【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職に関する常識

電話で退職するのはあり?実際の伝え方も含めて徹底解説【例文あり】

「退職したいけど上司と会って話すのは、きまずい…」

会社に行くのがどうしても辛くて一刻も早く退職したい時、電話一本で辞められたら楽ですよね。

この記事では電話で退職を伝えるのはありなのか、実際電話で退職する場合にはどう伝えたらいいのか、という疑問に答えていきます。電話で退職する際の例文も紹介しています。

また、電話で辞めるよりももっと楽で即日辞める方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

退職を電話で伝えるのはOK!

一般的には直接上司や人事に退職の意思を伝えて手続きを進めていくのが常識的です。ただし会社が認めざるを得ない理由がある場合は電話で退職の意思を伝えても大丈夫
例えば

  • 体調不良
  • 身内の問題
  • 精神的な限界

このような理由は仕事に行けない正当な理由として認められており、実際に電話で退職できています。

もう会社に行くのが限界という時は無理をして出社する必要はありませんよ。
電話での退職をしても問題ないのか調べているあなたは、すでに会社のことを十分に考えているはず。
限界を超えてあなたの体調崩れてしまっては元も子もありません。

やむを得ない理由がある場合は電話での退職を認められていますので、心配する必要はありませんよ。

電話で退職するときの伝え方

実際に電話で退職する時にはどのように伝えれば良いのでしょうか。 注意するポイントは3つ。

例文も交えながらポイントを解説していきますね。

直属の上司に電話をかける

電話をかける相手は直属の上司にしましょう。

直属の上司を飛び越えて他の人に話をしてしまうと上司の管理能力が問われ、後々トラブルのきっかけとなります。

反感を買ってしまうとその後のやり取りをまともに取り合ってもらえないかもしれません。
まずは上司に伝えましょう。

ただし退職の理由が上司の嫌がらせという人もいますよね。この場合は人事担当への連絡で問題ありません。

事情をしっかりと話し、後に上司に伝えてもらうようにしましょう。

電話で明確に退職の意志を伝える

電話で退職を伝えようとしてもうやむやにされてしまったというのはよくある失敗です。
うまく退職を伝えられなかった場合、無断欠勤扱いになってしまう可能性もあります。
何を聞かれても退職の意向は変わらないという強い意志を伝えましょう。

退職の電話で必ず伝えなければいけないのは次の4点です。

  1. 突然の連絡になったことのお詫び
  2. 退職の意思
  3. 退職届を後日提出すること
  4. 今までのお礼

突然の連絡になるので退職の理由を聞かれるかもしれませんが、基本的には一身上の都合で貫き通しましょう。
どのように話せばいいか悩んでいる方は、下の例文も参考にしてください。

<例文>

お疲れ様です。〇〇部の△△と申します。
突然の連絡になり大変申し訳ございませんが、本日をもちまして一身上の都合により退職させていただきます。
本来直接お話しすべきところをお電話でのご連絡になり大変申し訳ございません。
退職届につきましては後日郵送にて提出いたします。
今まで大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

当然、この後様々な質問を受けるかもしれませんが、先に退職の旨をはっきり伝えること、退職の意思を変えないことが重要です。

退職の理由について聞かれた場合は一身上の都合を貫き通してください。
本当の理由を伝えると引き止めにあう可能性があります。連絡が長引くと面倒くさいですよね。

本当にを言わなくては退職できないというルールはないので 深堀されないようにしましょう。

電話は時間帯に注意する

退職についての電話は業務の忙しくない時間にしましょう。

始業直後や終了直前などは忙しくまともに電話に取り合ってもらえない可能性があります。
そのため、1日の仕事の中で忙しくない時間帯を狙って電話しましょう。
かけ直しをする必要がなく、1回の電話で退職するのがコツです。

電話で退職を伝えた後にすること

電話で意思を伝え退職が決まったら、速やかに手続きをしましょう。ここでは電話で退職が決まったあとにするべきことを説明します。

返却物を郵送する

会社を辞めたらすぐに、会社の備品を返却する必要があります。備品は直接持って行かなくても郵送で大丈夫。
すぐに返せるようにまとめておくといいですね。

返却するもの一覧は以下の通りです。

  • 健康保険被保険者証(保険証)
  • 制服
  • 名刺
  • 社員証、カードキー、社章
  • 通勤定期(現物支給されている場合)

基本的には業務に使用するために会社からもらったものを返しましょう。

制服類がある方は洗濯して返すのがマナーです。
カードキーや社章、ロッカーの鍵など細々としたものを返し忘れないように注意しましょう。

会社から書類を受け取る

電話で会社を辞めても必要な書類は必ず受け取りましょう。
転職先への提出が必要だったり、役所手続きにつかうなど、重要なものが多いので注意が必要です

受け取るべき書類は以下の通りです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票

雇用保険被保険者証と離職票は失業保険をもらうためにも必要です。
書類がないために保険がもらえずお金に困るという状況を作らないため、必ず手に入れるようにしましょう。

電話での退職でもこれらの書類を受け取る権利はもちろんあるので、会社から送られてこない場合には請求が必要です。

退職時の荷物整理はどうするべき?簡単に分かるチェックリストを紹介

[常識:失業保険]

電話で退職する時のデメリット5選

ここまで電話で会社を退職する方法について述べてきました。無事に退職ができれば良いのですが不安もありますよね。

事前に電話で退職するデメリットを知っておくことで、心の準備をしておきましょう。
電話で退職をする時によくあるデメリットは5つです。

  1. 電話で直接言うのは気まずい
  2. 引き止めに会う可能性がある
  3. 「訴えるぞ!」などの脅しに会う場合がある
  4. 有給をうやむやにされることがある
  5. 必要書類を受け取れないときに自分で連絡する必要がある

順番に見ていきましょう。

1.電話で直接言うのは気まずい

いざ勇気を出して電話をかけてみたものの気まずくなって言い出せずに電話を切ってしまった、というのはよくある失敗例。
結局言い出すことができずに機会を逃して、 退職できなかったということもあるようです。

一言目を切り出すことができれば、伝えやすくなります。
先に伝えることをメモにしておいてそのまま話すのもおすすめです。

2.引き止めにあう可能性がある

退職を切り出した時に、おそらく理由を聞かれるでしょう。そしてそのまま引き止めにあうことも多いです。

人間関係と伝えると部署異動、金銭面と伝えると給与額アップ。理由を解決する条件を提示されると断りにくくなりますよね。

これを回避するためにはいくら理由を聞かれても一身上の都合で貫しましょう。

3.「訴えるぞ!」などの脅しに遭う場合がある

パワハラなど上司の人間性が理由で退職したい方は要注意。退職を伝えた時に脅しに遭う可能性があります。

精神的に限界で会社を一刻も早く辞めたいのにその電話でさらに精神的に追い詰められる なんてつらいですよね。
電話での退職は違法ではないので、訴えると言われても気にせず毅然とした態度を貫きましょう。

4.有給をうやむやにされることがある

電話で退職を伝えることができても有給消化できないこともあります。
激務で有給はたっぷりあるはずなのに、電話での退職を認める代わり、など理由をつけてうやむやになるケースがあるようです。

残っている有給休暇を消化する権利はもちろんあるので、しっかりと伝えましょう。

【有給の申請方法】バイトも有給は取れる?意外と知らない有給の基本ルール

5.必要書類を受け取れないときに自分で連絡する必要がある

いざ退職をした後に、企業から離職票などの転職先や役所に出さなければならない書類を受け取る必要があります。

これらが届かなかった場合には、自分で連絡しなければなりません。

退職の電話で書類について伝えるのは難しいですよね。
返却する部品を郵送する際に、必要書類について手紙を同封するのがおすすめです。

電話で退職を伝えるのが難しかったら代行サービス

一刻も早く退職したいけれども電話で伝えるのは難しそう、と思った方は退職代行サービスを利用されてはいかがでしょうか。
今流行りのこのサービスは、依頼してしまえば企業への電話 、有給消化などの交渉を全て代理で行ってくれますよ。

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司や先輩に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる
  • 有給の申請もしっかり行ってくれる

メール一本で依頼できるところもあるので、上司に電話する勇気がない方はこちらのサービスに連絡をするのが良いかもしれません。

辞めるんですで今すぐ退職

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。