【全30社】今すぐ退職できる退職代行ランキングはコチラ
職種別退職体験談

不動産業界を辞めたいあなたへ退職経験者の私が解決策をまとめてみた

弁護士が即日対応する退職代行、どこが良いのか悩む男性

不動産の仕事が辛すぎる。

ノルマに毎日終われ、社長には怒鳴られ、でも給料は上がらない。
朝が来るたび「ああ、辞めたい」と思っても、お金がないから辞められない…

こんな思いを抱えて、重たい足で会社へ向かっていませんか?

もしかしたら不動産業界はあなたに合っていないのかも知れません。実は私もその1人で先日、ついに不動産業の会社を退職しました。

私以外にも、精神的に耐えきれなくなって壊れてしまう人が多くいました。

そこで、この記事では、

  • お金がないので辞められない
  • 辞めたら再就職できるか不安
  • ブラック会社なので辞られない

こんな悩みに対して、実際に不動産業界を退職した私が解決策をお伝えします。

不動産業を辞めるか迷っているあなたへ!
自分が仕事とマッチしているか確認しよう

あなたもご存知の通り、不動産のお仕事は大きく分けて3つです。

  1. 販売営業
  2. 賃貸営業
  3. 物件管理

それぞれの職種で求められているスキルも向いている性格も全然違います。

私にわざわざ言われなくても「いや、そんなのわかってるよ」と思うかもしれません。しかし、この機会にもう一度、自分の性格と今の仕事がマッチしているか確認してみましょう。

1:販売営業はセールスの達人

販売営業に必要なスキルは以下です。

  • 法律や物件に対する深い知識
  • 超高度なセールス能力
  • お客様とのコミュニケーション能力
  • 連日残業や休日なしにも耐えうる体力

販売営業の分野では、体育会系マッチョセールスの達人以外にはほぼ生存不可能でしょう。

セールス力を鍛えたい、将来何かを売る人間になりたい、独立したいと思って食らいついて行けば世界は広がるかも知れませんが、それはイバラの道だと腹をくくりましょう。

その2:賃貸営業はスピード命

賃貸営業に必要なスキルは以下です。

  • 目的の物件に決めさせる能力
  • 相手が見込み客かを瞬時に見分ける
  • 多くの人間を同時に対応できる能力
  • 膨大な賃貸物件の場所と特徴を覚える
  • AD(広告料売上)が多い物件を契約できる

賃貸営業は、大量に問い合わせてくるお客様の中から一瞬で見込み客を選び出し、どの物件に決めさせるかの能力が必須。

なので、毎日が成約させてナンボなのでスピード感が必要です。

1件も決まらずに落ち込んでる暇なんてありません。賃貸営業は切り替えが早い人向きの職種ですね。

その3:物件管理はお金にシビア

物件管理に必要なスキルは以下です。

  • 事務能力
  • お金の管理能力
  • オーナーとの交渉
  • 締め日を死守できる
  • ルーチンワークが得意
  • 入居者のトラブル対応ができる

物件管理は営業ではないのでノルマもなく気楽ですが、なによりお金にキッチリしている事が重要です。

家賃を扱うので、お金にルーズな人は向いていません

また、入居者とのトラブル対応は面倒な仕事です。何事も丁寧に仕事を進めるスキルが求められます。

 

以上。3つ紹介しました。
あなたは自分の職種にマッチした人物像でしたか?

そうでない人のみ、続きを読み進めてください。あなたの「辞めたい!」という気持ちに応えるべく、詳細に解決策を提示しています。

今すぐ不動産業界をやめよう!
転職は決して珍しいことではない

おすすめの退職代行業者を紹介する男性

いきなり結論ですが「辞めたい!」と感じたならすぐに退職しましょう。以下その理由について紹介しています。

最終的にほぼ全員辞めるから他人の迷惑とか考えるな!

説明不要でしょうが、不動産業界は基本的にブラックです、

  • ノルマに追われて夜も眠れない
  • 常に人員不足なので仕事量が多すぎる
  • 身体を壊さないと辞められない人も多い
  • 休みが週1日あればマシ、月1日も休めない

こんな過酷な労働体系なので転職は当たり前です。

不動産業界で10年続けている人間は、超優秀か、洗脳されてるかのどっちかです。

周りの同僚も、どうやって先に辞めるかを考えていたりしますので、「周りに迷惑をかけるかも」という考えは基本的に不要です。

つまり、他の業界に比べて、不動産業界を辞めるのは結構かんたんです。サクッと辞めて次の会社で頑張りましょう。

失業保険を申請すればお金の問題で悩むこともない

「不動産業会が向いていないので辞めたいけど、お金がない…」と諦めていませんか?

大丈夫です。
仕事を辞めても失業保険がもらえるので、いきなり詰むことありません。

失業保険をもらえば、人によりますが月10~15万円ほどを3~4ヶ月間もらえます。

例えば、

  • 月収20万
  • 30歳~35歳
  • 1年以上~5年未満
  • 会社都合での退職

の人なら、総額で58万円(13万弱×4ヶ月)程ももらえます。

私も実際に転職する時にはお金が不安でしたが、失業保険がもらえるので思い切って辞めることが出来ました。

悩んでいると、お金よりも大事な健康を失ってしまう可能性もあります。そうなっては取り返しがつかないので、お金の不安で退職を引き延ばすのは辞めましょう。

心身の健康を損なってからでは手遅れ。早めの行動を

辞めたいのに辞められない状態が続くと、人の身体は悲鳴を上げます。それがうつ病です。

「自分はそこまでならないよ」と思っていませんか?

私もそう思っていました。しかし、うつ病で辞めた同僚の数は10人を超えました。

自分はうつ病にならないと思って頑張っている人ほど、ポキっと折れてしまうのです。

うつを発症すると完治までに2年~10年以上もかかります。

「お金がないから」と今の仕事を続けているうちに身体を壊してしまえば、その間のお金も稼げなくなるのです。

また、長期間の治療が必要になるので、治療費のお金も蓄えから飛んでいきます。

「今の給料がないと生きていけない」と思っていても、むしろスッパリ辞めてアルバイトした方が貯まる場合だってあります。

私の同僚は、うつを発症して休職しましたが、「頑張らないといけない」と復帰したものの、更に体調を崩してまた休職しています。

一度うつ病を発症するとなかなか抜け出せません。ブラック会社が辞められないと悩んでいるうちに、うつ病になる事だけは避けましょう。

3年いたらベテラン!
不動産業界で多い退職理由

不動産業業界は、感覚的には3年いたらベテランと言われるくらい移り変わりが激しい職場です。

知り合いの会社はブラックすぎて、1年で社員全員が入れ替わった会社もあります。
社長も2~3年で辞める前提で雇っているので、悪く言えば使い捨てのコマと一緒です。

不動産業界で働いている人が退職を考える理由は以下が多いです。

  • 雑務が多い
  • 社長が怖い
  • 休みが少ない
  • ノルマがきつい
  • 人間関係がドロドロ
  • 資格取得を強要される

 

また、社長や上司の性格で世界はまったく違います。
特にブラック企業の社長は、社員が精神的に逃げられなくなるまで追い詰めるのが得意なので、以下に1つでも当てはまる場合はすぐに逃げましょう。

  • 無理難題を言い罵倒する
  • 社是を大声で100回繰り返す
  • 社長が怒鳴ったり物が飛んでくる
  • 地べたに正座させて1時間説教をする
  • 過労で倒れても入院先から出社させる

 

また、以下の症状が出てきたら、あなたの心は壊れる寸前です。

  • 朝起きて涙が勝手に出てくる
  • 好きだった趣味に興味が持てない
  • 頭がぼやっとして何も手が付かない
  • 会社に行こうと思っても足が動かない
  • いきなり動機が激しくなって死ぬと感じる

お金はなんとかなりますが、心が壊れたら取り返しがつきません。
今すぐ辞める準備をしましょう。

実際に 不動産業界を辞めて、転職した人の声

退職代行業者を調査中

不動産会社 をスムーズに辞めるための3つの方法

1. 辞める権利は法律で約束されているので毅然とした態度を貫く

退職するのは正当な権利です。社長であっても止めることは出来ません。
また、通常は1ヶ月前に言えば良いですし、引き継ぎもその期間内に出来る限りで良いのです。

「引き継ぎが出来てないと周りに迷惑をかける」と心配しますが、辞めた後の業務を考えるのは社長の仕事です。

あなたは自分の人生にだけ責任を持てば良いのです。

2. 繁忙期が終わってから退職届を提出する

一番穏便なのは、1~3月の繁忙期以外に辞めることでしょう。特に5月を超えると閑散期なので辞めても迷惑がかかりにくいです。

周りの人の事を考えるなら、閑散期に退職することをおすすめします。

とはいっても自分の人生です。耐えられないと感じた時点で心と身体は危険信号を発しています。

特に「繁忙期が終わったら退職しよう」と思って働きすぎた結果、うつで入院する事もあります。

あまり周りの事を優先しすぎないようにしましょう。

3. 辞めづらいのであれば「退職代行サービス」を利用する

  • 辞めたいけど怖い
  • 社長に何と言われるか不安
  • 周りの人に迷惑をかけたくない
  • 手続きのために会社に行くのが辛い

こんな人は、退職代行サービスを使うのも一つの方法です。

これは退職に関しての一切のやり取りを、あなたの代わりに業者が行ってくれるシステムです。

退職代行サービスなら3~5万で退職手続きを行ってくれるので、周りにどう思われるかと考える事なく、自分の生きたい人生を歩むことができます。

退職代行サービスの会社は20社以上存在しますが、一番おすすめは業界で一番顧客満足度の高い退職代行「辞めるんです」です。

本当に辛い時は抱え込まずに、退職代行サービスの利用も検討しましょう。

辞めるんですで今すぐ退職

有給休暇を消化すれば無料で退職代行を利用できる

貯金がない人にとっては退職代行サービスの3~5万円は大金ですよね。

その場合は、有給休暇を消化することで退職代行の費用をまかなうことができます。

「え。うちの会社には有給休暇とかないからムリだよ」

と思われがちですが、有給休暇は法律で認められている正当な権利です。いくら会社が有給休暇はないと言っても法律違反なので、必ずもらえます

また、この勤続年数は試用期間から計算するので、試用期間の6ヶ月を過ぎたらら有給は自動的にもらえます。

しかも、退職代行はこの有給の申請も代わりに伝えてくれます。

個人的にはこれは凄く助かるサービスだと思います。だって急な退職でかつ「明日から有給で」って言えないじゃないですか(笑)

以下、不動産業界の平均年収から算出した有給の目安なので参考にしてください。

勤続年数付与日数もらえる金額(目安)
6か月10日10万円
1年6ヶ月11日11万円
2年6ヶ月12日12万円
3年6ヶ月14日14万円
4年6ヶ月16日16万円
5年6ヶ月18日18万円
6年6ヶ月以上20日20万円

トラブルなく不動産会社を辞めるためにもバックレはNG!

  • 何もお金を払って退職しなくても・・。
  • そのままバックレてしまえば辞められる・・・。

という気持ちになるかもしれませんが、バックレるのは絶対に辞めましょう

アルバイトの場合と違い、正社員である以上バックレてしまえば今後の就職活動にも傷が残ります。

「そんなの言わなければ分からないじゃん」と思いますよね。

しかし、ほぼ確実に次の就職先はバックレた事が分かります。何故かというと、バックレてしまうと社会保険の手続きが完了していない状態だからです

正社員で入社した場合、必ず前の会社の情報が分かるので、社会保険の手続きが終わってない=何かトラブルで辞めた、という事は知れ渡ります。

いくら履歴書をごまかしても、正式に退職しない人間を雇う会社はほぼありません

今後も正社員で働きたいのなら、きちんと退職する事が大事です。

また、今後も不動産業界で働きたい場合には更に問題です。

不動産業界は意外に狭い世界なので、社長同士はほぼ繋がっています。
なので、バックレると周りに広がるので、ほぼ確実に不動産業界での復帰は困難になります。

どちらにしても今後も正社員として働くつもりなら、きちんと退職しておきましょう。

退職代行サービスを使って辞めるまでの流れ

▼STEP1.退職代行サービスへご相談

依頼したい退職代行サービスの公式サイトから申し込みをします。
申し込み方法はそれぞれの業者によって異なりますが、「LINE」「電話」「メール」で受け付けているところが多いです。

相談する前にヒアリングシートの記入を求められるので、回答してください。

この際にはまだ確実に利用すると決まっていなくても大丈夫です。
不安な点や気になる点を相談し、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

▼STEP2.代行費用のお支払い

退職代行に依頼すると決まったら、実行する前に代行費用のお支払いを済ませます。

お支払い方法は、銀行振込・クレジット決済が主ですが、銀行振込にしか対応していない業者もあるので、当日の朝に実行してほしい場合はお気を付けください。

▼STEP3.実施日を決め、業者から会社へ連絡

「いつ退職の連絡をするのか?」の予定を決めます。

実施日が決まったら、退職の連絡は退職代行サービスの担当者にお任せして、あなたは退職届を郵送します。会社の人と連絡を取る必要はありません。

▼STEP4.無事、正式に退職!

担当者から、退職が承諾されたという連絡が来たら、ひとまず退職は完了です。

このあと、担当者の指示に従って退職に必要な書類の手続きを済ませてください。
手続きがすべて完了したら無事正式に退職です!

※有給休暇を利用した場合は、「実際に退職が承諾された日」「正式な退職日」が異なります。

退職する前に”絶対”登録すべき転職エージェント3選

ブラック君
ブラック君
よし…!!!早速、退職代行を使って今すぐ会社を辞めるぞ!!

退職の神様
退職の神様
待ってください!
見切り発車で退職しては危険です!!

退職代行を使えば今すぐ退職できるとはいえ、何の計画性もナシに退職するのはとても危険です。
会社を辞め、失業保険がおりたとしても、転職できなければ、生活することすら困難になりますね。

ブラック君
ブラック君
じゃあ今すぐこの会社を辞めるにはどうすればいいんだ…。
もう我慢できないよ…

退職の神様
退職の神様
安心してください。今すぐ転職エージェントに複数登録するなら、すぐにでも退職代行を使って平気ですよ!

もし、あなたが今すぐ退職代行を使いたいなら、必ず転職エージェントに登録しておきましょう!

ちなみに転職サイト「リクナビNEXT」のデータによると、転職成功者の転職エージェント平均利用数は4.2。対して、転職に失敗しがちな人の平均利用数は2.1
データから見てもわかる通り、あなたにあった求人に出会う確率を上げるなら複数登録するのが一番の近道ですね。

また、辞めるんですのように転職エージェントを使うことで退職代行が無料になるサービスもあります。

もし今すぐ退職代行を使いたいなら、最低でも以下の有名転職エージェントには全て登録しておきましょう!

退職の神様
退職の神様
登録しておくだけでも、退職する際の安心感が違いますね

退職代行と同時に必ず登録すべき転職エージェント3選

  1. 最大手転職エージェントマイナビエージェント
  2. 求人数ダントツ!土日も使えるリクルートエージェント
  3. 非公開求人多数掲載!doda

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

メディア掲載数No1!退職の話をスムーズに進めるなら「EXIT」
 

もっともメディアに掲載されている退職代行サービスがEXITです。

仕事熱心の上司も、テレビ番組しか見ないような怠け者上司でも、最も目にしている確率が高く、「あ、ついにうちにも掛かってきたか」と退職代行がスムーズに進む可能性が高いのが最大のメリット。

顧問弁護士を雇っているので、非弁行為やトラブルにならないようしっかりスタッフの教育もされています。

料金は正社員50,000円と少し高額にも感じます。しかし、転職サポートを利用し条件を満たせばキャッシュバックされ経済的負担も抑えられるので、安全性・経済的負担の双方を考慮し、当サイトで番オススメしている退職代行サービスです。

料金会社員 50,000円 アルバイト 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

EXITの詳細記事EXIT公式サイト

有給サポートで実質無料に!「辞めるんです」

辞めるんですは顧客満足度1位を獲得している退職代行サービスで、丁寧な対応に定評のある業者です。

更に料金も30,000円と比較的安いのですが、有給休暇で取得した給与で代行料金を支払う「有給サポート」で料金も実質無料に。

金銭的負担を抑えたい方にオススメの退職代行業者です。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

業界最安値なら「SARABA」

業界で最安値を誇る退職代行サービスSARABA。

依頼の受付は24時間いつでも対応しており、最速で即日退社も可能なことから緊急性の高い退職代行案件に強みを持っています。

残念ながら、弁護士のような法律の専門家はいないので、企業と対立した際の交渉はできません。

しかし、公的文書の作成が可能な行政書士の資格を持つスタッフが在籍しているので、取得可能な有給休暇日数の算出、および書類作成により丁寧かつ正確に退職の話を進めることができます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。