【無料】退職の神様LINE@ 有給と失業保険を受け取りやすくする資料配布中
退職に関する常識

HSPでも転職できる!向いてる3つのタイプの仕事と転職術を解説!

普段から何だか、

「些細なことで動揺してしまう」
「頼まれごとを断れない」
「自分を責めてしまう」

と悩んではいませんか?
そのせいで生き辛さを感じていたり…

もしかしたらHSPという気質のせいかもしれません。

HSPは、生まれつき刺激に敏感になってしまう人のことです。
現在、全人口の5人に1人がこの問題を抱えていると報告されています。

HSPを抱えていると、普段の日常生活だけでなく仕事にも支障が出ることも…。

今回はHSPの特性を踏まえた上で、仕事上どんなところでつまずくのか、どんな仕事が向いているのか詳しく紹介します。

ちなみに、有給消化で実質無料になるだけでなく、転職と引き継ぎのサポートまでしてくれる退職代行Jobs(ジョブズ)は業界でも屈指の退職代行です!

有給消化で実質無料

退職代行Jobsでストレスなく退職

【注意点必読】退職代行Jobs(ジョブズ)の全て!口コミ・評判・料金・サービス内容徹底解説

目次

HSPとは具体的にどんな人?

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略称です。
日本語では「とても敏感な人」という意味になります。
日本語訳だけではピンときませんよね…。

どのような人がHSPに該当するのかを提唱した人物がいます。
HSPの研究をし、『ささいなこともすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』の著書であるアーロン博士です。

以下は、アーロン博士の研究により考案された診断テストになります。
該当項目がないか確認しながら読んでください。

  1. 感覚に強い刺激を受けると容易に圧倒されてしまう
  2. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  3. 他人の気分に左右される痛みにとても敏感である
  4. 痛みにとても敏感である
  5. 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  6. カフェインに敏感に反応する
  7. 明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などにに圧倒されやすい
  8. 豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
  9. 騒音に悩まされやすい
  10. 美術や音楽に深く心動かされる
  11. 時々神経が擦り切れたように感じ、一人になりたくなる
  12. とても良心的である※1
  13. すぐにびっくりする(仰天する)
  14. 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
  15. 人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
  16. 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  17. ミスをしたり物を忘れたりしないよういつも気をつけている
  18. 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
  19. あまりにもたくさんのことが自分の周りで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
  20. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  21. 生活に変化があると混乱する
  22. デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
  23. 同時に自分の中でたくさんのことが進行すると気分が悪くなる
  24. 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  25. 大きな音や雑然とした状況など強い刺激に悩まされる
  26. 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  27. 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

The Highly Sensitive Person 〜エイレン・N・アーロン博士の公式サイトより引用〜

 

全27項目のうち、14項目以上が当てはまるとHSPであると可能性が高いといえます。

また、数が多ければ多いほどHSPの状態としては深刻です。

でも、例え14項目以下であっても各項目単体の症状がとても強ければ、HSPである可能性も大いに有り得ます。

HSPは、普段の生活では気付かれないように振る舞っているため、周りからは気づきづらいです。
その平気であるという立ち振舞が、生き辛さや強いストレスに変わります。

HSPは専門のカウンセラーも存在しているので、気になる方はカウンセリングを受けてみてください。

HSPの仕事で困る6つのポイント

HSPの人は仕事上で困る場面が健常者と比べて複数あります。
どのような場面で困るのかを6つのポイントに分けて紹介します。

ポイント1 仕事は丁寧だが、スピードは遅い

HSPは、仕事は丁寧だが、スピードは遅い傾向にあります。
丁寧ならば問題ないのではないかと思うかもしれません…。

ですが、納期やノルマのある仕事でのスピードの遅さは致命的です。

仕事が遅い人は「のろまな人」と思われるだけでなく「仕事ができない人」と周りからも思われてしまうでしょう。

また、上司に怒られるだけでなく、同僚からの信頼も無くしてしまいます。

期限に間に合わないことが頻繁にあると、仕事を任せられない存在になってしまうのです。

ポイント2 人の感情に左右されやすく、疲れやすい

HSPは、刺激に敏感に反応してしまうために、人の感情に左右されやすく、疲れやすいという特徴を持っています。

常に周りに気を遣ってしまうが故に、トヘトになりやすく仕事がしんどくなってしまいます。
仕事がしんどくなれば、仕事へのモチベーションも下がってしまうでしょう。

また、普通の人が気にしないような他人の発言も、HSPは深く考えてしまいます。

HSPは、刺激に敏感なアンテナを無意識のうちに張り巡らせてしまっているのです。
そのアンテナは、他人が怒られていることも、自分のことのように捉えてしまいます。

そのためHSPは、メンタル面と体力面に大きな影響を及ぼすのです。

周りからはそんなに仕事してないのに、なんであんなに疲れているのだろうと思われるでしょう。
私生活で不摂生をしているからでは?と疑われることにも…。

最悪の場合は、疲弊している姿を見られて、低評価を受けてしまうことに繋がりかねませんね。

ポイント3 仕事のミスに過剰に反応し、自己否定が強くなる

仕事でミスをしたら、凹むことってよくありますよね。
普通の人ならば凹んでいたとしても、基本的にいつのまにか気持ちが切り替えられているものではないでしょうか。

でもHSPは、普通の人よりも過剰にミスに反応してしまい、気持ちが切り替えられないのです。

そのため、仕事の効率が悪い状態に陥ってしまいます。

最悪の場合、「自分の能力が低いからだ」「自分は何をやってもダメだ」と責任を強く感じてしまうことに…。

結果、自己否定が始まり、仕事に恐怖心を覚えてしまうんです。

怯えながら仕事をしていても、会社の戦力としてカウントされないことになりかねません。

会社の戦力としてカウントされないと、更に自己否定が強まり、負のスパイラルから抜け出せなくなります。

ポイント4 マルチタスクが苦手で複数の仕事を頼まれると混乱する

HSPは、複数のタスクを管理するのが得意ではありません。
特に、やらなければならない業務とそうでない業務の優先順位を決めるのが苦手です。

そのため、複数の仕事を同時に頼まれると混乱してしまいます。

もし、HSPという自覚があり、マルチタスクが苦手であるのなら周りの人に配慮してもらい、業務を分散してもらう必要があるのです。

HSPは、自分一人で業務をこなそうとせず、周りの人にうまく頼りながら仕事をしていく姿勢が大切ですね。

ポイント5 人事異動や転職などの環境の変化が苦手

HSPは、人事異動や転職などの環境の変化が得意ではありません。
自分を取り巻く環境が変わってしまった時に、強いストレスを感じてしまいます。

環境の変化は、何も自分の異動や転職だけではありません。
周りの人たちの異動や転職によっても変わってきます。

人間関係が大きく変わってしまうことは、HSPにとって大きな懸念事項となってしまうのです。

でも、何年も同じ環境でできない仕事や業務が大多数…。

なるべく、環境の変わらない仕事、職場探しが必要になります。

ポイント6 何気ない会話が苦手で職場に居場所を感じられなくなる

HSPは、何気ない世間話や雑談が苦手です。

なぜなら、話す内容を必死に考えて疲れてしまうからです。
話の内容に一喜一憂してしまい、苦手意識を持ってしまいます。

話すことが辛いのなら、話さなければいいと意図的に人を避け、周りから距離を置いてしまうのです。

そのせいか「付き合い悪い人」「暗い人」「協調性のない人」と周りから見られてしまいがち…。

孤独でいるうちに、周りの人との人間関係もうまく築けず、職場に居場所を感じられなくなってしまうでしょう。

ストレスが多いのは、HSPに向いていない仕事に就いているからかもしれない

普段、仕事をしているときに必要以上に強いストレスを感じていませんか?

もし、自分がHSPであるという自覚があるのなら、それは自分の特性に合っていない仕事に就いている可能性があります。

以下ではHSPに合っていない仕事の特徴について紹介します。自分が向いていない仕事に就いていないか確認するのに参考にしてみてください。

HSPに向いていない仕事の4つの特徴

1.感情的なやりとりがおこなわれること

HSPは、人の感情に大きく作用される特性があります。そのため、

  • 接客業
  • 教師や講師

など人の感情も気になり、自分の感情をコントロールするのが難しいHSPには向いていないです。

常に周りに気を遣いすぎて仕事どころではなくなってしまいます。

2.強い刺激があること

HSPは、強い刺激に過剰に反応していまいます。
刺激というのは、強い匂いや大きい音を発するものです。

強い刺激を発する仕事の例として、

  • 飲食業
  • 工場職

などがあります。

これらの仕事は、絶えず音や匂いとともにしなければなりません。

刺激が少なく、自分が落ち着いて仕事に臨める職種を探してみましょう。

3.競争やノルマがあること

HSPは、やノルマのある業務は向いていません。

競争やノルマのある仕事に関していえば、

  • 販売職
  • クライアントワーク

などがあります。

特に、厳格な会社で業務を行うと競争やノルマを守ることを強く求められます。

ノルマや期限がきっちりしている仕事に就いていると、成果を出そうとするプレッシャーから強いストレスを感じてしまうのです。

4.人事異動や転勤などの環境の変化が多いこと

HSPは、人事異動や転勤などで環境の変化が多いことが苦手です。そのため、人事異動や転勤が多いと言われる職業は向いていません。

例えば

  • 銀行員
  • 商社・メーカー

などの仕事は特に転勤の多い仕事とされています。

自分だけでなく、周りの人間も転勤をする可能性があります。
周りの人間も変われば、環境も変わってしまうのです。

環境の変化への対応能力が不足しているHSPには、これらの職業は向いていません。

HSPの人に向いている仕事に転職するのもストレスを減らす1つの方法

ここまでHSPが仕事に困るポイントを紹介しました。

自分に向いていない仕事に就いていると、いくら努力をしても仕事ができない人とレッテルを貼られてしまいます。

そのうち、「自分はなんてダメなやつなんだ」「すべて自分が悪いのではないか」などネガティブな感情を抱いて自己否定をし、強いストレスを感じてしまうかも…。

強いストレスがかかり続けると、心身ともに負担がかかり病気にもかかりやすくなってしまいますね。

このような自体を防ぐためにも、HSPの特性に合った仕事に就いたり転職することをオススメします。

以下ではHSPに向いている仕事の内容について紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

HSPの人に向いている仕事の2つの例

1. プログラマーやデザイナーなどのクリエイティブな仕事

プログラマーやデザイナーなどのクリエイティブな仕事がHSPには向いています。

もちろん、プログラマーやデザイナーはそれなりの専門スキルを求められます。

ですが、多くの業務を単独で行う職業のため、周りと連携することやコミュニケーションを取ることが苦手なHSPには向いているでしょう。

さらに、HSPは感受性が豊かなため芸術センスに恵まれているのです。

最近では、プログラマーやデザイナーを育成するためのスクールやオンライン講座も充実していますね。

興味のある人は働きながら、プログラミングやデザインなどのクリエイティブスキルを学んでみてはいかがでしょうか。

2. ライターや編集者などの専門性の強い「シングルタスク」の仕事

マルチタスクの苦手なHSPには、仕事内容のはっきりしている職業が向いています。

仕事内容がはっきりしていることで、一つのことにじっくり取り組むことができるんです。

また、HSPの特性の一つに、ルーチン化した仕事には驚くべきほどの成果を上げることができるのです。

シングルタスクで、決まった場所で同じような内容の仕事に就くことができれば、間違いなく素晴らしい実績を残すことができますね。

HSPが転職を成功させるために必要な3つのこと

HSPで転職を考えている人は次の転職を成功させるために、ぜひ以下の3つのことを参考にしてみてください。

1. 向いている業種かしっかり検討すること

HSPの特性を考慮して、自分に合った業種かどうかしっかりと検討しましょう。

向いていない職業に就いた場合、またすぐに離職することになりかねません。

HSPが苦手とする業務があるかどうかも確認する必要があります。

求人を見るときは、業種だけでなくその業務内容までしっかりと確認するようにしましょう。
たとえ興味のある分野の業種でも、業務内容が合っていなければ仕事が苦痛に感じていしまいます。

転職を何回も繰り返さないためにもHSPの特性と向き合うことが大切ですね。

2. HSPを受け入れてくれる場所へ転職することも検討すること

HSPであっても、HSPを一つの個性と捉え、積極的に受け入れている企業も存在します。

HSPを受け入れてくれている企業に採用されれば、周りにも理解・配慮してもらいながら働くことができるのです。

HSPの特徴を理解してもらっていれば、HSPの特徴に合った業務を任せてもらえます。

HSPは、繊細で丁寧です。
HSPであるからこそできる業務も存在しています。

まずは、HSPであることを引け目に感じずに受け入れることが大事です。

HSPを欠点と思わずに、個性として受け入れることで精神的に楽になりますよ。

3. 履歴書の用意や企業研究など複数のことを同時並行しないこと

転職活動には、多くの工程が必要です。
求人検索に始まり、履歴書の作成、企業研究など複数の工程を同時にこなしていくことが求められます。

マルチタスクの苦手なHSPにとって、転職活動に関わる工程を同時進行で行うことは難しいですね。

転職活動をするのであれば、急に活動し始めるのではなく、前もって行うようにしましょう。

焦って転職活動をしてしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高くなります。

とはいえ、「やっぱりどうしても今すぐにでも転職したい!」という人もいるでしょう。

そんなときには便利な転職支援サービスを利用することがオススメです。

HSPこそ転職エージェントを活用して転職を成功させよう

転職活動では、企業研究や求人検索に面接対策、複数のことを同時進行で進めることが要求されます。

しかし、マルチタスクを苦手とするHSPにとって、一人で転職活動をするのは至難の業。

そんなときには、就職エージェントの力を借りて転職活動をすることがおすすめです。

転職エージェントでは、転職のプロが以下のサービスを無料で提供してくれます。

  • 自分に合っている職業についてカウンセリングしてくれる
  • 希望する業務や職種を探してくれる
  • 職務経歴書、履歴書の添削
  • 面接対策面接日の日程、日時調整
  • 志望する企業へのプッシュ

このように転職に必要な工程を請け負ってくれるので、自分一人で転職活動するより圧倒的にスムーズに内定を獲得することができます。

ぜひ、この機会に転職エージェントを活用して自分にあった職業へ転職しましょう。

おすすめ転職エージェント3選

おすすめの転職エージェントを3つに絞ってご紹介します。

転職エージェントによって紹介している求人に違いがあるので複数登録することがおすすめですね。

登録自体は3分もかからないので迷ったら3社とも登録してみましょう。

トップクラスの求人数「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は名前を聞いたことがある人が多いはず。
第二新卒の転職サポートも積極的に行っており、20代に最も信頼されている転職エージェントです。

何より魅力的なのが、業界でもトップクラスの求人数
15,000社以上の企業と取引していて、様々な職種から選ぶことができます。

さらに、マイナビエージェントの80%は非公開求人なんです。
大手企業の求人や幹部候補クラスの求人など、マイナビエージェントでしか知りえない情報が満載です。

また、対応が熱心で丁寧だと評価されていて、転職に必要な全ての過程を手厚くサポートしてくれます。
マイナビエージェント 流れなんと、アフターフォローまでバッチリなんです。

「前職で消耗してしまって、新しい職場への不安が大きい…」という人でも、転職後に相談をすることができるので安心して利用できます。

  • 求人数が業界トップクラス
  • 求人情報の80%が非公開
  • 丁寧な対応

マイナビエージェントの登録はコチラ

正社員就職をサポート「就職Shop」

就職Shop「就職Shop」は、リクルートが運営している転職エージェントです。

未経験でも正社員として働く意思のある若者を積極的に応援しています。

なにより魅力的なのが、書類選考なしで正社員求人の面接にまでいくことができる点。

事前に模擬面接や少人数セミナーを行ってくれるので、面接までに必要な知識や技術を培ってくれます。

また、紹介する企業は全て取材済みで、求職者が快く働ける企業しか紹介されません。
前職がブラック企業で消耗してしまったという人も安心して転職に望めますね。

就職Shopを利用するには、まず個別面談を行います。
私服でOKというくらい緩いので、気楽にキャリア相談をすることが可能です。

転職に対してネガティブな気持ちを抱いている人に、特におすすめな転職エージェントです。

  • 書類選考なしで正社員募集の面接にいける
  • 紹介する会社は全て取材済みなので安心
  • 駅近にあるため面談を受けやすい

就職Shopでホワイト企業に転職

楽しく就活できる「ウズウズカレッジ」

他社とは違い、共同体に属して就職活動ができる転職エージェント。

辛いことが多い就職活動ですが、「ウズウズカレッジ」ではサークルのような雰囲気の中で進めることができるんです。

しかも、入社1年後の定着率は驚異の94.7%。
利用者1人1人に平均20時間をかけ、きちんと求職者に合った企業を選んでくれます。

また、「ウズウズカレッジ」は20代で退職という挫折を味わっているスタッフが多いんです。
利用者と同じ目線に立ってサポートをしてくれるので、他社と比べて本音を打ち明けやすいというメリットがあります。

さらに、退職支援サービス「リスタート」も運営しているので、退職と転職で連携したサポートを受けることが可能です。

  • 楽しく就職活動を進められる
  • 就職後の定着率が94.7%
  • 退職支援サービス「リスタート」と連携している

ウズウズカレッジで内定獲得

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

 

1位 取得率97%の有給サポートが無料!「辞めるんです」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
辞めるんですの特徴

  • 3万円で顧問弁護士の指導を含めた退職代行の依頼が可能
  • 有給サポートが手厚い!
  • お客様満足度で1位を獲得してる安心感

当サイトでは退職代行選びに迷ったら、辞めるんですをおすすめしています。

辞めるんですには有給サポートが付いており、有給サポートを利用した有給取得率は97%と、非常に高い確率で有給を取得できる実績があります。有給を取得すれば、退職代行費用を実質無料で受けられるようなものなので、費用がネックで決断できない人にとっても嬉しいですね。

また、辞めるんですはリサーチ会社による調査で、顧客満足度1位を獲得しているのも魅力の1つ。みんなが満足して利用できているということは安心してお任せできる証拠でもあります。

料金通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
受付時間24時間対応
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

辞めるんですの詳細記事公式サイト

2位 創業14年の老舗!業界No.1の「ニコイチ」

※2019年5月30日更新

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
ニコイチの特徴

  • 心理カウンセラー在籍で悩み相談しやすい
  • 退職代行業6年で培った知識とノウハウがある
  • 4,000件の豊富な実績だから安心

ニコイチは、業界で一番初めに退職代行をスタートさせているため、他の業者には負けない豊富な退職実績があります。6年前から今まで4,000人の退職を代行してきていますが、一度も失敗はありません。これまでに培った退職の知識やノウハウで退職のプロがあなたの退職を手助けしてくれます。

また、心理カウンセラーも在籍しているため、退職に関する悩みを聞いてほしい方におすすめです。

料金29,800円28,000円
受付時間7:00~20:00
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

ニコイチの詳細記事公式サイト

3位 業界の中でも圧倒的な安さ!「SARABA」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
SARABAの特徴

  • 24時間対応で即日の退職にも対応!
  • 行政書士が担当してくれるので安心
  • いつでも業界最安値の一律29,800円

次の仕事もまだ見つかってないし、なるべく費用をかけずにお願いしたいという方にはSARABAがおすすめです!
他の業者はキャンペーン価格で3万円になる事はありますが、SARABAではいつでも一律29,800円で受け付けており、その他一切オプション料金もかかりません。

ただ料金が安いからと言ってサービスの質が良くないわけではなく、行政書士が対応してくれるので安心してお任せできます。

料金29,800円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。