【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
退職代行のQ&A

新卒で退職代行を利用するのは甘え?退職したい3つの原因と対処法

  • 退職したいけど、新卒だから言いづらい
  • 新卒で退職代行を使うのはアリ?
  • 退職代行を使うのは甘えなの

このように、退職代行を利用するか迷っている新入社員の方も多いのではないでしょうか。

新卒で退職代行を使うとなると、周りからの目や転職への影響が気になりますよね。

退職して後悔しないためにも、本当に退職代行を利用するべきか見極めることが重要です。

そこで今回は、新卒で退職代行を利用する前にできる対処法や、知っておきたい第二新卒の転職事情について解説していきます。

記事の後半では、転職が不安な人な方に向けて、おすすめの退職代行サービスを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

新卒入社で退職を考える3つの原因

新卒 退職 原因

1.理想と現実とのギャップ

新卒の退職理由として最も多いのが「理想と現実のギャップ」です。

男性の口コミ
男性の口コミ
事前の説明と違う仕事ばかりやらされる

女性の口コミ
女性の口コミ
仕事にやりがいを感じられない

男性の口コミ
男性の口コミ
思ったより仕事内容がハードだった

仕事内容が理想と大きく違ったというのは新入社員ならではの悩みですよね。

「就職前に知っていれば違う会社に行ったのに……」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

我慢して仕事を続けることで、

  • 仕事が楽しくなる
  • やりたい仕事を任されるようになる

という風に、理想と現実のギャップが解消されることもあります。

しかし、退職の機会を逃し、やりがいのない仕事を一生続けることになってしまう可能性も……。

自分に合った会社で働くために、早めに転職したいという気持ちにも納得できます。

2.人間関係に問題がある

会社の雰囲気や体制に馴染めず、人間関係に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

女性の口コミ
女性の口コミ
自分の居場所がないように感じる

男性の口コミ
男性の口コミ
上司から無能扱いされる

女性の口コミ
女性の口コミ
知らないうちに陰口を言われていた

入社したばかりで信頼できる人がいないケースもあれば、職場の人が悪質ゆえに悩むケースもあるようです。

自分の態度を見直してみて、きちんと仕事に意欲的な姿勢を見せることで改善することもあります。

ですが、もともと職場の雰囲気が悪いのであれば、あなた1人が頑張ったとしても状況を良くするのは難しいでしょう。

人間関係に関しては、特に就職するまで分からない部分なので、事前に防ぐことは難しいものです。

3.労働条件が悪い

どんなに良い雰囲気の職場でも、労働条件や福利厚生に不満があれば転職を考えたくなりますよね。

男性の口コミ
男性の口コミ
休日出勤が多すぎる

女性の口コミ
女性の口コミ
給料が少なくて、生活していくのが難しい

男性の口コミ
男性の口コミ
残業するのが当たり前になってきている

拘束時間が長かったり、給料が安いという悩みが多いようです。

特に新入社員は立場が弱いので、労働条件の改善を求めるのは難しいでしょう。

ですが、仕事に追われ続け、体調を崩してしまう方も少なくありません。

無理して仕事を続けるより、対策を考えることをおすすめします。

退職を考えた時の3つの対処法

退職 対処法

1.長期的な視点で考えてみる

何か悩みがあると、そればかり考えてしまう方も多いでしょう。
ですが、冷静に考えればどうってことないこともあります。

目先の悩みに囚われず、長期的な視点で退職するべきか考えてみましょう。

退職すると、

  • 収入源が途絶える
  • 職歴に残ってしまう
  • 保険料が高くなる

などのリスクを背負うことになります。

将来的に見れば安泰な職場なのに、よくよく考えずに退職を決断してしまうのは、もったいないですよね。

今あなたが抱えている悩みは、本当に退職に値するのか、改めて考えてみてくださいね。

2.第三者に相談する

「よく考えてみたけど、まだ退職するべきか迷ってる……」という方は、第三者に相談することをおすすめします。

新卒の方は社会人経験が浅いので、退職を決心しようにも判断材料が足りないケースも多いですよね。

外部の人に相談すると、客観的な意見を聞くことができるので、新しい解決方法を見つけることができるはずです。

ただ、相談相手が悪いと退職できない状況になってしまうことも……。

相談相手は慎重に選んでくださいね。

仕事を辞めたいけど誰に相談すれば!?絶対に第三者に相談するべき!

自分と直接的な繋がりがない人に、相談することが重要になります。

3.部署の異動を交渉する

第三者に相談しても解決しない場合は、部署の異動を上司にお願いしてみましょう。

部署異動をすれば、転職よりローリスクで、働く環境を変えることができます。

ですが、必ずしも申請したら異動できるわけではありません。
社員を一から育て直す教育コストがかかるので、会社にとってはデメリットなためです。

また、異動の申請すると上司から嫌われ、さらに職場に居づらくなるリスクがあります。

部署異動を成功させるためには、

  • 自分が異動できる可能性を探る(ex.過去の異動実績をチェックする)
  • ポジティブな動機を用意する(ex.スキルアップのため)

というように、備えておくことがポイントです。

解決しないなら退職代行を使おう

退職代行 利用

どうやっても悩みが解消できない方は、今の仕事を続けても悩み続ける可能性が高いです。

退職代行サービスを使って、サクッと退職してしまいましょう。

退職代行サービスには、

  • 上司と対面することなく退職できる
  • 電話・メール・LINEから簡単に申込み可能
  • 即日退職にも対応してくれる

というような利点があるので、新卒入社で退職が言い出しづらい人にもおすすめできます。

さらに、無料で相談できるので、退職代行の利用を考えている人は、ひとまず話を聞いてもらうのも一つの手段です。

退職代行を使っても転職には影響しない

退職代行 転職 影響「退職代行を使ったら、甘えてると思われる?」
「転職で不利になりそう……」
というように悩んでいる方もいるかと思います。

しかし、退職代行を利用したことで転職で不利になることは、基本的にはありません。

  • 退職代行から転職先に連絡することはない
  • 前職の会社から転職先に連絡することはない
  • 公的な利用履歴が残らない

というように、あなたが退職代行を利用したことを、転職先の人が知る機会というのは滅多にないのです。

ただし、同じ業界であったり、地方の企業であったり、前職と転職先が近い場合は、噂で知られてしまうケースもあります。

もし退職代行を利用したことがバレてしまった場合でも、きちんと退職理由が説明できればマイナス評価にはなりません。

第二新卒の転職を成功させるために知っておきたい3つのこと

第二新卒 転職

1.1年以内の転職はリスクが大きい

就職して1年も経たずに転職すると、転職に不利になることを覚えておきましょう。

理由としては、「またすぐに転職するのでは?」と思われてしまうため。

どの企業も求めるのは、長期で働いてくれる人材です。
短期離脱を繰り返す可能性のある人と、1社で長く努めた人だったら、後者を取ることが考えられます。

それでも、1年以内の転職で成功した人はいるので、不可能ではありません。

新卒で退職することのリスクを理解し、きちんと備えた状態で転職に望みましょう。

ですが、

  • 日に日に体調が悪くなっている
  • うつ病になってしまいそう

という方は、すぐにでも退職した方が将来的に考えて安全です。
まずは、自分の身心の健康を確保してくださいね。

2.退職理由はポジティブに考える

退職理由は、なるべくポジティブに変換して話すようにしましょう。

ネガティブな理由でも、転職の際にそのまま正直に話す必要はありません。

ネガティブな理由ばかり考えていると、

  • 企業から印象が悪いと思われてしまう
  • 自分も企業の嫌なとこばかり気にしてしまう

というようなデメリットに繋がります。

ネガティブな退職理由は、

ネガティブポジティブ
仕事がつまらなかった新しいことにチャレンジしたい
通勤時間が長かったもっと仕事に打ち込みたい
コニュニケーションを取れなかったチームで協力できる仕事がしたい

というように変換することができます。

面接で良い印象を与えるためにも、あなた自信のモチベーションを上げるためにも、ポジティブな退職理由を考えてみてくださいね。

3.意欲やポテンシャルが重視される

第二新卒の転職では、意欲やポテンシャルが重視されやすいです。

第二新卒だと、経験年数や実績では勝負が難しいので、将来性をアピールすることが転職を成功させる鍵となります。

  • 表面的な言葉だけではなく、熱意が伝わってくる人
  • 変化を恐れずに、新しいことを成し遂げられる人
  • 当社を選んだ理由をきちんと説明できる人

というような人材を求める企業も多いです。

将来性を見込んでもらうためにも「自分が転職先でやりたいことは何か」ということを、きちんと考えてみてくださいね。

やる気を具体的に語れるようにすることが大事です。

転職が不安なら転職支援つきの退職代行サービスがおすすめ

転職 支援 退職代行

退職代行サービスの中には、退職だけでなく転職サポートまで行ってくれる業者もあります。

例えば、退職代行サービス「SARABA」

SARABAは、人材紹介会社UZUZ(ウズウズ)と提携していて、希望すれば案内を受けることができます。

ウズウズには、

  • 第二新卒の転職に力を入れている
  • 入社1年後の定着率は驚異の94.7%
  • 社員が元既卒・第二新卒なので、親身に話を聞いてくれる

というような魅力があります。

SARABAに退職代行を申し込めば、もれなくウズウズの転職サポートを受けることもできるので、転職エージェントを探す手間も省けますね。

SARABAの詳細記事公式サイト

SARABA以外にも、転職支援を行っている退職代行サービスがあります。

[Q&A:退職代行は転職に影響する?]

さらに、転職への影響を更に詳しく解説しているので、転職への不安が残っている方には必見です。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。