。

「EXIT」が話題になってから、退職代行サービスが流行し始めたと言っても過言ではありません。

最近になって新しい退職代行サービスが続々と出てきていますが、「EXIT」はその中でも古株なので実績的にも信頼ができます。

さらに2回目以降の利用で、料金が10,000円安くなるネクストサポートがついています。
「もし次の転職で失敗したと思ったら、すぐに辞めたい……」と考えている人には、うってつけの退職代行サービスです。

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

即日退職するための手順

即日 退職代行 手順1.申し込み

退職代行サービスには、無料相談の申し込むフォームが設けられています。
まずは無料相談の窓口から連絡をしましょう。

多くの退職代行サービスは、LINE・メール・電話から連絡をとることができます。

依頼する業者の公式サイトを見て、どの方法が一番レスポンスが早いのか確認してくださいね。
特に記載がない場合は、電話が一番てっとり早いでしょう。

「即日退職がしたい」ということを伝えると同時に、退職に関する要望も事前に共有しておくと、よりスムーズに進められます。

2.料金の振込

申し込み内容をよく確認し、問題がなければ退職代行サービスの方から料金の支払い方法が案内されます。
だいたいは、振込先の口座を教えられるはずです。

金額に間違えがないように、振込を行いましょう。

あらかじめ、支払いの確認にどれくらい時間がかかるのか聞いておくと、心の準備ができますね。

即日退職を依頼する場合は急を要するので、領収書の写真を送るなどして、確認を終えることもあります。

3.サービス実施

料金の振り込みが確認され次第、退職代行が実施されます。

退職に必要な連絡は全て退職代行サービスが代わりに行ってくれるので、あなたは完了するまで待つだけでOKです。

待っている間、どのように事が進んでいるか気になるという人は、定期的に退職代行サービスに連絡をしましょう。

退職代行が完了するまでは、退職代行サービスは何度でも無料で相談をすることができます。

退職代行前に準備しておくと良いこと3選

退職代行 即日 準備退職代行自体はなんの準備がなくとも実行可能です。
ですが、できればやっておきたい3つのことを紹介していきます。

少しの準備をするだけで、即日退職の成功率をさらに高めることができるので、ぜひ参考にしてください。

退職届の準備

退職届は、退職代行サービスに依頼した後に作成することも不可能ではありません。

しかし、事前に作成しておいた方が、トラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。

というのも、退職届は「自己都合退職」を証明する重要な書類だからです。
退職代行を実行した後に、会社の一方的な判断で「解雇」とされてしまったら転職の際にかなり不利になってしまいます。

きちんと会社に退職届を受け取ってもらうためにも、先に用意しておいてくださいね。

ブラック君
ブラック君
「退職願」でも良いの?

退職の神様
退職の神様

退職代行サービスに依頼をする時には「退職願」よりも「退職届」の方が適切です。

「退職願」は退職の可否を会社に委ねる書類ですが、「退職届」は会社の都合に関わらず退職するという意思を示すことができる書類です。

ただ、「退職届」は承諾された時点で撤回ができないことを、忘れないようにしましょう。

有給日数の確認

特に有給消化を考えている人は、あらかじめ自分の残有給日数を確認しておくことをおすすめします。

有給の支払いは、会社の義務です。
請求することができれば、会社は拒否することができません。

【有給の申請方法】バイトも有給は取れる?意外と知らない有給の基本ルール

しかし、退職の意思を伝えた後だと、退職代行サービスが利用者の残有給日数を確認できない場合があります。

「スタッフの有給については個人情報なので教えられません」と一蹴されてしまうことがあるためです。

残有給日数が分からなければ請求ができないので、消化できるはずの有給が使えなくなってしまいます。

そうならないためにも、自分の有給日数をきちんと確認しておくと良いでしょう。

返却物をまとめておく

勤務中に会社から借りていたものは、ロッカーや机の中などにまとめておくと良いでしょう。

具体的には、

  • 健康保険証
  • 社員証・名刺
  • 社内資料
  • 会社の経費で購入した備品

といったものです。

退職後に退職代行サービスに郵送を頼むこともできます。

しかし、窃盗情報漏えいを疑われないようにするためにも、事前に会社に置いておくことがおすすめです。

退職時の荷物整理はどうするべき?簡単に分かるチェックリストを紹介

即日退職は無責任?大事なのは心身の健康

退職代行 即日 非常識

「やっぱり即日退職なんて失礼じゃないかな……」と、なかなか踏み出せない人もいるでしょう。
確かに、「即日退職なんて無責任だ」という反対意見もあります。

しかし、最も大事なのは自分の心と体の健康です。

この記事を読んでいるあなたは「このままじゃ自分がダメになってしまう」と思ったからこそ、即日退職を考えているのではないでしょうか。

周りに非常識と言われてしまっても、批判が気になるのは退職時だけです。

[Q&A:退職代行は非常識?]

「周りの人がどう思うか」ではなく「自分の人生において今の仕事を続けるべきかどうか」を考えてくださいね。

法律に詳しい退職代行サービスで今すぐ会社をやめよう

法律 退職代行サービス

即日の退職代行には、気にするべき法的ルールが沢山あります。
知らなければ、違反行為をしてしまったり、会社の脅しに屈してしまう可能性も少なくありません。

そこで頼るべきなのは、法律に詳しい退職代行サービスです。

即日対応している退職代行サービスまとめ」の項でも解説しましたが、法律の専門家が関わっている退職代行サービスは多数あります。

他にもこの記事では、

  • 想定できるトラブルと対処法
  • 退職代行前にやっておくべきこと

というような、即日退職を成功させるノウハウも紹介してきました。

ぜひ参考にして、いち早く嫌な会社と縁を切ってくださいね。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。