【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
職種別退職体験談

人材エージェントを辞めたいあなたへ退職経験者の私が解決策をまとめてみた

夢や希望を抱いて働きはじめた憧れの人材エージェント。
でも、こんなはずじゃなかった・・・。

  • 異常なハードワーク
  • 想定外に企業に振り回される
  • 思ったよりキャリアアップにつながらない

全ての人材エージェントがそうだとは限りません。
しかし、上記のような理由で「思っていた業務内容と違う」と理想と現実のギャップに苦しんでいる人は多いはずです。

しかし、退職するって勇気がいりますよね?

  • みんな一生懸命頑張っているのに、辞めるなんて言いづらい
  • 辞めると、他のみんなに迷惑がかかる
  • 過去に「辞めたい」と相談したけど引き止められた

そこで、この記事では人材エージェント退職経験がある私が「辞めたい!」と思っているあなたにアドバイスをまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

辞めたいと思いながらも人材エージェントを続けても良いことがない

就業規則が優先されて困る男性

辞めたいと思いながら仕事をして良いのか?

「辞めたい」と思いながら働くのはあなた自身だけではなく、あなたが担当しているクライアント・候補者にとっても良いことはありません。

想像してみましょう。
もし、あなたがキャリアアドバイザーと面談しているとき「実は私も、辞めたいと…」と思っているとしたら。

そんな人に、安心してサポートをお願いしようとは思いませんよね。

そして何よりも、「あなた自身」にとってもメリットはありません。
心にブレーキがかかっているのに、日々のハードな業務に耐えるのは、あなたの限りある人生のムダづかいです。

あなたの人生に、そんな時間は無いはずです。「辞めたい」と思っているのに我慢して続けることで、幸せになるひとは誰ひとりとしていないのです。

辞めること・転職することは決して珍しいことではない

人材エージェントで働くあなたであれば、転職が当たり前の時代になっていることはよくご存知だと思います。

そして、人材エージェントで働いている人の多くが転職経験者です。

大手人材エージェントには、新卒で入社してそのままリーダーやマネージャーになった人もいますが、それは業界全体からみればまだまだレアケース。

人材エージェントを渡り鳥のように転職しながら続けている人がいる一方で、業界の理想と現実のギャップを消化しきれずに去っていく人もいます。

あなたが働く人材エージェントにも、転職経験者がいるはずです。会社を辞めることも、転職することも躊躇することは無いのです。

失業保険を申請すればお金の問題で悩むこともない

人材エージェントを辞めるにあたり、「生活の安定が…」と不安になっている人もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。
日本は社会保険制度が充実しているので、「失業保険」を利用すれば良いのです。

失業保険をもらえば、人によりますが月10~15万円ほどを3~4ヶ月間もらえます。

例えば、

  • 月収20万
  • 30歳~35歳
  • 1年以上~5年未満
  • 会社都合での退職

なら、総額で58万円(13万弱×4ヶ月)程ももらえますよ!

失業保険の手続きは近隣のハローワークで行うことができます。ハローワークならば求人探しも行えるので一石二鳥です。

重要なのは退職した後に勤め先から発行される「離職票」を受け取ってからハローワークに行き、申請をすること。

このステップを経ないとあなたに失業保険を給付する手続きが始まらないのです。

お金の問題で悩まないように、早めに手続きを始めましょう。

心身の健康を損なってからでは手遅れ。早めの行動を

人材エージェントで働く人の多くは

「人の役に立ちたい!」
「困っている人の助けになりたい!」
「仲間の為にがんばりたい!」

という思いがモチベーションだったりします。
その為、自分のことより他人の事を優先して考えがちです。

その結果、頑張り過ぎてしまっていつの間にか心や身体がボロボロになって、健康を損なってしまいます

単なる風邪であれば数日寝込めば回復します。
しかし、根本的に心身の健康を損なってしまう「うつ病」は数日間、心身を休めただけでは回復しません。

長時間労働や仕事で感じるストレスはうつ病の元。「

「とにかく期待に応えなくちゃ!」と必死になっているといつの間にか自分のボーダーラインを踏み越えてしまいます。

ある日突然、会社に行けなくなる日がやってきても不思議ではありません。

そうなる前に、早めに退職をしましょう。

離職率は約30%。人材エージェントが退職を考える理由

厚生労働省が毎年発表している雇用動向調査によると、平成29年の平均離職率は14.9%と発表されています。

一方で、人材エージェントの離職率は平均値のほぼ倍の約30%といわれています。なぜ、他業界に比べてこんなに離職率が高いのでしょうか。
以下のような声があります。

良心の呵責に悩まされる
(自社の利益のために、候補者の都合を無視して内定企業に入社を促さなくてはならない。)

人間不信になる
(親身になってサポートしたはずの候補者なのに突然連絡が途絶え、面接をドタキャンされたなど)

厳しい営業ノルマとプロセス数値
(毎月の実績目標だけでなく、候補者の面談数や応募数、面接数などにノルマが課せられ、毎日数字を追わなくてはならない)

残業や休日出勤が多い
(現職中の候補者との面談は夜や土日に設定される事も多く、ハードワークな環境になりがち)

あなたも共感できる部分があるのではないでしょうか?
あなただけでなく、他の人も同じ悩みを抱えながら人材エージェントで働いています。

実際に人材エージェントを辞めて、転職した人の声

ツイッター上でもこのように、人材エージェントで働くことに疑問を抱いて退職・転職した方の声があります。

人材エージェントをスムーズに辞めるための3つの方法

人材エージェントは、その職業の性質上、「社員を辞めさせないためのノウハウ」を蓄積している会社とも言えます。

しかし、恐れることはありません。絶対に辞められない会社なんて存在しないのです。
退職する意思を貫き通せば必ず退職できます。

あなたに必要なのは退職に向けた強い決意と行動です。具体的な方法を以下に紹介いたします。

1. 辞める権利は法律で約束されているので毅然とした態度を貫く

日本は法治国家です。法律で良いこと・悪いことが決められる国です。
そんな日本では「職業選択の自由」が法律により認められているのです。

日本の法律の中で最も優先される「憲法」の第22条にはこう書かれています。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

つまり、誰もが自由に働く場所を選ぶことを、国が約束をしてくれているのです。

あなたが人材エージェントを辞めるのも自由です。その自由は会社も、上司も誰も妨げられるものではありません。

上司と退職交渉をするにあたり、まるで自分が悪い事をしてしまっているかのような罪悪感を感じることがあるかもしれません。

しかし、そんな罪悪感を感じる必要は一切ないのです。
あなたは国によって約束された自由をただ主張しているだけに過ぎないのです。胸を張って退職の意思を伝えましょう。

2. 理論立てた退職交渉はNG。「辞めます」「もう決めたこと」「申し訳ありません」を繰り返す。

人材エージェントの上司は、退職交渉をする相手としては強敵です。理論的に上司を説得しようとすると、逆に言いくるめられてしまいます。

また、飲みに誘われたとしても断るべきです。
お酒に酔わせて一時的な感情に流され、退職の申し出を撤回させる魂胆が見え見えです。

退職交渉のとき、上司からの質問にはまともに答えてはいけません
何を言われても、何を聞かれても、
「申し訳ありません」
「もう決めたことですから」
「辞めます」
を繰り返すのです。

すると上司も「コイツには何を言ってもムダだな」と思うようになります。そう思わせたらこっちのものです。

3. 辞めづらいのであれば「退職代行サービス」を利用する

でも、やっぱり退職交渉するのは気が重い・・・

上司の顔も見たくない。考えただけでストレスがかかる。

そう思って退職交渉に踏み切れないあなたは退職代行サービスを利用するのがオススメです。

退職代行サービスでは、本人に代わって業者が退職の意思を伝えてくれます。

  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 店長や先輩に一切顔を合わせずに辞められる
  • 依頼して即日退職できる

人材エージェントの上司は退職交渉については百戦錬磨。なかなか一筋縄にいかず、苦戦することも予想されます。

退職するまでのストレスと時間を最小限にする最も有効な手段、それが転職代行サービスと言えるでしょう。

退職交渉に長けたプロが、あなたに代わってあなたの退職交渉から手続きを一手に引き受けます。

依頼をしたあなたは退職手続き完了の報告を待つだけです。

有給休暇を消化すれば無料で退職代行を利用できる

退職代行サービスを利用するには3万円〜5万円の費用がかかります。

「確かに便利なサービスだけど、お金を払うのはちょっと…」と抵抗を感じる方もいるかもしれません。

しかし、退職代行サービスは退職だけではなく残った有給の申請も同時に行ってくれるのです。有給を消化することができれば、実質無料で退職代行を利用することができるのです。

自分で退職交渉を行う場合によくあるのが「退職は認められたけど、有給消化は認められなかった」というケースです。

有給は本来、取得できて当然の権利なのに退職を認める交換条件として有給を使わせない戦法を相手が取ってきたら、とても面倒ですよね。

退職代行サービスを利用すれば、そんな面倒がなく有給を消化することができます。

自分で退職交渉をすると取得できなかったはずの有給が、退職代行サービスを利用することで取得できれば、実質無料になるだけではありません。

有給による時間が生まれて、リフレッシュや新しい職場を見つけるまでの余裕が増えることになります。

これは、自分で退職交渉を行うよりも優れたメリットといえるでしょう。

参考までに、人材エージェントの平均給与から算出した実質負担額です。

勤続年数付与される有給もらえる金額(目安)
6ヶ月10日110,000円
1年6ヶ月11日121,000円
2年6ヶ月12日132,000円
3年6ヶ月14日154,000円
4年6ヶ月16日176,000円
5年6ヶ月18日198,000円
6年6ヶ月〜20日220,000円

トラブルなく人材エージェントを辞めるためにもバックレはNG!

もし、あなたが本当に辛くてもう働きたくない。逃げ出したい。
そう思っていてもバックレは絶対にやめましょう

ご存知の通り、人材エージェントには多くの情報が集まります。

あなたが将来、関わることになるかもしれない人や企業に、悪い噂が広まる可能性は否定できません。

バックレという不誠実な行為で損をするのは他の誰でもない、あなた自身です。

今、働いている人材エージェントではもう働きたくもないし、向き合いたくもない・・・

そう考えているならば退職代行サービスを利用しましょう。
退職代行サービスを使えば、あなたが退職の意思を伝えたことになるので、バックレたことにはなりませんよ!

SARABAの詳細記事公式サイト

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。