【全35社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職に関する常識

退職代行で引き継ぎせずに辞めても大丈夫!懲戒解雇や損害賠償についても言及

退職代行を使って会社を辞めたいけど「引き継ぎせずに辞めたら損害賠償請求されたりしないかな?」と心配になる方もいると思います。

結論から言うと引き継ぎせずに退職代行を利用しても大丈夫です。

そこで今回は退職代行を使って、引き継ぎせずに辞めた場合の

  • 損害賠償請求や懲戒解雇にされる可能性
  • 退職金はもらえるのか
  • 会社に行かずに引き継ぎをする方法

について解説していきます。

引き継ぎが障壁となって退職代行の利用をためらっている人はぜひ参考にしてください

退職代行を使って引き継ぎなしで辞めることは可能!

実際、退職代行を使って引き継ぎをせずに辞めた人はたくさんいます。また退職時に引き継ぎをしなければならないという法律もありません。

民法627条にもあるように、退職の申し出をすれば会社を辞めることは可能なんです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

退職代行で損害賠償請求される可能性はほぼない

「引き継ぎなしで退職できたとしても、無責任だと思われて損害賠償されてしまうかも」と心配になるかもしれません。

ですが、引き継ぎなしで退職したことを理由に損害賠償される可能性は極めて低いです。

たしかに会社側は退職者に損害賠償を求めることができないわけではありません。

しかし、損害賠償を請求するには費用だけでなく「引き継ぎをしていないこと」や「会社への損害」について立証する必要があり、かなり手間がかかります。

退職した1人にわざわざ損害賠償を求めるために裁判をすることは、会社側にもほとんどメリットがないので、考えにくいですよね。

また下記のように、法律事務所のサイトでも損害賠償は難しいと書かれています。

引き継が一切なされなかった場合、労働者の義務違反を問うことができるとしても、引継ぎ未了と損害との間の因果関係については、使用者が立証しなければならず、それには困難が伴います。さらに、「”この労働者のみに責任がある損害額”はどの程度か」の算定や、その立証も難しく、会社が希望する金額を全額請求するというのは現実的にはかなり難しいといえます

引用:https://www.loi.gr.jp/knowledge/businesshomu/homu04/houmu09-05-10.html

引き継ぎしないことで懲戒解雇にされる可能性もほぼない

会社側が退職を取り消して、懲戒解雇にすることも可能ではあります。しかし、引き継ぎなしで退職したことを理由に懲戒解雇される可能性も極めて低いです。

懲戒解雇は就業規則の中で最も重い処分になります。

懲戒解雇になる例としては横領や重大なセクハラやパワハラなどが相当します。

「引き継ぎをしなかったから」という理由で懲戒解雇にするには重すぎる処分になるので、不当解雇とされて解雇無効となるでしょう。

下記の特定社会保険労務士の方のコメントでも詳しく説明されています。

懲戒解雇は就業規則の中でも最も重い制裁規定で、明らかに違法行為を行ったなど、社会常識からみてもなるほどと誰もが納得できるほどの合理的な理由がない限りは認められません。

引用:https://taisyoku-trouble.com/taisyoku-faq05.html

退職代行を使って引き継ぎなしでも退職金もきちんともらえる

引き継ぎをせずに退職したことを理由に退職金を支払わないというのも、やはり重すぎる処分として認められません。

今までの労働分の対価として、退職金は支払われるはずなので安心してください。

退職代行サービスの「辞めるんです」の公式サイトにも、給料や退職金は必ず受け取れると記載してあります。

給料は労働の対価であるため必ず受け取れます。給料の支払いが手渡しである場合はご相談ください。

※稀ですが会社が退職金の支払いをごねたり、減額して提示してくる恐れもあります。もし心配な方は法律事務所が行なっている退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行を使って引き継ぎをする方法

退職代行を使って引き継ぎなしで辞められることはわかったと思います。

とはいえ、引き継ぎをせずにいきなり会社を辞めることに罪悪感を感じてしまう人もいるはず。

会社にはもう行きたくないけど簡単に引き継ぎくらいはしておきたいという人は、引き継ぎのメモを作っておきましょう。

その引き継ぎメモを退職代行サービスを通じて会社に渡すこともできます。仕事の内容や重要ファイルの場所などを記載する程度でいいでしょう。

退職代行を使って引き継ぎせずに退職しても問題ない!

仕事をバックレてしまった男性

退職代行を使って引き継ぎなしで退職したことを理由に損害賠償を請求されたり、懲戒解雇になる可能性はほとんどないということがわかりました。

「退職代行を使って辞めたいけど、引き継ぎとかどうしよう」と悩んでいた方は引き継ぎの簡単なメモだけ作って、退職代行者に渡してもらい、スムーズに退職するのがベストですね。

退職代行を使って辞めるまでの流れ

最後に退職代行を使って退職するまでの流れについて紹介いたします。
今回は退職代行ニコイチさんを例に紹介しています。

1. 相談

ニコイチさんHPにアクセスします。

電話・LINE・メールのいずれかで相談できます。
現在の状況、どのように退職をしたいのか相談に乗ってくれますよ。

24時間 365日対応してくれるので今すぐ相談可能なのも嬉しいところ。

2. 料金の支払い

退職することに決まったら、料金を支払います。料金は一律3万円で追加料金はありません。

クレジットカードも使用可能です。

ステップ3. 退職代行の開始

料金の支払いを確認後、あなたと電話にて最終の打ち合わせを行います。

ここまでであなたの作業は完了。
連絡や退職の手続きなどSARABAが全て代行してくれます。

ステップ4. 退職完了

ニコイチがあなたの会社に電話。
退職が完了するまでも、無料&回数無制限で相談&対応をしてくれます。

こうして無事に退職完了です!

ニコイチで今すぐ退職

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。