【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職に関する常識

仕事を飛ぶのはあなたではなく会社のせいだ!安全に飛ぶ方法を伝授

  • 「会社に行くのが辛すぎる」
  • 「辞めたくても辞めさせてもらえない」
  • 「今すぐにでも会社を辞めたい」

あなたは色々な仕事の悩みを抱えてこの記事を読んでいると思います。

この環境から抜け出すために、もしかしたらあなたも1度は「仕事を飛ぶ(バックレる)」ことを考えたことがあるかもしれません。

そこで今回は、仕事を飛ぶことのメリットとデメリットを明示しながら、明日にでも仕事を辞めたい場合はどうすれば良いかについて解説していきます。

後ほど詳しく説明しますが、確実かつ安全に明日からでも会社を辞める方法はあります。ぜひ最後までお読みください。

正社員が仕事を飛ぶのは悪いことなのか?

ブラック君
ブラック君

もう限界だ…
けど仕事を飛ぶなんて、人としてどうなんだろう…

退職の神様
退職の神様

たしかに迷惑がかかる行為ですね。
けど、そこまであなたを追い詰めた会社にも原因があるのでは?

もしアナタが会社を経営者だとして、仕事を飛ばれたらムカつきますよね。会社には迷惑がかかるし、シフト次第では代わりに働かないといけないことになるので非常に迷惑だと思います。

しかし、だからと言って仕事を飛ぶことは悪いことではありません。

しかし、あなた目線で見ると状況は変わります。もし以下のような問題がある場合、責任はアナタではなく会社にあると言えるでしょう。

  • 給料が発生しない時間外労働
  • パワハラ・セクハラなど
  • 絶対に終わらせることができな仕事量

働いているうちに環境が変わる可能性があるならOKですが、改善の見込みがない職場は居ても疲弊してストレスが溜まるだけですよね。

 

またブラック企業に勤めている人は価値観がねじ曲げられている場合もあります。

  • 出勤1時間前にくるのが当たり前
  • 残業代が出ないのは当たり前
  • 体育会系のノリと言ってパワハラ系の行為は当たり前

このような行為を当たり前にしている会社はたくさんあります。

こういった職場では、仕事が上手く回らず会社の責任であっても「お前の責任だ」と押し付けられます。会社の雰囲気もそれを当たり前だと思っているケースもありますね。

体に鞭をうって頑張って働いて体を壊したとしても会社は助けてくれません。ストレスで体調を崩しても「お前の体調管理が悪いだけだ」と怒られるでしょう。

仕事を飛ぶのは社会人失格なわけではありません。
「自分を守るための正しい防御反応」だと思って大丈夫です。

正社員が仕事を飛ぶメリット・デメリット

「明日から会社には行かない」

そう決めても、やっぱり怖いなと漠然とした不安がありますよね。仕事を飛ぶことで生まれるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

正社員が仕事を飛ぶメリット

  • 会社に行かなくて済む
  • 精神的な余裕ができる
  • 新しいことに挑戦する時間ができる
  • 責任感から一気に解放される

当たり前ですが、もう会社にいく必要がないので、精神的な苦しみから解放されることができます。また、時間ができるとチャレンジする意欲も生まれてくるのでおすすめです。

正社員は責任感がある立場なので、その束縛から解放されます。目に見えないストレスがなくなるのは想像以上に大きいですよ。

正社員が仕事を飛ぶデメリット

  • 懲戒解雇処分になる可能性がある
  • 離職票が受け取れないor時間がかかる場合がある
  • 有給や退職金などが受け取れない可能性がある
  • 損害賠償を請求される可能性がある

正社員が仕事をバックレてしまった場合、すぐに退職となるわけではなく、まずは無断欠勤扱いになります。

しかし、無断欠勤が2週間も続くと、会社はその社員を懲戒解雇にすることができます。懲戒解雇は自己都合、会社都合の退職と違い、重責解雇となり、あなたに大きな悪影響を及ぼします

また懲戒解雇となった場合、ほとんどの会社では退職金が不支給となってしまいます。

入社して3年以内であればもらえない場合がほとんどですが、4年以上となれば捨てるにはあまりにももったいない金額。

また転職活動にも悪影響を及ぼす可能性が高くあります。

懲戒解雇であることを言わない限り大丈夫ですが、離職票や退職証明書が無いためバレる可能性があります。

だからといって、面接で退職理由を聞かれた際に懲戒解雇であったことを言うと、まず受からないです。

これほど懲戒解雇になるということは重いものなのです。

男性の口コミ
男性の口コミ

懲戒解雇怖すぎる…
じゃあ結局仕事を飛ぶなんてできないじゃん!

退職の神様
退職の神様

安心して!
この後に、懲戒解雇にならずに明日から会社を辞める方法を紹介します。

本当にすぐに会社を辞めたい場合は飛ぶのは辞めて退職代行を使おう!

すぐにでも会社を辞めたい人は仕事を飛ぶのではなく、退職代行を利用しましょう。退職代行とは、退職したい人に代わって退職の意思を伝えるサービスです。

このサービスを使えば、ちゃんと退職の意を会社に伝えていることになるので、無断欠勤扱いにはなりません。

また。ブラック企業などの労働上問題のある会社では、退職したいのに辞めさせてくれず、退職届けを受け取らず破り捨てたりするなどの事例もみられます。

しかし、ほとんどの退職代行サービスは退職の成功率が100%です。問題ある企業でもしっかりと辞めることができます。

上のデメリットでも話しましたが、正社員が仕事を飛ぶデメリットは計り知れないほど大きいです。

仕事を飛ぶくらいなら退職代行を利用して、問題なく会社を退職しましょう。

辞めるんですで今すぐ退職

仕事を飛ぶと会社からの告訴などはあるのか?

ブラック君
ブラック君

けど、退職代行サービスってどうして即日退職できるの?
会社から訴えられたりしないか心配です…

退職の神様
退職の神様

その心配はありません。
退職代行の会社に取材したい際も、今まで訴えられたケースは1回もなかったとお答えいただきました。

その理由も説明するわ!

ごく稀に悪質な会社は「勝手に会社を辞めるなんて違法だ!損害賠償を請求する!」と脅してくるケースがあります。

ですが、違約金制度に関しては「労働基準法16条」にも禁止しているのです

なので、損害賠償を請求する場合は、具体的に「どのような損害があったか立証する必要」があります。

このため、訴えられる可能性は極めて低いと言えます。
なぜなら裁判にかかる費用や手間を考えると元が取れないどころか、残業代の未払いなどの問題があった場合、逆に会社が訴えられ可能性もあります。

なので、退職代行を利用して会社に退職の意を伝えれば、問題なく辞められることがほとんどです。

退職代行で引き継ぎせずに辞めても大丈夫!懲戒解雇や損害賠償についても言及

会社が嫌なら正社員でも今すぐ仕事を飛ぶべき

もし会社が嫌でストレスが精神的に擦り減っている状態なのであれば、今すぐにでも退職代行を利用しましょう。
ストレスを抱え続けたまま働く必要はありませんからね。

あれこれ自分以外の誰かのことを考えて時間を無駄にする必要はありません。自分のこれからの人生のことを考えてみて下さい。

以下、私からの最後のメッセージです。

即日退職という行為は合理的

退職代行を使うと会社の人から悪評がつくかもしれません。しかし、そもそもやめようとしている会社の人に何か言われても気にする必要はありません。

  • 給料が発生しない時間外労働
  • パワハラ・セクハラなど
  • 絶対に終わらせることができな仕事量

もしこのような問題がある会社に勤めているのであれば、辞めたいと思うのは必然的な発想であり、何も間違っていません。

もし今すぐ会社を辞めてでもしたいことがあるなら退職してしまった方がいいでしょう。その方がきっと自分も幸せになれます。

あなたが仕事を辞めても会社は回る

よく「お前が辞めたら、仕事が回らないだろ!」と言っている人がいますが、基本はどうにかして会社は回っています。

バイトの人が飛ぶ感覚と同じで、どうにかなるのです。

会社において「個人」の存在はそのくらいのもの。いなくなっても新しい人を入れてまた会社のシステムは回っていくのです。

なので「仕事を飛んだら会社に迷惑がかかる…」なんて1ミリも心配する必要はありません。普通に今日も明日も歯車は回り続けます。

 

ここまで読み進めて、今すぐ退職をしたい意思が固まった人は、ぜひ退職の手続きをしてもらえる退職代行サービスにお願いするのが良いでしょう。

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。