【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職代行のQ&A

退職代行を利用した人は罪悪感を感じてる?利用後の意見を聞いてみた

「退職代行を使うのに罪悪感を感じる」

「他人に退職を任せるのは悪いことをしてるように感じる」

「突然やめるのは社会人としてもダメだよね…」

退職代行を使うことに対して、このように考えてる人も多いのでは?

確かに、ブラック企業で労働環境が最悪だったとは言え、「中にはお世話になった方もいるしすべてが嫌だったわけではないし…」という思いから罪悪感を感じることはあると思います。

ただ、ひとつ言えることは、罪悪感を感じることよりも「あなた自身が今辛いと感じているか」が重要で、自分自身を大切にすることを優先して欲しいということです。

この記事では、実際に退職代行を利用した人に「退職代行を利用したことに罪悪感を感じているのか?」を聞いてみた結果をまとめました。

退職代行を利用したいけど罪悪感を感じて迷ってるあなたの参考になるはずです。

退職代行を利用した人へ罪悪感は感じてるのか直接聞いてみた

Q.退職代行を利用して罪悪感はありましたか?

くりーむさん
くりーむさん
 罪悪感は全くないです!
もっと広まったらいいのになあ、、という感じです!

はるぴこさん
はるぴこさん
 はじめは罪悪感もありましたが、あの会社と縁が切れたと思ったらそれ以上の幸せはないと思いました。

おかろりさん
おかろりさん
 利用したことについては後悔はしてないですが、罪悪感はちょっとあります。

kirariさん
kirariさん
罪悪感は少しありました。残った人への負担や裏切ったような感覚がありましたが、そういった状況になったのは会社の責任、社長の責任と思うようにしました。

退職代行業者さんのホームページにもその様に書いてあったので自分が間違っているわけではないと考えることが出来ました。

退職代行を利用した人のネット上の意見は?

女性の口コミ
女性の口コミ
 前職場の仕事は本当に嫌だった。

退職代行使うのは罪悪感があったり甘えているなと思ったりいろんな感情があったけど自分の感情を殺しながら仕事をしていたことを考えると、自分が本当に死んでしまう前に辞められて良かった

女性の口コミ
女性の口コミ
 年が明けたらまた転職活動だな。
退職代行してもらうまでなに食わぬ顔で仕事をすることに罪悪感。

でもこういう優柔不断というかいろんな事を病む性格だから退職代行なんて使ってしまうのだろうな。強い人だったらどんなに退職を引き止められても突破できるんだろう。

男性の口コミ
男性の口コミ
 罪悪感はすごくありました。でも、自分が壊れてしまうのでは本末転倒 

※NHK クローズアップ現代より

男性の口コミ
男性の口コミ
 突然辞めたことに同僚たちに迷惑をかけてしまった罪悪感みたなものはありますが、それよりも自分を守ることを優先するべきだと思い、後悔はしていないです。

引用:経験者が語る!退職代行サービスを使って良かったところ

退職代行を使うのに罪悪感を持つ必要はない3つの理由


退職代行を実際に利用した人へお話しを聞いてみても、やはり少なからず罪悪感を持っている人は多くいました。
実際に退職代行サービスへ相談する方の中でも、「罪悪感があるのですが…」という方がとくに多いそうです。

ですが、退職代行を利用するのに罪悪感を持つ必要はないので、その理由を3つお話ししますね。

その1.そもそも皆、誰かに頼って生きている

子どものころを振り返ると、親や友人、先生など周りに助けられながら生きていたなと思う事はあるはず。ですが、20歳を超えて大人になった途端、急に責任が重くなり何をやっても自己責任と言われてきたと思います。

そのため、自分のことは自分でやるのが当たり前という考えが一般的に普通とされ、人に頼ることはよくない事と認識されていますが、それは間違いです。

責任問題と頼ることは全く別物なので、気にすることはありません。

人は皆、知らないところで他人に頼って生きていますし、皆それぞれ得意不得意があるので、不得意な部分は得意な人に任せてしまえばいいんです。

あなたが今これを見ているスマホ(またはパソコン)も誰かが作ったものですし、電車だって運転してくれている人がいるから乗ることができます。あなたが住んでる家も誰かが作ったものですし、髪が伸びたら美容院に切りに行く。

一人で生きているようで、必ず誰かに頼って生きているんですよ。

自分で退職できないなら、自分で言えるまで我慢すれば良いのか?じゃあずっと言えない人は苦しみ続けなければいけないのか?というとそうではなくて、無理なら無理で助けてくれるサービスがあるのだから、そこの頼ればいいのです。

なので、自分のことも自分でできないと罪悪感をもつ必要はないし、退職代行を利用して仕事を辞めたら、あなたもまた別の形で誰かの頼りになることをすれば問題ありません。

その2.人に頼るのは「甘え」ではなく「強さ」

人に頼ることに対して「甘えだ」と感じて罪悪感を持っているなら、それは勘違いです。

人に頼れる人というのは、自分の弱い部分を受け入れた強い人なんですよ。

逆に人に頼れない人は、自分の弱い部分を認めないから、人に頼るという行動をとることができないんですね。自分の弱さを人に見せる事に恥ずかしさを覚えるので弱い部分を受け入れられてないのと同じなんですよ。

だから、自分には無理だと思ったことを自分なりに認めて、他人を頼ろうと考えているあなたは強いんですから、罪悪感を持つ必要はありません。

その3.自分に罰を与えると成長できない

罪悪感を持つ必要がない理由でとくに伝えたいのが「罪悪感は自分に罪を与えることでこれ以上成長しなくて済むよう楽している」ということです。

罪悪感を抱くことが前に進まなくていい口実になるんですよね。

そもそも罪悪感を抱く理由の基本は、ルールを破った時で、退職代行に例えると、「自分で辞めるというルールを破った」ということになります。

ただ、自分で辞めなきゃいけないというルールは、ただの暗黙の了解のようなもので、勝手に当たり前のマナーとして社会に知れ渡っていますが、守らなきゃいけないものではないですよね。

社会がこうだからそれに従うではなく、自分はこうだからという自分の基準で考えないといけません。
自分の基準以外で考えてしまうと、うまくいかないといに責任逃れしてしまうのでそこに成長はないんですよ。

自分で辞めることができないなら、社会のルールに従わなくても退職代行使ってやめていいんです。
社会のルールに従って辞められずに体調崩したら、それは誰に責任を負わせばいいの?という話です。

自分の体は自分で守りましょう。

「辞める=悪」ではない!つらいなら退職代行に任せよう


罪悪感を感じてしまう一番の理由は、あなたの中で、「辞める=悪」という考えが少なからずあるからではないでしょうか?

これは日本人特有だと思いますが、何かの集団から抜ける事は悪だという考えが心の奥底にあり、やめることに対して非常にマイナスな意味で捉えている人が多いです。

そのため、会社での引きとめも厳しく、やめるだけで必要以上に精神的負担を課せられてしまいます。

だから余計に罪悪感をもつこともあるかもしれませんが、辞める=新たなステージに進むということでもあるのでポジティブに考えて見てもいいのではないでしょうか。

とは言え、あなたがそのように考えられていても上司は辞めることを絶対悪として強い引き止めをすることもあるので、そんな時は真正面から戦って精神を消耗させる必要はなく、退職代行を利用すれば良いんです。

ただ、退職代行を利用して辞めたら罪悪感に苛ませれそうと言うくらいに罪悪感を感じるなら、まずは一度自分で退職を伝えてみると良いでしょう。

自分で退職を伝えたけど、

  • 引きとめられて辞められない
  • 暴言を吐かれた
  • 聞き入れてもらえない

というようであれば、迷わず退職代行を利用してください。

[Q&A:後悔]

あなたには退職を自由にできる権利があるため、退職を認めてくれないのは法律違反です。

なので、認めてくれない会社に対してあなたが罪悪感を感じる必要は全くありません。

[Q&A:退職代行は非常識?]

自分で退職するのが精神的にも負担が大きいのなら退職代行に任せましょう。

辞めるんですで今すぐ退職

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。