【無料】退職の神様LINE@ 有給と失業保険を受け取りやすくする資料配布中
退職に関する常識

会社を円満に辞めるための言い方は?退職の際にそのまま使える例文集

「退職しようと思うけれど、なんて切り出せばいいのかわからない」
「辞める時は嘘をつくべきなの?本当の理由を話すべきなの?」
「引き止められても退職できる自信がなくて不安…」

退職を考えても、こういった悩みを抱えて、なかなか切り出せない人は非常に多いです。

確かに、良い会社・悪い会社に関わらずどんな会社であれ、「会社を辞める」と伝えるのはなかなか難しいもの

お世話になった上司に退職を伝えるのも気が引けるし、怒られたり嫌がらせを受けていた職場なら怖くてなおさらでしょう。

 

ですが、実は退職を伝える際には「言い方の型」があります。この型を守って上司や会社側からは引き止められない状況を作ってしまえば、簡単に円満退職ができます

反対にいえば、上手な退職の言い訳を使わなければ、あなたはいつまでも会社に引き止められて、やりたくもない仕事を延々と続けることになるかもしれません

 

退職したいのであれば、正しい退職の伝え方を学んで、スムーズに退職できるように準備してください!

この記事内では

  • 退職を伝えるまでに気をつける準備
  • 退職の伝え方のポイント
  • そのまま利用できる退職希望例文

などを紹介します。

ここで説明する方法をそのまま利用するだけで、格段に退職が簡単でスムーズなものになるでしょう。

退職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、有給消化で実質無料になるだけでなく、転職と引き継ぎのサポートまでしてくれる退職代行Jobs(ジョブズ)は業界でも屈指の退職代行です!

有給消化で実質無料

退職代行Jobsでストレスなく退職

【注意点必読】退職代行Jobs(ジョブズ)の全て!口コミ・評判・料金・サービス内容徹底解説

目次

辞めたいのに退職を言い出せずに仕事を続けるのは時間の無駄

他の人が先に辞めて辞めづらくなって悩む女性

そもそも退職を迷っている状況についてですが、退職を希望しているのにも関わらず、

「切り出し方がわからない」
「なんとなく怖気付いてしまって伝えられない」
「退職の理由をなんて言えばいいのか迷っている」

などの理由で、仕事を続けてしまっている人は気をつけてください。

 

「辞めたいのに、だらだらと今の仕事を続けてしまっている」という状況は何一つ良いことがありません。

厳しい言い方ですが、会社にとってもやる気がなく将来性がない社員には辞めてもらった方が助かります

また、当然あなた自身にとっても辞めた方が良いに決まっています。

辞めたいと思いながらその仕事を続けることで、

  • 集中力が落ちて生産性は上がらない
  • 後ろめたい気持ちによって精神的に辛くなる
  • 将来に繋がる学びが得られない

などとデメリットばかり。

結果的に「肉体的・精神的に疲弊しながら、時間を切り売りしている」ことになるのです。
辞めるのであれば、すっぱりと辞めてしまって、次の目標へ向かっていったが絶対にあなたの人生にプラスになります。

「辞めたい」という気持ちがあるのであれば、これから紹介する例文などをそのまま利用して、スッパリと会社を辞めてしまいましょう。

言い方ひとつで円満退職になるか、引き止められて大変な思いをするか変わってくる

退職代行をお願いする

では、なぜ「退職の言い方」が大切なのでしょうか?

一言で言ってしまえば、言い方次第で、簡単に円満退職が決まるケースと、だらだらと会社に引き止められて辞められないケースが別れるからです。

正しく効率的な言い方を知って、スムーズに会社を辞められるようになりましょう!

本当の理由を正直に伝えて退職を申し出るべきではない!

ブラック君
ブラック君
退職を申し出る時、正直に自分の気持ちを伝えるべきか、辞めるための理由を作るか、どっちがいいんだろう?

退職の神様
退職の神様
正直さよりも、あなたも会社もお互いが納得して気持ちよく退職が進められる理由を考えましょう。

「上司に恩があるから正直に伝えたい…」
「嘘をつくのは裏切っているみたいで抵抗がある…」

と思う人もいるかもしれません。

ですが、本当に退職したいという思いがあるのであれば、正直に全てを話さないとしても、両者が納得してトラブルなく退職できる方が良いのではないのでしょうか?

 

正直に伝えてしまうと、給料の問題・職場環境の問題など、会社の悪い点をあげる形になってしまうことが多いです。

「そこを改善するから」という会社側が引き止める理由を作ってしまうことにもなりますし、何よりも上司や会社側としても気分は良くありません。

そうなってしまうと、スムーズな円満退職は難しいでしょう。

円満退職のためには会社を辞めるための言い訳を作るべき

ブラック君
ブラック君
正直に言わないのであれば、どうすればいいのさ!

退職の神様
退職の神様
退職の伝え方には、簡単に使える「言い訳」のパターンが決まっています。それを利用しましょう!

実際に退職している多くの人たちは、たとえ真実ではないとしても、これらのパターンを利用してスムーズに退職を実現させています。

具体的には、

  1. 親の介護
  2. 家族の事情
  3. 引っ越し
  4. 自分のやりたいことを始めたい

などが使いやすいでしょう。そのまま利用可能な例文は、それぞれ後ほど紹介しますね。

まずは、退職する際には、お互いが納得できてスムーズに退職できるように、退職の言い方パターンを利用した方がいいと覚えてください。

退職を伝えるまでの流れと注意点

気をつけるべきことは、実際に退職の意思を伝える前にもあります。
スムーズに退職するために、以下のような点も気をつけておきましょう。

  • 退職までの活動は実際に伝える時まで知られないようにする
  • 相談は会社や上司が忙しくない時期を狙う
  • 最低でも退職の2週間前には、できれば1ヶ月以上前に伝える
  • 直属の上司にまず相談という形で伝える
  • アポを取った上で時間を取って伝える

それぞれについて、具体的に説明しますね。

退職までの活動は実際に伝える時まで知られないようにする

「同僚に相談すべきなのか?」

という疑問も良くありますが、答えは「基本的には相談するべきではない」です。

というのも、社内で退職が噂になると面倒ですし、辞めるまでの仕事にも支障が出てしまいます
上司の耳にそう言った「噂」という形で先に知られてしまうと、印象はよくありません。
気持ちよく退職したいのであれば、そういった可能性も未然に防いでおきましょう。

 

相談したい気持ちはわかりますが、結局決断するのは自分自身ですし、グッと我慢してください。

どうしても誰かに相談したい場合は、社外の友達などに相談するようにしてください。

相談は会社や上司が忙しくない時期を狙う

また、会社の繁忙期、上司の仕事が忙しそうなタイミングに相談しないようにしましょう。

忙しい時に相談しても会社の都合上本当に了承できないこともあります。

 

また、余裕がない状態で退職の話を切り出されても、「忙しいからまたあとで!」と上司が真剣に取り合ってくれない可能性があります。

退職の話を切り出す時期は、会社にとっても、上司にとっても余裕がある時期にするようにしましょう

 

ただ気をつけて欲しいのが、どの時期にでも「人手不足だから、まだ残って欲しい」と引き止めてくる会社は一定数存在します。
引き止られたからと残ってしまうと、ズルズルと辞められない状況が続いてしまいます。

あくまで相談する時期を見計らうための会社が忙しいかどうかの判断は自分で下し、引き止めには応じないようにしましょう

最低でも退職の2週間前には、できれば1ヶ月以上前

法律上、2週間前には退職の意思を伝えなくてはいけません。

ですが、自分が担当している仕事や、引き継ぎ、プロジェクト全体のスケジュールなどあるので、退職を伝えるのは早ければ早いほど良いです。
最低でも1ヶ月前には伝えるようにしてください。

また、就業規則に退職の条件の記載がある場合もあるので、必ず会社の就業規則は先に確認が必要です。

退職の神様
退職の神様
会社に迷惑にならない形が、いちばん円満に退職しやすいので意識しておきましょう。

また、こちらの法律上は2週間で退職できるって本当?意外と知らない真の退職ルールという記事では法律上の退職のルールが書いてあります。合わせてお読みください。

アポを取った上で時間を取って伝える

あなたが上司だったとして、部下に突然「会社を辞めさせてください!」と伝えられても困惑しますよね?

できるだけ、まとまった時間のアポを取りましょう

相談したいことがあるのですが、本日30分ほどお時間いただけないでしょうか?

とアポを打診して、しっかりと話を聞いてもらえる状況を作り出しましょう

 

突然伝えられても驚きや困惑から、しっかりと話し合いができなくなってしまう可能性があります

退職の事情と、自分の意思が固いことを、時間をとって話せる状況を作りましょう。
逃げるように伝えるよりも、しっかりと説明した方が退職の成功率は高くなります

直属の上司にまず相談という形で伝える

伝える相手なのですが、まずは自分の直属の上司に「相談」という形で伝えましょう

同僚に相談しないほうが良いということは、先ほどお伝えした通りですが、間違っても上役などにいきなり伝えないように注意してください。

「直属の上司に相談してくれ」

と逃げられてしまうことが多いですし、その場合上司からしたら避けられたようでいい気はしませんよね。

 

また、「相談」という形を取ることで上司からしても頼られている感覚があるので、無下にはし辛いでしょう。

「○月○日に辞めるので、よろしくお願いします。」

のように、ただ伝えるだけでだと上司としては無視された感覚があるので、あまり協力的になってくれないかもしれません。

 

これらのように、伝えるまでにもいくつか意識しておくべきポイントがあります
ポイントとしては「上司や会社と対立せずに、できるだけ立てながら退職へ進む」ことが重要です。

会社を辞める言い方(言い訳)のポイント

では次に、上司に退職の意思を伝える時に意識しておきたい点を紹介します。

  • 会社側を立てること
  • 個人的な事情を理由に辞めること
  • 退職の意思が固いことをはっきりと伝えること
  • 退職した後のことは考えておく
  • 転職先は言わなくてOK

これらを守れば、よほどブラック企業ではない限り、うまく退職までことが運べるでしょう。

それぞれについて説明していきます。

会社側を立てること

まず絶対に会社を悪く言わずに、立てるようにしましょう

会社にとって「面目」というのは非常に重要です。
自社の欠点を挙げられた上で退職されたのでは、面目が保てません。面目を守りたいので、あなたに対して否定的な態度になります。

そのため、あなたの退職の希望に対して、取り合ってくれなかったり、うまく引き止めてきたり…ということになります。

 

非常にお世話になり、上司さんにも感謝してもしきれません。この会社で働けて本当によかったとは思っています。ですがこの度…

上の例のように

  • 会社側は何も悪くない点
  • 上司にも感謝していること

をしっかりと伝えた上で、どうしようもなく退職という決断を下したとしましょう。

こうすれば、会社的にも面目は保たれるので、ちゃんと話を聞いてくれ、退職の意思が固いことを理解すれば応援してくれます。

個人的な事情を理由に辞めること

退職の主な理由としては、会社側のせいではなく、個人的な事情のために退職をしなくてはならないという説明をしましょう

  • 親の介護
  • 家族の事情
  • 引っ越し
  • 自分の夢のため

などの避けられない個人的な事情を理由にして伝えると、「そうか。じゃあ仕方ないね」と納得されやすいです。

納得できなくても、他人が踏み込める領域ではないので、理由は個人的な事情をハッキリと伝えてることが大切

退職の意思が固いことをはっきりと伝えること

もっとも大切なのは退職の意思が固いことを示すことです。

退職の神様
退職の神様
なんと言われようとも退職は絶対するだろうと思わせることで、会社や上司は引き止めることを諦めてくれます。

 

上司に「相談」という体裁はとりますが、態度や言葉から、退職の意思は固いと思わせましょう

問答になったら最終的には

自分の中で悩み抜いた結論ですので、退職の意思は変わりません。

と直接結論を伝えてしまって構いません。

残って欲しいと思っている会社でも上司でも「この人は引き止めることが出来ない」と判断すれば、諦めて大人しく退職の手続きをしてくれます。

 

ただ、自分の中で「退職する」という結論が出ていないまま、上司に伝えてしまうとなんとなく丸め込まれてしまうかもしれません。

スムーズに退職するためには、必ず自分の中で結論を出したあとに伝えるようにしてください。

退職した後のことは考えておく

退職の希望を伝えたあとに、ほぼ間違いなく聞かれる質問が

「会社やめたあとは仕事どうするの?」

という質問です。勤めてきた会社を辞められるのですから、会社側としても当然その先に何をするのかは気になります。

決まっていればそれを伝えてもいいですが、明確に決まってない人も、この質問に対する回答は用意しておきましょう

 

できるだけ今の仕事とは、別業界・別業種を挙げて「実は○○にずっと興味があったんです」と伝えてください。

というのも、今の会社にいる状態では達成できない理由をつけた方が、会社は引き止めづらいからです。

転職先は言わなくてOK!

ただ、正確な転職先は決まってないことにしておいた方が無難です。

「転職先は決まっているの?」

と聞かれて、答えてしまうと、例えば競合企業だったりすると、残りの会社での生活に影響してしまうかもしれません。

「希望の業界や職種は考えているけれど、まだ転職先は決まっていない」

くらいの立場で退職の相談をするのが一番おすすめです。

【例文4選】そのまま使える!おすすめの退職の言い方

さて、ここからは具体的に「そのまま使える退職の言い方例文」を紹介していきます。
自分でアレンジしてみてもいいですし、そのまま利用してくれてももちろん構いません。

退職のための理由が思いつかない人は、以下の4パターンをぜひ利用してみてください。

  1. 退職例文① 親の介護
  2. 退職例文② 家族の事情
  3. 退職例文③ 引っ越し
  4. 退職例文④ 自分のやりたいことを始めたい(夢や転職)

これらは全て「会社に関係のない」「個人的な事情で」「他人が介入しづらい」という特徴を持っています。

意識して欲しいのは、明らかにバレそうな嘘をつかないようにしてください。実家に住んでいることを、社内の人に住んでいるのに「実家に帰る」など言ってしまうと簡単にわかってしまいます。

嘘がバレると当然、円満退職は難しくなるので、嘘にならない程度の理由を選んで使ってみてください。

退職の神様
退職の神様
これらを利用すれば、本音を話すよりも、グッとスムーズに退職できる確率が上がるでしょう。

退職例文① 親の介護

まずは直属の上司にアポを取ってください。(どのパターンでも同様に)

相談したいことがあるのですが、本日30分ほどお時間いただけないでしょうか?

 

ここからが、上司と2人で相談するときの切り出し方例です。

お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。
早速ですが、本題に入らせていただきます。実は、会社を辞めようかと思っております。

至らぬ点ばかりであった私に様々な指導をしてくださり、非常にお世話になった上司さんにも感謝してもしきれません。ですがこの度、実家にいる母の体調が悪くなり、どうしても帰って母を支えながら生活したいと思っております。
誠に身勝手で申し訳ありませんが、退職させていただきたく存じます。

親の介護は、比較的誰でも利用しやすい退職の理由でしょう。

また、他人が「そんなのいいから!」とツッコミづらいという点も、退職の成功のためにはプラスです。

「介護」ではなく、やんわりと「支えながら生活」などとした表現にしておくと良いでしょう。

退職例文② 家族の事情

お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。
早速ですが、本題に入らせていただきます。実は、会社を辞めようかと思っております。

実は、父が高齢のため、私が家業を継ぐことに決まりました。今の会社でも非常にお世話になっており、非常に悩みはしたのですが、父を安心させたいという思いからこういった
誠に身勝手で申し訳ありませんが、退職させていただきたく存じます。

家族の事情と一言でまとめると、かなり幅広い例が考えられますが、ここでは、「家業を継ぐ」という例を挙げました。
こちらも「家業なんて継がなくていいから!」なんて他人には口を挟めませんよね。

ただ、実家が何か家業を持っている場合でないと完全に嘘になってしまいますし、家族の仕事や様子が会社に知られている場合は使えないので注意してください。

退職例文③ 引っ越し(パートナーの転勤)

お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。
早速ですが、本題に入らせていただきます。実は、会社を辞めようかと思っております。

非常にお世話になった上司さんにも感謝してもしきれません。ですが、夫が転勤することになりまして、悩んだ末に付いていくという結論を出しました。
誠に身勝手で申し訳ありませんが、退職させていただきたく存じます。

結婚している女性の場合など利用しやすいのが、「夫の転勤」でしょう。こちらも引っ越す以上、今の職場で働けないので、引き止められづらいです。

ただ、結婚している方や、パートナーの仕事などについて社内で知られていない人しか利用できません

退職例文④ 自分のやりたいことを始めたい

お忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございます。
早速ですが、本題に入らせていただきます。実は、会社を辞めようかと思っております。

実は昔から◯◯業界に興味がありまして、ずっと悩んでおりました。今の会社でも、上司さんにも非常にお世話になったのですが、自分の夢を諦めきれず、退職して挑戦したいという結論に至りました。
誠に身勝手で申し訳ありませんが、退職させていただきたく存じます。

自分の将来や夢に向かっての、ポジティブな理由での退職例です。
別業界へのキャリアチェンジ海外留学独立して開業国家資格のための勉強など様々なバリエーションが考えられます。

これもかなら多くの人が利用しやすい理由で、嘘にもならないのでおすすめ。

ただ注意しなくてはならないのは、相手によっては

「今の会社でもできるのではないか?」
「会社を辞める必要はないのではないのか?」

など突っ込まれる可能性もあるので、返答も考えておきましょう。

絶対に退職で使ってはいけない言い方は、会社を理由にすること

手続きがたくさんで困る男性

反対に、退職する本当の理由だったとしても、以下のような会社側の問題点を理由にするのはおすすめできません

  • 労働時間
  • 給料
  • 職場環境
  • 仕事内容

など会社側を理由に退職しようとすると、「改善するから」と引き止められやすいです。

例えば、

「労働時間が長くて」→「調整するから!」
「給料が安くて」→「昇進も考えるから!」
「職場の雰囲気が好きじゃなくて」→「みんなで改善するようにしていくから!」
「仕事内容が好きになれなくて」→「別の部署に異動を考えるから!」

と、あらゆる手で止められてしまう可能性があります。

 

また、「そんなにいうなら…」と、引き止めに応じてしまいかねませんよね。
ですが、会社に残留しても、それらの口約束が守られる保証はどこにもありません

退職を確実にしたいのであれば、会社が介入することのできない個人的な理由で申し出るべきでしょう。

会社を辞める上で一番大切なのは、自分自身の中で退職の意思を固めること

円満な退職のためには「絶対に会社を辞めるんです。」という毅然とした態度がもっとも大切です。

退職するかどうか迷っている状態を悟られたら、なんとかして引き止めてこようとすることがほとんど。しっかりと退職の意思を固めてから、打ち明けるようにしましょう

ブラック君
ブラック君
上司に相談するんじゃダメなの…?

退職の神様
退職の神様
基本的には引き止めようとしてくることがほとんどなので、おすすめしません。自分自身で「絶対に退職する」と心に決めてから上司に伝えるようにしましょう。

結局、あなたが退職するかどうかの最終決断を下すのはあなた自身です。
無意識に決断を下すことから逃げて、曖昧な心持ちで上司に相談してもいいことはありません。

自分自身の人生に関わる大切なことなのですから、しっかりと自分自身と向き合って考えてみてください。

本当に退職したいのであれば、「絶対に退職する」という覚悟を決めるべきでしょう

それでも辞められない・自分で言えない場合は第三者の介入が必要

ですが、人によって、職場の状況によっては、今回紹介したような退職の言い方フォーマットを利用しても会社を辞められないかもしれません。

  • どうしても理由をつけて辞めることができない
  • 上司が話を聞いてくれるタイプじゃない
  • 職場にもう一切顔を出したくない

などの場合は、退職代行を利用するのも一つの手段でしょう。

 

退職代行を利用すれば、もう一切会社に行かずに、自分で上司に申請する必要もなく、会社を辞めることができます

退職の意思を伝えるのは、退職代行業者が全て行なってくれ、確実に退職することができます。

 

また、有給消化を利用すれば、退職代行は実質無料で利用できるのも嬉しいポイント。

また、こちらの【有給の申請方法】バイトも有給は取れる?意外と知らない有給の基本ルールという記事ではバイトの有給について詳しく書いてあります。こちらも合わせてお読みください。

電話やメールはもちろん、LINEからも気軽に相談できるので、興味がある方はぜひ利用してみてください。

有給消化で実質無料!転職成功で3万円キャッシュバック

辞めるんですで今すぐ退職

退職代行辞めるんですの評判・口コミ・料金を調査!顧問弁護士監修の安心して利用できるサービス

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

 

1位 取得率97%の有給サポートが無料!「辞めるんです」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
辞めるんですの特徴

  • 3万円で顧問弁護士の指導を含めた退職代行の依頼が可能
  • 有給サポートが手厚い!
  • お客様満足度で1位を獲得してる安心感

当サイトでは退職代行選びに迷ったら、辞めるんですをおすすめしています。

辞めるんですには有給サポートが付いており、有給サポートを利用した有給取得率は97%と、非常に高い確率で有給を取得できる実績があります。有給を取得すれば、退職代行費用を実質無料で受けられるようなものなので、費用がネックで決断できない人にとっても嬉しいですね。

また、辞めるんですはリサーチ会社による調査で、顧客満足度1位を獲得しているのも魅力の1つ。みんなが満足して利用できているということは安心してお任せできる証拠でもあります。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

2位 創業14年の老舗!業界No.1の「ニコイチ」

※2019年5月30日更新

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
ニコイチの特徴

  • 心理カウンセラー在籍で悩み相談しやすい
  • 退職代行業6年で培った知識とノウハウがある
  • 4,000件の豊富な実績だから安心

ニコイチは、業界で一番初めに退職代行をスタートさせているため、他の業者には負けない豊富な退職実績があります。6年前から今まで4,000人の退職を代行してきていますが、一度も失敗はありません。これまでに培った退職の知識やノウハウで退職のプロがあなたの退職を手助けしてくれます。

また、心理カウンセラーも在籍しているため、退職に関する悩みを聞いてほしい方におすすめです。

料金29,800円28,000円
受付時間7:00~20:00
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

ニコイチの詳細記事公式サイト

3位 業界の中でも圧倒的な安さ!「SARABA」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
SARABAの特徴

  • 24時間対応で即日の退職にも対応!
  • 行政書士が担当してくれるので安心
  • いつでも業界最安値の一律29,800円

次の仕事もまだ見つかってないし、なるべく費用をかけずにお願いしたいという方にはSARABAがおすすめです!
他の業者はキャンペーン価格で3万円になる事はありますが、SARABAではいつでも一律29,800円で受け付けており、その他一切オプション料金もかかりません。

ただ料金が安いからと言ってサービスの質が良くないわけではなく、行政書士が対応してくれるので安心してお任せできます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。