退職に関する常識

【辞めたい】飲食店がブラック企業になる7つの理由と解決策【人手不足でもう限界】

「せっかく就職した飲食店がブラック企業だった…」
「人手不足で休日なし。もう限界…」
「精神的にも肉体的にも疲れてしまって、もうお店の前に立てない…」
「こんなブラック飲食店、今すぐにでも辞めたい…」

あなたもこんなお悩みを抱えてはいませんか?

実はこれ、私が昔働いていた飲食店でのお話なのです。ほとんどの飲食店では、1人の正社員に対して10人以上のアルバイトを充てがうので、様々な負担が正社員の方にのしかかってくるんですよね。

アルバイトの子たちの面倒を見るのも大変だし、もしアルバイトの人員が減ってしまうようなことがあれば、それはそれで自分自身の業務量が増えてしまうというジレンマを正社員は抱えています。。

シフトで定められた時間内に仕事がしっかり終わることなんてほとんど無く、残業代なんか出ないのに、必死で仕事をこなしていたことを思い出します…。

 

このブラックな飲食業界特有の悩み、解決したいと思いませんか?

 

そんなブラック企業の代表格ともいえる飲食店について、

  1. 飲食店がブラック企業になってしまう理由とは?
  2. ホワイトな飲食店ってどうやって探せば良い?
  3. 飲食店がブラック過ぎてもう辞めたい。どうしたら良い?

このような疑問に答える形で本記事では解説していきます。ブラックな飲食店に勤めていて悩んでいるあなたにとって、最善の解決策を提示していきます。

ちなみに、実質無料退職できて、転職と引き継ぎのサポートまでしてくれる退職代行Jobs(ジョブズ)は業界でも屈指の退職代行です!

実質無料

退職代行Jobsでストレスなく退職

【注意点必読】退職代行Jobs(ジョブズ)の全て!口コミ・評判・料金・サービス内容徹底解説

飲食店がブラック企業になってしまうケースが多発

ブラック企業のように働かなければならない飲食店が、近年増えてきています。

「基本給が激安」
「労働時間が長い」
「みなし残業が多い」

この三重苦が常態化しているのが、今の飲食店業界なのです。
飲食店のブラック企業化が顕著なのは、一度でも飲食店で働いたことがある方なら誰でもわかると思います。

 

あなたも同じ悩みを抱えていませんか?

 

残念ながら、あなたの職場がブラックリスト企業の特徴を抱えているなら、それらが今後改善していくことはまず無いと考えて良いです。というのも、あなたの勤務先企業が生き残っていくために自ら取った選択肢が、「徹底してブラック企業になる」ことなのですから。

そう、もしこの悩みを解決したいのであれば、一度今のブラック企業飲食店を退職して、転職するしか無いのです。

とはいえ、「なぜブラック企業飲食店が今後ホワイトになる見込みが薄い」のかを知っておかないと、転職の際に同じ過ちを踏んでしまい、ブラック企業飲食店に再就職してしまうかも。

そうならないためにも、ブラック企業がブラック企業たる理由を理解し、今後の転職活動に役立ててください。

飲食店がブラック企業になってしまう7つの理由を徹底解説

飲食店がブラックな働き方を強いてくるのには、もちろん理由があります。
経営状況のきついブラック企業飲食店が売上をあげお店を続けていくには、以下の負担を労働者に押し付けないといけないのです。

理由1. 慢性的な人手不足

飲食店では慢性的に人手不足になりがちです。
というのも、あなたと同様に「こんなブラック飲食店なんて今すぐ辞めたい」と感じる人が多く、実際に退職してしまうからです。

例えば、人手不足になったお店に新しい正社員やアルバイトを補充したとしても、その環境が既にキツイせいで、研修期間を終える前に退職してしまうことも多々あります。

上記の例からもわかる通り、一度人手不足に陥ってしまった飲食店は、その流れから抜け出すことは難しいのです。

理由2. 正社員にかかる負担が多すぎる

飲食店の多くは、少数の正社員と多数のアルバイトで構成されています。レジ締めや発注管理、研修・教育など、正社員でないとできない仕事も多いため、正社員に多大な負担がかかってしまいます。

正社員としてのやるべきことが溜まっているのに、アルバイトの子の質問に答えたり手助けしたりしていたら、いつの間にか何時間も経っていたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

正社員の人数を飲食店が増やせばこの問題は解決できますが、正社員を増やすのは企業としてリスクが大きいです。その理由から、正社員の人数が大幅に増えることはほとんどないと考えて良いでしょう。

理由3. みなし残業が多すぎる

ブラック飲食店で働いていると仕事が終わらないことが多く、残業をしなければならなくなります。しかもほとんどの場合、その残業代はつきません。つまりみなし残業をする必要があるのです。

飲食店の場合、正社員がそもそも少ないため、勤怠管理はかなりルーズになっています。飲食店の経営方針で、「定時にタイムカードを切るように」と言われたらそうするしかありません。

当然、タイムカードを切っても仕事が残っていたら、残業しなければなりません。

「給料出ないのになんで働いているんだろう…」

こういった悩みはストレスの種になります。

理由4. 労働量の割に給料が圧倒的に低い

飲食店の多くは、お店の前に出る「立ち仕事」がメインです。それ以外にも、商品の搬入作業などもする必要があり、肉体労働を強いられるタフな仕事になりがち。

誰にでもできる肉体労働だと給与は低くなる傾向なので、飲食店の正社員も労働時間・労働量の割に薄給であることが多いです。

たくさん働いているのにお給料が少ないと、不満が溜まってしまいますよね。飲食店をブラックだと感じる大きな理由のひとつになります。

理由5. 過剰な売上ノルマを請求される

どんな飲食店でも売上ノルマを設定されているのですが、正直なところそのノルマはコントロールしにくいのが現状です。

というのも、飲食店の売上は立地や時期に大きく左右されるため、自ら制御できる部分は少ないのです。

それにも関わらず、飲食店の売上をアップしたいがために、そのお店の店長や本部からは、厳しめのノルマが設定されることもしばしば。やれることがほとんどないのに言われる文句ほど、辛いものはありません。

理由6. そもそも休日が少ない

飲食店はそもそも、取れる休日が少ない傾向にあります。
というのも、飲食店が儲かるのは土日や祝日など、一般的なサラリーマンや学生が休む時なので、必然的に休める日程は短くなってしまいます。

例えば、元旦や祭日などに通常より営業時間を長くしている飲食店は多く存在しますし、24時間営業をいまだに続けているのも飲食店業界です。

確かに土日や夜間でも営業している飲食店がないと、一定数の人が困ってしまうため、飲食業界の人の休みが少なくなってしまうのは、なかなか解決が難しい問題かもしれません。

理由7. 長時間労働が常態化している

上記の「飲食店がブラック企業になってしまう理由1~6」で紹介した通り、飲食店には長時間働かざるを得ない仕組みが出来上がってしまっています。

長時間労働することが普通だ

こんな文化が飲食店の中に根付いているのであれば、それはもうブラック企業以外の何者でもありません。

こういったブラック企業飲食店にあなたが今在籍しているのであれば、今すぐ退職・転職の準備を始めることをオススメします。

ホワイトな飲食店の探し方

ブラックな飲食店が増え続けているものの、いまだにホワイトな飲食店も存在しています。
もし今のブラックな飲食店を退職して、別の飲食店に再就職をしようと考えている場合は、以下の基準を参考に再就職先の飲食店を探すと良いです。

「従業員大募集」している飲食店には応募しない

「従業員大募集」

この言葉の裏に込められた意図はご存知ですか?
それは「今現在従業員が足りてない、人手不足」です。

先程の「飲食店がブラック企業になってしまう理由1」で紹介した通り、人手不足の現場に勤めるメリットは皆無です。こういった人手不足が伺える飲食店はブラック企業な確率も高いので、できれば避けるのが安心です。

明確な昇給基準が書いてある飲食店に応募する

採用ページに明確な昇給基準が書いてあるかどうかも確認したいところ。

「安く正社員を雇用したい」
「残業代を与えずに残業してもらいたい」

こういう意図を持っている企業の場合、昇給基準や給与関係の決め事が曖昧に設定されていることが多いです。

次の就職先に応募する際には、募集要項をしっかりと吟味することをオススメします。

福利厚生が整っている飲食店に応募する

飲食店に関わらず、福利厚生の充実度合いは要チェック。
給料には反映されませんが、家賃補助などの福利厚生が充実していれば、ホワイト企業である確率も高くなります。

給料が低くとも福利厚生が充実していたら、十分な暮らしをできることも往往にしてあるので、必ず確認したいチェック項目です。

ブラック企業飲食店の正社員だけどもう辞めたい。そんな時は退職代行でサクッと退職!

「こんなブラック飲食店、今すぐにでも辞めてやる…!」
「でも退職したいなんて、どう考えても店長に言えるわけない…」

たしかに、退職するという決断には大きな勇気が必要です。
しかし、一度大きな決断をし退職さえしてしまえば、あなたには無限の可能性が広がっています。

ブラック飲食店に運悪く勤めてしまい、塞ぎ込んでしまったあなたでも、今の環境さえ抜け出せば、素晴らしい未来が広がっているはず。

「退職したい」と伝える勇気なんて無くても大丈夫。最近ではあなたの代わりに退職の意思を伝えてくれる、「退職代行サービス」も誕生しました。実際に数多くの人が退職代行を利用し、無事退職し、人生をプラスの方向に舵取りしています。

退職代行サービスの多くは無料相談を実施しています。何度でも相談だけなら無料でできるので、少しでも退職を考えているあなたは、一度退職の相談をしてみてはいかがでしょうか。

退職後におすすめのサービス!

会社を辞めても生き残れるスキルを身につけたいなら必見!
転職に強いのプログラミングスクール
「TechBoostであなたも未経験からエンジニアに!
参考記事「【転職最強】TechBoost(テックブースト)の評判をメンターに聞いてみた!|Tech Career

おすすめ退職代行ランキングベスト3

退職代行おすすめランキング

多くの方は退職代行サービスでの退職が可能だと思われますが、一度失敗したことがある、どうしても会社と交渉してほしいことがあるといった場合には弁護士事務所への相談を推奨します。

弁護士事務所のランキングに関しては、日本最大の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」からこれまでの実績、料金から編集部が独自に作成しました。

退職代行ランキング第1位 「退職代行Jobs」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
退職代行Jobs(ジョブズ)の特徴

  • 弁護士から指導を受けた適正業務を、今なら3万円以下で依頼できる
  • 【業界初】カウンセラーによるメンタルサポートを実施
  • 全額返金保証付きで安心して退職代行を依頼できる
料金通常49,800円 期間限定キャンペーン 29,800円
受付時間24時間365日対応
相談方法LINE・メール・電話
支払い方法銀行振込・クレジットカード

今だけ限定キャンペーン価格で激安退職!

退職代行Jobsでストレスなく退職

【緊急】今すぐ退職したいあなたにおすすめの退職代行ランキング

退職代行ランキング第2位 辞めるんです

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
辞めるんですの特徴

  • 有給消化サポート
  • 即日退社可能
  • 業界初の後払いOK

退職代行「辞めるんです」は、退職成功率100%と業界内でも高水準の退職実績を持っています。「今すぐ会社を辞めたいけど言い出しにくい」、「顔を合わせずに辞めたい」などの悩みに寄り添い、専門スタッフが丁寧に対応・解決に導いてくれます。これまでに培った退職の知識やノウハウで退職のプロである退職代行辞めるんですがあなたの退職を手助けしてくれます。

料金50,000円27,000円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード/後払いOK

辞めるんですの詳細記事公式サイト

退職代行ランキング第3位 「SARABA」

料金
実績
対応
信頼性
総合評価
SARABAの特徴

  • 24時間対応で即日の退職にも対応!
  • 行政書士が担当してくれるので安心
  • いつでも業界最安値の一律27,000円

次の仕事もまだ見つかってないし、なるべく費用をかけずにお願いしたいという方にはSARABAがおすすめです!
他の業者はキャンペーン価格で3万円になる事はありますが、SARABAではいつでも一律27,000円で受け付けており、その他一切オプション料金もかかりません。

ただ料金が安いからと言ってサービスの質が良くないわけではなく、行政書士が対応してくれるので安心してお任せできます。

料金27,000円
受付時間24時間
相談方法電話 メール LINE
支払い方法銀行振込/クレジットカード

SARABAの詳細記事公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。