【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職代行のQ&A

退職代行は非常識で迷惑?そんな意見は無視するべき理由を教える

本人に代わって退職の意向を会社に伝えてくれる「退職代行」を利用する人が増えてきています。

退職代行を使えば、その日のうちに退職が可能。
会社を辞めたい人にとっては夢のような話である一方、退職代行には批判的な意見も多くあります。

  • 会社を辞めるときは自分で言うべき
  • 引き継ぎもせず辞めるなんて非常識
  • 退職代行で辞めるやつは転職先でもまた辞める

あなたもこんな思いを抱えて退職代行を使うか迷っているのではないでしょうか?

しかし、退職代行で辞めることは非常識なことではありません。批判的な意見もありますが、何一つ気にする必要はないのです。

この記事では退職代行で辞めるのは非常識なことではない理由をひとつずつ解説していきます。

退職代行は非常識?そもそも退職自体が迷惑をかける行為

確かに退職代行で即日退職するのは会社にとって迷惑なことでしょう。会社からしてみれば突然退職の意向を伝えられ、社員が来なくなるんですからね。

事前に申し出を受けていれば引き継ぎなどの準備もできますが即日退職だとそれもできません。一般的な退職の流れから考えると非常識な行為に当たります。

ですが、そもそも退職をすること自体が会社に迷惑をかける行為。即日だろうと一ヶ月後だろうとそれは変わりません。

私は新卒で入社した印刷会社を4年で退職しました。
自分で退職の意向を伝え引き継ぎもしましたが、誰かが休んだら負担がかかるような状態で仕事をしていたので私の退職が会社にかけた迷惑は大きかったことでしょう。

また「引き継ぎをしてから会社を辞めるべき」という意見もありますが、私の実感として一ヶ月で十分な仕事の引き継ぎをするなんて不可能です。

個人の伝え方によっても差はありますが、それでも仕事の基本的なことしか伝えられません。
なので結局は他の社員の人が仕事を教え、引き継ぎをしていくことになります。

一般的な退職の流れを踏もうが即日退職しようがそこまで変わらないのです。

そもそも退職代行についてあれこれ言うのって、退職経験がなかったり会社で精神的に追いつめられたことがない人たちばかり。

つまり、仕事や会社について真剣に悩んだことがない人です。

会社にかける迷惑より、自分の体を優先しよう

退職代行で即日退職されるのは会社に迷惑をかけます。
しかし退職にあたって考えるべきなのは会社の今後ではなくあなた自身のことです。

退職するなら自分で意向を伝えるというのが一般的ですが、それすら出来ない・したくないということはかなり追い詰められている状態。その原因を作った会社の責任は大きいです。

確かに退職によって会社は穴埋めをしなくてはいけなくなりますが、これは会社の問題であってあなたが考えるべきことではありません。

それにもしあなたが会社の今後を気にして働き続け、うつ病にでもなったら大変です。
治療によって治る病気ではありますが時間がかかりますし、転職と休職どちらを選ぶとしてもあなたの未来に悪影響を及ぼします。

さらには自殺の衝動に襲われて最悪の結果につながってしまうかもしれません。そんなことになるくらいなら退職代行を使ってでも会社を辞めるべきです。

仕事はあくまで生きるための「手段」であって「目的」ではありません。
身体や心を壊してまで続ける意味はないはずです。

退職代行で辞めても逃げ癖はつかない!

「退職代行で辞めると逃げ癖がついてすぐ会社を辞めるようになる!そんなやつは次の会社でも同じことだ!」

退職代行にはこのような意見もあります。しかし本当にそうなんでしょうか?

実際のところ、退職代行を使った人がその後何度も退職をしているという情報はありません。このような批判は退職代行に否定的な人が想像で口にしているだけです。

今は求職者よりも求人数が上回っている状態で働き口がたくさんあります。仮に今の会社を数ヶ月で辞めたとしても、次の会社で仕事を続けていけばいいんです。

退職するのは会社もしくは職種が合っていなかっただけのこと。自分に合った仕事を見つけられれば長く働いていけます。

ただ退職するときにはその原因と、それを防ぐために自分が出来ることはなかったのか?ということを考えてもらいたいです。

退職代行を使うくらい追い込まれているのであれば、会社にも問題がかなりあるでしょう。
しかし、自分自身になんの落ち度もないというケースはほとんどありません。
思い返してみると、少なからず自分にも反省すべき点が見つかるものです。

たとえば私が4年働いた会社を退職したのは職場の人間関係で疲弊したことが原因です。
もともと社員同士の仲は悪かったのですが、私自身も他の社員とのコミュニケーションを避けていた部分がありました。自分で人間関係をさらに悪くし、疲弊しやすい状態を作っていたのです。

今の職場ではその反省を活かしてコミュニケーションを大切にしており、そのおかげもあってか職場での人間関係は良好です。
しかし、もし退職の原因をすべて会社に求めていたら、今の会社でも人間関係で疲弊することになったかもしれません。

逃げ癖がつくのは退職代行を使うからではなく、退職の原因を正しく見つめないからです。
きちんと原因を見つめ改善していければ退職代行で辞めようと逃げグセがつくことは決してありません。

退職代行を使った人の体験談

迷惑をかけずに退職代行で辞める方法

どんな形であれ退職すれば迷惑がかかりますが、出来る限り最小限に抑えることは大切です。少々難しいですが、退職代行を使っても迷惑をかけないようにすることはできます。

退職による仕事への影響を考えて、引き継ぎをスムーズに行うためのメモを作っておくといいでしょう。
エクセルやワードで作成すると便利ですが、これらが使えないのであれば紙に書くのでも大丈夫です。

引き継ぎメモに書いておくといいのは以下の3点。

  1. 仕事内容
  2. 今の問題点など伝えておくべきこと
  3. 重要なファイルなどがあればその保管場所

このようなメモを用意していれば会社に誠意が伝わるはずですし、他の社員さんも引き継ぎを行いやすくなります。
メモは郵送するのでもいいし、退職代行業者にお願いして会社に渡してもらうことも可能です。

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。