【無料】退職の神様LINE@ 有給と失業保険を受け取りやすくする資料配布中
退職に関する常識

退職を伝えるタイミングはいつがベスト?会社のために1~2ヶ月前に!

「退職したいけど、どのタイミングで伝えるのがいいかわからない」

円満に退職するためには、会社に退職を伝えるタイミングは非常に重要です。
伝えるタイミングを間違えるだけで、綺麗にまとまるはずだった退職が、引き止めにあったり、避難を浴びるようなものになりかねません。

もっとも大切なのは、会社側の立場に立って考えることです。
「どんなタイミングで退職されたら嫌なのか」「いつ伝えれば迷惑にならないか」を意識するようにしましょう。

今回の記事では、

  • 円満に退職するための退職を伝える理想のタイミング
  • 退職の2週間前に伝えても良い3つの場合
  • 退職の話を切り出す時に意識するポイントと例文

について説明していきます。

退職を会社に伝えるタイミングが分からずに悩んでいるなら、これを読めば解決するので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、有給消化で実質無料になるだけでなく、転職エージェント利用で3万円キャッシュバックを受けれる退職代行サービスを利用したい方はこちらをどうぞ!

有給消化で実質無料!転職成功で3万円キャッシュバック

辞めるんですで今すぐ退職

退職代行辞めるんですの評判・口コミ・料金を調査!顧問弁護士監修の安心して利用できるサービス

退職を伝えるタイミングの理想は2ヶ月前!遅くても1ヶ月前までに

まず一般的にもっとも企業側がありがたいのは、退職日の2ヶ月ほど前に退職の意思を伝えることでしょう。

ブラック君
ブラック君
なんでそんなに早く伝える必要があるの?

退職の神様
退職の神様
会社側が、あなたが抜けた後の業務の引き継ぎや、全体のスケジュールの調整人員の補充のために時間が欲しいからです。

 

ですが、2ヶ月前と言ってもなかなか難しい場合も多いでしょう。
あなたが役職のない一般社員であれば、最悪1ヶ月あれば、「急すぎる!」と言われてトラブルになることはありません。

ただし役職を持っている社員は補充が簡単ではないので、やはり2ヶ月前には申請するようにしてください。

 

理想としては退職希望日の2ヶ月以上前、遅くとも1ヶ月前には伝えるようにしましょう。
1〜2ヶ月あれば人員補充のために求人を出す期間としては十分です。

大企業ほど早めに退職の希望を伝えるべき

当然、どれくらい早めに退職の希望を伝えるべきかは、会社や職種・業種によって変わってきます。

ですが一般的に、大企業であるほど意思決定に時間がかかるので早めに伝えるように意識しましょう
というのも、大企業であれば、人員がひとり欠けた時の対応、誰を異動させるかなどについて、上層部でいちいち相談する必要が出てくるのです。

中小企業やベンチャーは1ヶ月前でも基本的には大丈夫!

反対に、中小企業やベンチャー企業では、会社全体に余裕があるわけではないので、ひとり欠けると大変です。
すぐに求人を出して人員を確保するなどの緊急な対応が必要になります。

ですが幸い、規模が大きくない企業の方が意思決定は早いので、1ヶ月あれば十分対応できるでしょう。

退職を伝える時期は会社の繁忙期と年末年始を避ける

退職希望日の1~2ヶ月前に伝えるべきと説明しましたが、合わせて気をつけるべきポイントがあります。
それは繁忙期や年末年始など、会社が忙しくなるタイミングに伝えるのは、絶対に避けるということです。

 

ブラック君
ブラック君
忙しい時期に辞めるがよくないことはわかるけど、どうせ辞めるんだから良くない…?

退職の神様
退職の神様
いいえ、違います。これらの時期に退職を伝えると、会社にとって迷惑なだけでなく、退職する側の自分にもリスクが大きいのです。

というのも繁忙期や年末年始は、忙しさから社内が全体的にピリピリしています。
このような空気の中で「退職したいです」なんて言ったらどうでしょうか?

上司に嫌がられるだけでなく、同僚からも「忙しいのになんであいつだけ…」など思われてしまうでしょう。

しかも、「忙しいからまた今度」といって流されやすいです。
そして一度うやむやにされてしまうと、2回目の退職の希望は1度目よりも大変なものになります

 

もちろん制度的に、繁忙期でも退職は不可能な訳ではありません。
ですが、あなたが辞めるとなると、ひとり人員が足りなくなるだけでなく、欠員補充などさらに仕事が増えるハメになります
ただでさえ忙しい上司や同僚からしたら、そんなことさせたくはありません。

後腐れの残らない円満退職のためには、繁忙期・年末年始などの時期は避けるようにしましょう。

法律的には退職の2週間前に伝えるでもOK!

理想の退職申請時期は1~2ヶ月前ですが、法律上では最短で2週間前に申請をすれば退職が可能となっています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
(民法627条1項)

民法上にこのように記載されているように、退職することは労働者の権利でもあります。
なので退職すること自体に引け目を感じる必要は一切ありません。

 

ただ、いくら法律で規定されているからと言っても、直前に伝えられても会社側の迷惑になることには違いないので、極力避けるようにしてください

ルールというよりもマナーやモラルの問題でしょう。
お世話になった会社に迷惑のかからないようにするのが、円満退職への一番の近道です。

退職の直前になっても仕方のないパターン3選

ブラック君
ブラック君
そんなことは言っても、やっぱり直前の申請になるのが許されるケースってないの?法律上では2週間ってなっている意味がないじゃん…

退職の神様
退職の神様
その通りで、直前にの退職希望になってしまっても仕方ない場合もあります。そういう場合は無理して1ヶ月待たずに、多少迷惑になってしまってもさっさと退職してしまいましょう。

すぐに退職しても仕方ないパターンを具体的に3つ紹介しますね。

  1. 健康や精神状態に影響しそうな場合
  2. 転職先の会社がすぐに来てほしいと言っている場合
  3. 会社や上司が退職を認めてくれない場合

それぞれについて詳しく説明していきます。

健康や精神状態に影響しそうな場合

まず第一に、あなた自身の健康や精神状態に悪影響を及ぼしそうな場合は、会社を辞めたいのであれば、すぐにでも辞めてしまいましょう

会社側に多少の迷惑がかかるとはいえ、あなたの健康には代えられません。
自分の身体を最優先にしてください。

このように健康に影響が出るような場合は、十中八九会社側にも何らかの責任があります。
よくあるものだと、いきすぎた長時間労働や、上司のパワハラ職場環境の悪さなどですね。

そのような環境に我慢し続けた結果、過労で倒れてしまったり、うつ病になってしまう事例はいくらでもあります。
体調を崩してからでは遅いので、このような兆しが見えたら、円満退職を諦めてでも退職を申請して2週間でさっさと辞めてしまいましょう

転職先の会社がすぐに来てほしいと言っている場合

二つ目のパターンとして、転職先が決まっていて、そちらの会社が1ヶ月以内に来て欲しいと言っている場合です。

新しい会社に呼ばれているのであれば、仕方がありません。
元々の会社よりも、これからあなたが勤めていく会社の要請に答えるようにしましょう

先ほどまでと矛盾するようですが、元々勤めていた会社はどうせもう辞めるのですから、そう割り切って諦めましょう。
可能な限り辞める会社のためを思うべきですが、あくまでそれは「した方が良い」ことです。

天秤にかけたときに、これからのあなたがお世話になっていく新しい会社を優先させることは当然でしょう。
「次の会社の緊急の要望で」と伝えれば、今の会社も諦めてくれるはずです。

会社や上司が退職を認めてくれない場合

ブラック君
ブラック君
上2つに当てはまらないけど、会社に引き止められるんだよ…「今は忙しいから今度にしてくれ」って…

退職の神様
退職の神様
退職を引き止めた上で、なかなか退職させてくれない場合も2週間前に伝えて辞めてしまってもかまいません

本当に会社が繁忙期で、そのタイミングであなたに辞められると困る場合もあるでしょう。

ですが、もし今すぐが厳しいなら具体的にいつまでに退職させてくれるかをハッキリさせておくべきです。
引き止められてなあなあで残ってしまうと繁忙期を過ぎても、会社を辞めるタイミングを逃してしまいます。

「もう少し残ってくれ!」と頼まれているところ、「じゃあ○月○日までには辞めますよ」と強く出るのは心苦しいでしょう。
ですが、あなたの希望は退職なのですから、頼まれたとしても、せめていつまでに退職するかはその場で決めるようにしておきましょう

もしそれをさせてくれない会社や上司ならば、自分のために思い切って2週間後に辞めてしまいましょう

【例文あり】退職を伝える際の言い方と気をつけるポイント

実際に伝える際のポイントは、

  • 最初に直属の上司に伝える
  • アポを取って1対1でしっかりと伝える
  • 会社と上司への感謝を伝える
  • 退職の理由は必ず個人的事情を使う
  • 転職先は言わなくてOK!

です。円満退職のためにも、これらに気をつけるようにしましょう。

 

特に退職の理由に関しては、必ず個人的事情を使うようにしてください
会社を原因にして辞めようとすると、印象が悪くなり円満退職が難しいですし、退職を引き止める理由を与えることになります。

例えば、

  • 給料が安い → 「昇級を考えるから」
  • 残業が多い → 「減らすように社内で検討するから」
  • 職場の人間関係 → 「部署を異動にするから」

のように引き止められます。しかもそこで残ったとしても、その約束が果たされる保証はどこにもないので気をつけましょう。

このような無駄な引き止めに合わないためにも、

  • 親の介護
  • 引っ越し
  • 家族の都合

などの個人的事情を使うようにしましょう。
ここまでプライベートな理由があると、会社側も強く反対はできません

どうしてもこれらの理由が思いつない場合は、「一身上の都合」だけで押し通しても大丈夫です。
退職の際に退職理由を言わなくてはいけないという決まりはありませんから、安心してください。

 

ブラック君
ブラック君
なんでもいいから例文を教えてよ!

退職の神様
退職の神様
では、誰でも使いやすい例文を載せておくので、思いつかなければこれをそのまま利用してみてくださいね

まずは直属の上司にアポを取ります。

相談したいことがあるのですが、本日30分ほどお時間いただけないでしょうか?

実際に上司と2人になった時の切り出し方です。

お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。
早速ですが、本題に入らせていただきます。実は、会社を辞めようかと思っております。

至らぬ点ばかりであった私に様々な指導をしてくださり、非常にお世話になった上司さんにも感謝してもしきれません。ですがこの度、実家にいる母の体調が悪くなり、どうしても帰って母を支えながら生活したいと思っております。
誠に身勝手で申し訳ありませんが、退職させていただきたく存じます。

親の介護は、比較的誰でも利用しやすい退職の理由でしょう。

直属の上司に1対1で伝える、上司や会社への感謝を伝える、転職先は言わない、などの上で説明したポイントもしっかりと守られていますね。

会社の迷惑にならないように直前に退職を伝えるのは避けておこう

「会社を辞める」と伝えるタイミングについて紹介しました。
会社側が引き継ぎや人員の補充を行う時間のために、1〜2ヶ月前に伝えるのがベストです

ですが、

  • 健康や精神状態に影響しそうな場合
  • 転職先の会社がすぐに来てほしいと言っている場合
  • 会社や上司が退職を認めてくれない場合

これらのような状況では、法律的には2週間前に伝えれば問題ないので、伝えて2週間後にすぐ辞めてしまって構いません。

会社の都合も考えて基本的には円満退職を目指しますが、自分の生活や健康、次の職場の要望などを優先させることは忘れないでください。

 

もし自分で連絡して辞めるのが難しければ、退職代行サービスを検討してみてください
退職代行サービスなら、LINEやメールで電話するだけで、翌日から出勤しなくても大丈夫です。
会社への退職の連絡をはじめ、退職業務を全て代わりに行なってくれます

また、有給を利用することで実質無料で退職代行を利用できます。

「直前になってしまったけど、一刻も早く辞めたい」
「なかなか会社が辞めさせてくれないので困っている」
「会社の退職の手続きなどが面倒」

こんな悩みを持っている方にはピッタリのサービスになっています。
相談だけなら無料でできるので、興味があればまずは連絡してみてくださいね。

即日対応だから明日から出社しなくてOK!

EXITで今すぐ退職

退職代行サービスEXITの口コミ・評判・料金・サービス内容をまとめて紹介

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

 

1位 取得率97%の有給サポートが無料!「辞めるんです」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
辞めるんですの特徴

  • 3万円で顧問弁護士の指導を含めた退職代行の依頼が可能
  • 有給サポートが手厚い!
  • お客様満足度で1位を獲得してる安心感

当サイトでは退職代行選びに迷ったら、辞めるんですをおすすめしています。

辞めるんですには有給サポートが付いており、有給サポートを利用した有給取得率は97%と、非常に高い確率で有給を取得できる実績があります。有給を取得すれば、退職代行費用を実質無料で受けられるようなものなので、費用がネックで決断できない人にとっても嬉しいですね。

また、辞めるんですはリサーチ会社による調査で、顧客満足度1位を獲得しているのも魅力の1つ。みんなが満足して利用できているということは安心してお任せできる証拠でもあります。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

2位 創業14年の老舗!業界No.1の「ニコイチ」

※2019年5月30日更新

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
ニコイチの特徴

  • 心理カウンセラー在籍で悩み相談しやすい
  • 退職代行業6年で培った知識とノウハウがある
  • 4,000件の豊富な実績だから安心

ニコイチは、業界で一番初めに退職代行をスタートさせているため、他の業者には負けない豊富な退職実績があります。6年前から今まで4,000人の退職を代行してきていますが、一度も失敗はありません。これまでに培った退職の知識やノウハウで退職のプロがあなたの退職を手助けしてくれます。

また、心理カウンセラーも在籍しているため、退職に関する悩みを聞いてほしい方におすすめです。

料金29,800円28,000円
受付時間7:00~20:00
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

ニコイチの詳細記事公式ページ

3位 業界の中でも圧倒的な安さ!「SARABA」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
SARABAの特徴

  • 24時間対応で即日の退職にも対応!
  • 行政書士が担当してくれるので安心
  • いつでも業界最安値の一律29,800円

次の仕事もまだ見つかってないし、なるべく費用をかけずにお願いしたいという方にはSARABAがおすすめです!
他の業者はキャンペーン価格で3万円になる事はありますが、SARABAではいつでも一律29,800円で受け付けており、その他一切オプション料金もかかりません。

ただ料金が安いからと言ってサービスの質が良くないわけではなく、行政書士が対応してくれるので安心してお任せできます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。